« 2017年10月 | Main | 2017年12月 »

2017年11月 ARCHIVES

2017年11月01日

ロンドンからユーロスターに乗って ペリへ。

今年2月の回想ですが、
もう年末ですし、そろそろ怒涛のラストスパートで終わらせます。
最後の移動はパリです。

ロンドンからはパリへはユーロスターを使って移動しました。
セントパンクラス駅からパリの北駅まで、片道45ポンドで2時間半。
乗る前のセキュリティチェックが空港並みでちょっとちょっとビックリ。早めに行っといて良かったぁ。

列車でドーバー海峡を渡るのを楽しみにしていたんですが、
二人ともすぐに熟睡してしまって、気がついたらパリでした。(笑

パリは好きです。

毎回パリ経由しても良いくらいに何かある。
スパイスなどを買うにも種類が豊富で、ロンドンでも買えるけどパリに来てみるとやっぱり安い。
日常の簡単な食事の中に香りや艶があったり、素朴さの中にも程よい力強さとセンスを感じる。
美術を見るにも企画が豊富で発見があって飽きさせない。

これは良くないのかもしれないけど、
街は美しいのに人がそれを汚して生きている。
掃除する人がいるけど、また人が汚しながら生きている。
初めて来た時には、街じゅう落書きと吸殻と犬の糞だらけでこんなに汚い都市は初めてだと思った。

東京の渋谷や新宿って下水の臭いがする印象があるけど、
パリは下水の臭いに香水を振りかけてる印象がある。

路上で寝てる人も多いけど、おしゃれな人も多い。
無愛想な男性も多いけど、愛想の良い女性も多い。

セーヌの近くに来れば昔のままで手をつけられないから、高い建物も少ない。
社会の影も、街の汚れも、人間らしさとして受け止めながら、すっきりとした風景が目に映る。

街の色がくすんでいるのも心地いい。
なんで水がこんな色なんだろう、って思いながら、嫌いじゃないってまた思う。

20171208001.jpg

20171208002.jpg

20171208003.jpg

2017年11月02日

パリにある Golden Pat という店

20171207002.jpg

こちらの店は70過ぎの おばあちゃん何人かで切り盛りしているお店だそうで、レストランというよりもビストロなのかな。
うちの奥様から何年か前に行きたいとリクエストされていたんだけど、なかなか伺えなかったお店。

僕らも順調にいけば歳取るわけですから、店が潰れなければ70歳だってすぎるでしょ。
その時、どんな風に働いたらいいのかイメージトレーニングに来てみたいという動機。

店に入ってみると芯の強そうなおばあちゃんと、カウンターの中におじさんが1人。
キッチンには別のあばあちゃんがいるみたい。

客層は若くて、おばあちゃんが孫と接するように接客してました。
僕の拙いフランス語で話しかけようかと思ったけど、それより先に、イングリッシュが来るから問題ない、と、おじさんが呼ばれました。

20171207001.jpg

ランチメニューがあって11ユーロ。
牛肉のタルタルと鶏のコンフィをいただきました。

かなり力が抜けてる感じだけど、タルタルはボリューミーね。

参考になったようなならないような、だけど(笑
歳を取っても働けてるというのは素晴らしいよ。

20171207003.jpg

ランプシェード替わりにぶら下がってる下着は......おばあちゃんのですかね。
........この雰囲気を出すには、まだまだ時間が掛かりそうだ。

2017年11月03日

サンシュルピス教会で、ドラクロワの天使とヤコブの戦いを見ながら。

201712081001.jpg

美術館の開館時間まで時間があったので、足を伸ばしてサンシュルピス教会でドラクロワの「天使とヤコブの戦い」を見ることにしました。

全く、見たい時に自由に見られるなんて、なんて素晴らしいんだ。

そういえば、この教会は何年か前に来た時に、夜に無料コンサート(本当は寄付制だったんだけど...)があるというので、寒いなか外をぶらぶらしながら時間を潰してベートヴェンのピアノソナタを聞き、翌日に高熱を出したんだった。

あのとき修復中だった鐘楼もきれいになって、また見られたことがとても嬉しい。

201712081002.jpg

201712081003.jpg

201712081004.jpg

このブログに、8年前にここに来た時のことを書いたページがありました。
もし、よろしかったら。

サン・シュルピス教会でのピアノコンサート 20090228
http://karakara.pepper.jp/blog/2009/02/post_251.html

2017年11月12日

那須ショートフィルムフェスティバル2017開幕! そして11/16(木)は上映会場でボジョレーヌーヴォを楽しもう!などなど。

20171111001.JPG

今年も那須の国際短編映画祭 那須ショートフィルムフェスティバルが開幕しました!

今回もボランティアスタッフとして参加させていただいております。

初日11日は、オープンニングに今回のポスターのモチーフになっているお面を被った那須の白面金毛九尾狐太鼓(九尾太鼓)の演奏がありました。

実は生九尾見るのはじめてです!(お祭りの時はいつも仕事なので...)

手前右では清水秀苑先生の書道パフォーマンスです!
ずっと見ていたかったけど......寝坊して担当しているカフェブースのメニュー書きが終わってなかったので、チラッと見ただけで会場の外に出てメニューを書き書き......(涙

20171111002.JPG

戻ったら集合写真のタイミングでした。終わっちゃったのかぃ!

20171111003.JPG

昨年作ったモバイルカラカラを会場に設置しました。
本当は他にも何か描いて付け足そうと思ったんだけど、間に合いませんでした。。

今年は期間中の木曜日にボジョレーヌーヴォ解禁です。
ちょうど僕が会場に夜お酒を作りに行く日なので、上映会場納品でヌーヴォを注文しちゃいました。
と、いうことで、11月16日(木)は上映会場でヌーヴォーを飲みましょう
ハッピーボージョレ〜♪
この夜限定のおつまみも用意されるそうですよ。
上映作品はショートではなく長編でライアンゴスリング主演の「ラースと、その彼女」、開場は18時、上映は19時スタートです。
そして、この日は上映後も営業時間延長してOPEN!
上映後はなんと入場無料!
飲みだけのご利用もOKだそうです!

映画祭期間中のこのカフェ&バーの収益は全て映画祭の運営のために使われます。
皆様のご来場をお待ちしております。

20171111004.JPG

今回、木曜日のバーロイヤル以外でも映画のタイトルのカクテルをご用意してあります!

しかもドライバーも飲めちゃうノンアルコールです!

レシピは僕が作りましたが、いろんなスタッフの方が作ってくださいます。
ちょっと面倒くさそうなメニューもあるから嫌がられちゃうかも。笑
作る人によって味や見た感じが違うと思います。
それでいいんじゃないかな、と思ってます。


告知のつもりだったけど、いつも通り話が逸れます……

カクテルって料理等しくオープンソースだと思うんです。
人によって隠し味はあるかもしれないけど「ジントニック」は多くの人がその基本的なレシピを知っている。
その上で、こっちの方が好きだ、とか、こうしたほうが美味しい、とみんなでそのメニューを鍛えていくんだ。

僕が作った今回の映画ノンアルカクテルレシピは、会場で用意できる材料で誰にでも作れそうな映画のカクテルを作れないかな、って考えて、
それから、いろんな人が飲めるようにノンアルコールで作れないかとも考えて、
それで出来たレシピをいろんなスタッフの方に作ってもらえるなら嬉しいことです。
......これ美味くないなぁ、って言われたら凹むけどね。笑

そんなことを続けているうちに、
奇跡的に美味しいレシピを作れたとしたら素晴らしいよね。
料理は作者がいない場合が多いけど、なかには中国の「麻婆豆腐」や、スウェーデンの「ヤンソンさんの誘惑」なんかもあって、それには特許なんてものじゃなく作り手の名前が称される。
それは多くの人が作るけど、皆それぞれに味が違う。
カクテルで言えば、僕は1940年代にアメリカのバーテンダー、ジャックモーガンが考えたモスコミュールをアレンジして作ってる。
でもこれは決して自分のオリジナルカクテルだ、なんてことは言えない。
アレンジはするけどオリジナルはジャックモーガンで、僕らは現代に合ったモスコミュールを作り、好んで飲んでいる。
もちろん、そんなレベルのものは作れないけど、注ぐだけのジュースを提供しているより可能性はあるよね。

いやぁ、逸れた逸れた。

20171111005.JPG

映画祭ですので映画を楽しんでいただくのが一番なんですが、気が向いたら会場内でも喉を潤してくださいませ。

会期は11月19日(日)まで。


あ、さっき電話で「映画祭の期間中はカラカラさんお休みですか?」って問い合わせいただきましたが.........やってますよ。貧乏暇なし、昼はボランティア、夜は労働です。(笑

しかも15日(水)と18日(土)はカラカラで夜の営業時間中に過去のアワード受賞作品の無料上映もありますよ!と告知アゲイン。
昨日、ハンドメイドキャンドルのあかりろうそく展もスタートしました!
ぜひ併せてお楽しみ下さい(^ ^

2017年11月13日

リュクサンブール美術館 Musée du Luxembourgでのファンタン ラトゥール展

201712082001.jpg

何度も行きたいと思いながら、行けなかった美術館でした。

リュクサンブール美術館は企画展のみの美術館で、僕らのパリ行きの日程がオフシーズンということもあるのか なかなかタイミングが合わなかったんです。

今年の2月はファンタン・ラトゥールの回顧展でした。
ラトゥールといえば、美術好きにはジョルジュ ド ラ トゥールが頭に浮かぶ人の方が多いと思います。
ファンタンは ちょっと地味な作家でもあり、またこの時代の流行(印象派)に乗らなかったためにあまり名前を聞かない作家かもしれません。
そのファンタンを再考しようというこの企画、この美術館はいつも魅力的な企画展をしている美術館だと思います。

彼の作風は写実主義やロマン主義、象徴主義といった雰囲気ですが、どこに属することもなく、独自の道を進んだようです。有名なのは静物画と友人たちのグループの肖像画でしょうか。

この展覧会では、その先に一歩進み、ファンタンの持っていた大量な裸婦写真とそれを元に描かれた絵画を並列で展示。また晩年の、音楽(クラシック)からイマジネーションを広げた神話的世界を描いた絵画まで展示して、彼の全体像を見せてくれました。

またパリに来られるタイミングで企画展があればぜひチケットを取りたい美術館です。
いつも人気だそうで入場制限があり、オンラインチケットは入場時間を決めて購入します。場合によって売れ切れもあるそうなので、早めのチケット購入がおすすめです。

201712082002.jpg

201712082003.jpg

201712082004.jpg

201712082005.jpg

201712082006.jpg

201712098001.jpg

201712082007.jpg

201712082008.jpg

2017年11月14日

ラスパイユのビオマルシェで仕入れとヴァンショーと。

20171209001.jpg

パリでの日曜日はビオマルシェの日。
幾つかあるビオマルシェの中でも一番大きいのがラスパイユ通りのマルシェなのかな。

普通の買い物なら、ちょっと前にできたラファイエットのグルメ館の品揃えは最強だけど、ここでしか売ってないビオな食材もあるから、やっぱり覗きたくなっちゃう。

この日はなぜかイタリア食材屋さんであれこれ買って、カカオやドライフルーツのお店でも仕入れ。

20171209002.jpg

ヴァンショーを購入。
2.5ユーロ。

やっぱり寒い冬には温まるホットワインですよ。

何のワインを使っているのか聞いたらカオールですって。
そういえば、以前に違うマルシェで聞いた時もカオールでした。

20171209003.jpg

2017年11月15日

オペラガルニエでのコンサートとエルミタージュ幻想

20171210001.jpg

パリのオペラ座、オペラガルニエは有料で内部見学ができるけど、折角だからオペラやバレエなどのチケットを取って併せて見学した方がお得だと思います。

オペラやバレエは人気だからオンラインでもチケット取るのが大変.......でもコンサートならリーズナブルだし取りやすいです。
演奏が終わってからの内部見学は出来ないので、早めに行って館内を見学した方がいいかも。
金色に輝く豪華な空間は初めてでなくての口が開いちゃう。笑

安い席を取ったので随分上の方ですが、個室なので落ち着いて聞くことができました。
バスティーユのようなコンサートホールじゃないから、音をきちんと聞くというよりは雰囲気を味わう感じでしょうか。
これで15ユーロは安いと思う。幸せな日曜日の午後でした。

シャガールの天井画、馬蹄型のオペラハウスの雰囲気、このワーグナー以前の来場者が来場者を見るために作られているこの馬蹄形の劇場は人が埋まった時にこそ高揚感が高まります。
iphoneで開演前の動画も撮っていたので、そちらも。

この日、演奏者に日本人の方がいらっしゃいました。

CONCERT CORDES ET VENTS

Richard Strauss
Till Eulenspiegel einmal anders !
Ludwig van Beethoven
Septuor en mi bémol majeur, op. 20

Clarinet/ Jérôme Verhaeghe
Horn/ Misha Cliquennois
Bassoon/ Ludovic Tissus
Violin/ Karine Ato
Viola/ Jonathan Nazet
Cello/ Yoori Lee
Double bass/ Amandine Dehant

20171210002.jpg

20171210003.jpg

20171210004.jpg

20171210005.jpg

20171210007.jpg


20171210008.jpg

演奏が終わり、促されるように出口へ。

昨年の那須ショートフィルムフェスティバルでのイベント上映作品の中に、長編映画の「エルミタージュ幻想」がありました。

会場でスタッフとして見たのですが、
90分1カットのため冗長に感じる部分もありましたが そのラスト、まさに劇場の観客が出口に向かって流れでるシーンが印象的でした。
それはオペラガルニエに限らず、いろんな劇場の終演後に見る眺め。
映画の中では、玄関の先には海があり、霧が立ち上っている、というラストシーン。
観客は大きな川のように流れ、海に流れ、そして霧となってまた空に昇ってゆくのでしょう。
海という再生のメタファーも重なり、これまで見た幻想の世界はまた繰り返されることをイメージさせてくれる心地よいラストでした。

エルミタージュ幻想のラストを見ながら、
いろんな劇場で終演後に感じる、現実に引き戻されながらも またここでは繰り返される夢の世界、を感じていました。

ふと、思い出しのでメモ。

faccebook.jpeg karakarafactory

About 2017年11月

2017年11月にブログ「KARAKARA-FACTORY」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年10月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34