« 2018年05月 | Main | 2018年07月 »

2018年06月 ARCHIVES

2018年06月09日

マドリードで借りたアパート。

201804089001.jpg

今回マドリードで借りたアパートがこちら。

Duque de Alba apartments
http://www.apartamentos-duquedealba.com

平日と週末で料金がかなり違うけど、ホテル予約サイトを使ってクーポンもあったので1日平均7500円くらい。
1週間お世話になりました。

ホテルよりも楽なのはルームクリーニングがないことかな。
毎日スーツケース鍵して、とか面倒くさいから。
お願いすればホテルみたいにクリーニングしてくれるみたいだけど一度も頼まず。

チェックインの時に、基本的な説明と、ゴミを出す日と場所とかを確認して、チェックアウトは部屋に鍵を置いてオートロック。とても楽でした。

メトロの駅からも近く、駅のそばにはスーパーもありました。

以前にバルセロナで借りたアパートや、パリのアパートホテルもそうだったけど、部屋の家具や備品がほとんどIKEA。
すごいね、IKEA。


201804089002.jpg

建物の最上階だったので天井が視覚的に面白かったです。

201804089003.jpg

リニューアル仕立て感のあるキッチンでした。
IHがハイパワー。

201804089004.jpg

トースターも毎朝使いました。
トレドに行くときはランチを用意したり、マドリーではあまり外食せずに軽く飲みに行くくらいでした。
ビールの消費量も上品でしょ。

201804089005.jpg

洗った食器の水切りが収納なので、いつも扉が開けてる状態です。笑

201804089006.jpg

外で軽く飲んでから帰ってくるのでワインの消費量も上品だわ。

201804089007.jpg

1週間ありがとう。

201804089008.jpg

エレベーターがあったので使うことはなかったけど、趣のある階段でした。

2018年06月10日

マドリードからビルバオへ長距離バスで移動。

201805252011.jpg

旅メモもマドリードからビルバオへ。
2月の旅ですが.....今月いっぱいには書き終わりそうな気がする。。

この移動には長距離バスを使いました!理由は安いから。笑
マドリードの長距離バス乗り場はAvenida de America Stationというところから出ます。
アパートのある駅から地下鉄で移動しました。
スーツケースを持っているのでちょっと不安でしたが、乗り換え駅では全てエレベーターがあって、スーツケースを持っているだけで地元の人が「あっちにリフトがあるよ」と教えてくれました。
やさしいな!

バスは最安を選んでALSA社のバスにしました。
ネット予約して手数料なども含めると合計で34ユーロでした。
これがノーマルクラス。
移動時間はだいたい4時間半です。

問題はトイレですよ。
これは最安のバスで、車内にはトイレなし。
途中で1度だけドライブインに寄ります。笑

これよりも1ランク上のバスはプレミアムクラスです。
トイレはもちろん、各シートにモニターもあって運が良ければWifiも使えるそうです。
これがだいたい60ユーロだそうです。
さぁ、あなたならどっち!

僕はノーマルに乗ってみたかったので、うちの奥さまの了解を得てノーマルを選択。
特に問題はありませんでしたが、やっぱりトイレに行きたい人は多かったみたいです。
すっごい寂れたドライブインに寄ったんですが、みんな小走りでした。笑
トイレに行くにはスナック菓子やホットドックなどを売っている店内を通らなくちゃいけなくて、みんな何かしら買ってました。


201805252012.jpg

バスターミナルのベンチがいい感じ。

201805252013.jpg

マドリードからバスクへの山越え。
寒波の影響で雪でした。
トイレに行きたい人にはきつかっただろうな。

201805252014.jpg

前夜のニュースでは雪で立ち往生しているシーンがテレビのニュースで流れていたので、みんな心なしか緊張しているような静けさでした。

201805252017.jpg

ビルバオに着いてみればいい天気でした。
はじめてのバスク地方。ちょっとお散歩。

201805252016.jpg

オフシーズン特価だったみたいで、2人で1泊6900円にしてはとってもキレイなホテルでした。
ビルバオいいとこだなぁ。

Hotel Sercotel Coliseoホテル セルコテル コリセオ
https://www.sercotelhoteles.com/hoteles/espana/Bilbao/coliseo/

2018年06月11日

ビルバオの街を散策

20180525101.jpg

はじめてのバスクの2月は、晴れたり雨降ったりが目まぐるしく、晴れてる時はいつも街がキラキラしていました。
.......傘は手放せませんね。
日本から折りたたみ傘を持ってき忘れたので、ビルバオのエルコルテアングレで買いました。

ビルバオの街はあちこち工事中で、これからますます新しい施設ができそうな勢いを感じました。街は綺麗だし、危険もなさそうだし、食べものも美味しい。
同じスペインバスクのサンセバスチャンに比べれば観光地としては地味だけど、いい街でした。

20180525102.jpg

20180525103.jpg

20180525104.jpg

20180525105.jpg

2018年06月12日

先月の絆和さんでの即席バーカウンターの材料で、収納付き駄菓子カウンターを作りました!

20180709000.jpg

先月、宇都宮のギャラリー絆和さんでの米倉万美展バーロイヤルで作った1日だけのバーカウンターですが、その材料を再利用してカラカラの駄菓子売り場をアップグレード、収納つき駄菓子カウンターを作りました!

......はじめからその構想はあったのですが。(笑

2018070900.jpg

これまではワインの空き木箱にお菓子を詰めて並べていたんですが、なんだかゴチャゴチャして来たので少しスッキリさせようかと。

もう駄菓子とは呼ばれない........めざせ!小洒落たキャンディショップ計画!

という事でいつも通りメモ。


20180709002.jpg

置いてあったお菓子を移動させてました。
ここに作りまーす。

のんきに鼻ほじってるマーヤも移動だよ。


20180709003.jpg

今回の天板は安価な杉板を使います。
予算の都合と.....お菓子置いたらあんまり見えないからね。
とりあえず床に置いてみました。

見えます?床のすき間。(笑

この本棚は作った時に意図的に斜めに置いたのでした。。アダとなったね!


20180709004.jpg

マーヤのいた段もディスプレイ台にするのでお引越し。
手前のディスプレイカウンターよりも一段高くして棚板をつけました。


20180709005.jpg

無塗装の棚板と、ブラウンに塗った手前の板との隙間を覆う板を切り出します!
......だーいたいのフリーハンドで。(笑


20180709006.jpg

板を縦方向に長く切るので、ワーキングテーブル出して来ました!
使うの久しぶり〜。

切り終わって合わせてみると.........なんとなく想像はしていたけどぴったりじゃないので切り直し.........


20180709007.jpg

2回目もうまく合わなかったのでまた切り直し.........

ってしている間に集中力が切れて、板を抑えてた左親指も切りました!

........怪我したときったテンション下がるよねぇ〜。
やっちゃったなぁ〜という後悔タイム。


20180709009.jpg

でもこの日は定休日だったので、もう作業はやめて左手のリハビリスタートです!
翌日は仕事なのでリハビリ頑張ります!


20180709008.jpg

翌日、ちょっとの恐怖心を乗り越え役物完成!


20180709010.jpg

お菓子を並べました!

現代の駄菓子屋といえば、やっぱり駅のキオスクKIOSKですよ。
キオスクに追いつくには電子マネーのセンサーも前面に出して、これでnanacoもSuicaも楽天EdyもiPhoneでもお支払いもラクラクです!

ここのお菓子は持ち帰りはもちろん、店内でそのまま販売価格で食べられます。
お・と・く♡


20180709001.jpg

ここの照明はLEDだからちょっと明るいです。
絆和さんでも使った照明で、見た感じは白熱球と一緒。
那須のホワイトノートWHITE NOTEさんで購入しました!


20180709011.jpg

天板の下に一段棚を作って、今まで使っていたワインの木箱を使った収納にしました。
だいたいお菓子の在庫が入ってます。


20180709012.jpg

その下は段ボールも入る ざっくりとした収納スペースにしました。

2018年06月20日

バスクのバル巡り・ビルバオ/ El Globo

20180525304.jpg

バスクに来てはじめて入ったバル、 ホテルからわりと近かったEl Globo。
ビルバオのバルはサンセバスチャンの旧市街ほどひしめき合ってはいないけど、魅力的なバルが幾つもありました。

この時はまだ時間が早かったのでカウンターにタパスがあまり並んでなかったけど、あるものの中から注文しました。

営業時間中ずっと何かしらある、というのがすごいのと同時に、鮮度的に当たり外れもありそうだな。笑

20180525301.jpg

手前のミートボールフライみたいなのは、中が黒オリーブみたいな色をしていて独特な香りが.......なんとブラッドソーセージのフライでした。
奥はカニマヨ焼き。
タパスって基本的にマヨ系が多かったりしますね。

20180525302.jpg

タルタルにカタクチイワシの酢漬けとキャビアのせ。

20180525303.jpg

みんな美味しかったな〜。
でも、マヨが苦手なうちの奥さまにはちょっとイマイチかも。
もっといろいろ並んでる時間に来るといいんだろうね。

20180525305.jpg

とても気軽に入れるカジュアルなバルでした。

El Globo
http://barelglobo.es

2018年06月23日

バスクのバル巡り・ビルバオ / Sorginzulo

20180525404.jpg

美術館メインでバルはあまり下調べせずに行ったビルバオ。
僕らはビルバオの鉄道駅エスタシオンデアヴァンドEstación Abando Indalecio Prietoの近くにホテルを取ったので、駅からビルバオ美術館やグッゲンハイム美術館に向かった方角のバルの方が行きやすかったのですが、駅の反対側、ビルバオ川を渡ったところにサンチャゴ大聖堂を中心とした旧市街があるのを現地で知りました。

川を渡った旧市街入口のところに新広場PlazaNuevaがあって、そこにバルが何軒か集まっていました。
ちょっと検索するとどこも口コミ評価が高かったので、そこをいくつか回ってみることに。
まずは、Gure Tokiというバルを目指したのですが残念ながらクローズ。
隣りのSorginzuloというバルに入ってみました。
小さなスペースですが、やっぱりバスクは全体的にレベルが高い。

カウンターでドリンクと並ぶピンチョスから選んで注文すると、温めてから一皿ずつ出してくれました。
このテーブルは立ち飲みの高さの食べに付いた半円テーブルです。
なんか、写真映えする!

20180525401.jpg

マドリーで食べて驚いたソウルフルなトルティーリャとは違うスタイルで、温めてからトッピングしたあっさりとしたツナソースの一手間に工夫があるんだなぁ。

20180525402.jpg

カレーのようなスパイスがほんのり香る魚介のクレープ。上品。

20180525403.jpg

空いてる時間で並ぶピンチョスの量は少なかったけど、どれも美味しかったです。

20180525405.jpg

カジュアルでスポーツバー的な店内。
スタンダードに出されるワインも、マドリードのバルよりもバスクの方が価格が同じで底辺が高い感じ。何軒か回っても安心して注文できました。

20180525406.jpg

Sorginzulo
https://www.sorginzulo.com

2018年06月24日

バスクのバル巡り・ビルバオ / Café Bar Bilbao

20180525604.jpg

ビルバオ旧市街の新広場PlazaNuevaにあるバルCafé Bar Bilbao。
同じ広場内にあるSorginzuloや他のバルに比べると洒落てない海のオヤジっぽいバルでした。
床には使用済みの丸められた紙ナプキンが落ちてます。
バスクじゃそれが流儀の店が幾つもあって、ゴミだらけ(?)の床は人気の証らしいよ。笑

20180525602.jpg

赤ワインを頼んだことを後悔しそうなピンチョスを選んでしまった。

20180525601.jpg

一番上には真っ赤な魚卵、その下にカニカマのマヨ和えみたいなの、その下がワイルドルッコラ、その下にヨーグルト、一番下にストロベリージャムでした。
味は....正直 分からない。。
これはなんだ、なんなんだ、と思いながらジャムと一緒になった甘いものをスプーンで食べている感じ。笑

20180525603.jpg

左がチャングロとあったのでカニのマヨ和え焼き、バケットとの間にはワイルドルッコラが挟んでありました。
右はバカラオと書いてあったのでタラのマヨ和え焼き、ハーブの香り。
カウンターに並んでるのを温めてから出してくれました。
どちらもけっこうマヨでした。
バスクってマヨ好きね。

20180525605.jpg

やるなぁ、ビルバオ!

Café Bar Bilbao
http://bilbao-cafebar.com

2018年06月25日

バスクのバル巡り・ビルバオ / Víctor Montes jatetxea

20180525701.jpg

綺麗で落ち着いた雰囲気のレストランVíctor Montes jatetxeaのカウンター。

ちょうどアイドルタイムでどんよりしていたのでワインだけ飲んでトイレを借りました。
トイレに行きたい時はバルだよね。笑
※ここは落ち着いて食事できそうなレストランでした。。

ここはトイレが2階にあってレストランだったから普通に、トイレある?って聞いて入ったけど、フラットで小さい店では、ドアがロックされてることがありました。
注文しないでトイレだけ使おうとする人もいるんだろうね。
そういえば、マドリードとバスクではイタリアやフランスみたいなトイレの時お金払うことなかったなぁ。

Víctor Montes jatetxea
http://www.victormontes.com/history-of-the-restaurant-victor-montes/

2018年06月27日

バスクのバル巡り・ビルバオ / La Viña del Ensanche

20180525901.jpg

ここは旧市街ではなくビルバオの鉄道駅からも比較的近い場所にあるLa Viña del Ensancheというバル。
ビルバオで行ったバルの中でもう一度行くとしたらここに行きたいです。
美味しいレストランのようなフードをバルのように出してくれるお店でした。

カウンター上にタパスが並んでいたのですがシンプルな生ハムサンドが多かったので何を選ぼうか迷っていたら、店のお兄さんがピンチョ?と聞いてくれました。
メニューが多言語になっているタブレットを見せてくれてめちゃくちゃオーダーしやすかったです。
ただ、ここは生ハムがおすすめみたいで、カウンター上にずらっと吊るされたハモンが見事です。

20180525902.jpg

調子に乗ってあれこれオーダーしちゃいました。笑
これはタコのガリシア風みたいだけどアスパラのような豆のニュアンスのグリーンのソースと柔らかいポテトが一緒になっていて、パプリカパウダーとの相性も良いおつまみでした。

頼んだフードが多かったので、カウンターからテーブルに移動してじっくり飲むことにしました。

20180525903.jpg

フォアグラときのこのソテーがポタージュのようにトロッとしたバターの香るマッシュポテトの上に乗って、卵黄のソース、甘いペドロヒメネスのソースみたいなものが掛けられていました。
これはやばい。
おつまみの数だけグラスワインを飲みました。

バスクではずっとクリアンサを飲みました。
スーパーでも2本に一本はクリアンサ。笑
レゼルバやグランレゼルバに比べたら熟成の短いリーズナブルなワインでしたが、24ヶ月以上の熟成で、そのうちオーク樽で6ヶ月以上の熟成、生産者にもよりますが程よく樽香を感じるワインでした。

20180525904.jpg

テールの煮込み。
コクのあるワインソースでした。
なんだかフルコースみたい。

20180525905.jpg

牛肉とアスパラガスのロースト。

20180525906.jpg

全体的にバターを多用した重めのソースで、パンがすすみます。笑
大満足。

20180525907.jpg

店の外(路上)にはテラス席もあります。
この向かいにはビルバオについて最初に行ったバルEl Globoがあります。

La Viña del Ensanche
http://www.lavinadelensanche.com/es/ ※音声あり

faccebook.jpeg karakarafactory

About 2018年06月

2018年06月にブログ「KARAKARA-FACTORY」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2018年05月です。

次のアーカイブは2018年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34