« 2020年12月 | Main

2021年01月 ARCHIVES

2021年01月06日

今年もよろしくお願いします。

202101063001.jpeg

あけましておめでとうございます。
 
今年は6日に初詣。
元旦にゆっくりできるし、神社は空いてるし、お札も普通にゲットできるし、いいね。

清めの柄杓と、賽銭箱の上のガラガラと縄、あと樽酒が消えてたくらい。

おみくじは吉(よし!と読む)。
 
 

more...... "今年もよろしくお願いします。" »

2021年01月07日

Shiny Mini Dater S-300UK/ シャイニー日付スタンプ

202012241001.jpeg
 
2020年は地域でいろんなクーポンが発行され、事業者として尽く対応していたらこんなスタンプも欲しくなったのだ。
 
 
使用されたクーポンは、換金時に屋号だけ記入すれば良いものもあれば、使用日も記入しなければならないものもある。
額が大きくなると何十枚も屋号と日付けを記入しなければならない。
屋号は以前に遊びで作ったゴム印があったので、それを利用。
日付け用に今回購入したのがこれなのだ。


シャイニー製の日付スタンプ。
Shiny Mini Dater S-300UK
インクパットに接して収納された印字面が180度回転して捺印されるスタンプ台不要タイプ。
印字の幅が4mm×21mmとコンパクトなのが可愛らしいです。

UKというのは月がイギリスの英語表記されるタイプ。
そう、パスポートにガチャン!とされるタイプなのだ。
 
 
西暦がバラになっていればほぼ永久に使えるのだけれど、残念ながらそうではない。
これは2020年スタートで2031年までの11年分。西暦部分だけ安価で売っていれば、とも思うけど、ま、1000円だからいいんじゃなーい。
 
 

more...... "Shiny Mini Dater S-300UK/ シャイニー日付スタンプ" »

2021年01月08日

Last Leaf / Danish String Quartet

202101051001.png 

この冬、雪が降った日に見つけたアルバム。
昨年からApple Musicを使いはじめ、聞き放題だから漁ってるとたまに自分の知らなかった好みのタイプに出会うことがある。ちょっと楽しい♪

那須の冬の寒さと雪が似合うデンマークの弦楽四重奏なのだ。
美しく、切なくて、懐かしさもあって、スピード感とかケルトっぽさもある。
窓の外の林の雪景色が一層切なく美しく見えてくる。

仕事場でもたまに流すと、少し静かになる。
この時期、良いことです。
 
"Last Leaf " Danish String Quartet / amazon
amazonにはレコードもありますね。
プライム会員ならストリーミング無料みたい。
 

Danish String Quartet / Official Website
https://danishquartet.com

Danish Quartet / Wikipedia
https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Danish_Quartet&oldid=991745707

more...... "Last Leaf / Danish String Quartet " »

2021年01月09日

エンプレス ジン EMPRESS 1908

20201112001.jpeg

年が明けると棚卸しなのです。

コロナの影響で家飲み推奨の昨今ですから、
棚卸ししながら気が向いたらお酒のメモもしていきましょう。
 

この何年かクラフトジン流行でしたが、その中でもこれはちょっと異色です。
インディゴブルーのジンというだけでも変わってますけど、酸に反応してブルーがピンクに変化するジンです。

飲み方としては普通にロックやジントニックがポピュラーですが、
レモンやライム、トニックウォーターを最初から入れちゃうと、提供時には全体がピンクになっちゃうので、飲みながら混ぜて色の変化を見るのが楽しいかと。


例えば、
レモネードを甘めというか濃いめに作って、エンプレスジンを上から静かに注いでフロートさせてイエローとブルーの2層にします。(層は比重の違いで作るのでシロップなど入れた液体の方が重くなります)
飲む人が自分でステアすれば、全体がピンク色のピンクのジン&レモネードになります♪

絵具だったら、イエローとブルーを混ぜればグリーンになるのにねー!
というカクテル遊びはいかがでしょうか。

 
エンプレス1908はカナダのジンです。
カナダの「ヴィクトリア蒸溜所」とヴィクトリア州の老舗ホテル「ザ・フェアモント・エンプレス」が共同で開発したジンです。この色はバタフライピーから抽出された天然成分で無着色、その他のボタニカルも全て天然素材が使われているそうです。
アフタヌーンティが人気なリゾートホテルだけあって、イギリスの紅茶の楽しみ方を応用させたお洒落なジンですね。
 
 

more...... "エンプレス ジン EMPRESS 1908" »

2021年01月10日

コロネル・E・H・テイラー スモールバッチ TAYLOR SMALL BATCH

20201112005.jpeg

コロネル・エドムンド・ヘインズ・テイラー・ジュニアという人の名前が付けられたバーボンです。

アメリカ南北戦争当時の軍の大佐(コロネル)であり「バーボン・ウイスキー業界の父」とも呼ばれ、1897年に制定された米国連邦法であるボトルド・イン・ボンド法(Bottled in Bond Act)に大きく貢献された人だそうです。
ボンデッドについては、以前こちらに書きました。

ネット上の情報によれば、1800年代半ばに現在のバッファロートレース蒸留所の前身である会社を購入してから、蒸留技術や倉庫での樽の管理方法など、日々研究を重ね、蒸留所の繁栄の礎を築いたバーボンの世界では伝説の人物、だそうです。

このバーボン、メープルシロップのような甘さを持ち、100プルーフとは思えない柔らかさです。ストレートで冷やさずにそのままの甘みと香りが楽しむのがおすすめですが、まずはいつもの飲み方でその違いをお楽しみいただきたい。
ちょっとお高めですが、バーボン好きの方へのプレゼントや手土産には外さない1本だと思います。
 
 

more...... "コロネル・E・H・テイラー スモールバッチ TAYLOR SMALL BATCH" »

2021年01月11日

HiKOKI チェーンソー 350 CS33EDTP

20210110001.jpeg

15年使ったECHOの小さいチェンソーのエンジンが掛からなくなり、ホームセンターに行って聞いてみれば修理に出すと新品を買うのと同じくらい費用が掛かるという。
ちょっとパワー不足も感じていたし.....(大した作業しないくせに)......昨年の秋にちょっとアップグレードさせたのでした。


やっと手に馴染んできたこのチェンソーは、HiKOKIと書いてハイコーキと呼ぶらしい日立工機のチェンソーなのだ。
ヒコーキじゃないんだー。

周りでは圧倒的にハスクバーナユーザーが多いのですが、、これ軽そうだったので。
いろんなチェンソーを使ったことがないので比較はできないけど、メモ。

 

more...... "HiKOKI チェーンソー 350 CS33EDTP " »

2021年01月13日

Piano Night (Jazz at Berlin Philharmonic Ⅻ) / Leszek Mozder, Liro Rantala & Michael Wollny

202101052001.png

Apple Musicで見つけて最近よく聴いているアルバムをメモ。

三人のピアニスト(Leszek Mozder, Liro Rantala, Michael Wollny)によるベルリンフィルでのジャズライブアルバム。Jazz at Berlin Philharmonicと題されたシリーズの12回目のようだ。

他の回も漁ってみて、Apple Musicにあったのだけ聴いてみたけど、このアルバムが一番好みでした。
三人のピアニスが1台のピアノを弾くジャケット写真も熱くて(暑くて?)いいね。

1.Candide Overture
2.Freedom
3.White Moon
4.She Said She Was A Painter
5.Africa
6.Summertime
7.Fiesta

1曲目のバーンスタインのオペラのキャンディードの序曲から嵌る。
いつも少し音を大きめにして聞く。全体的にやはりピアノの音が心地良くって、曲によりタイプの異なる三人の演奏が楽しめる。ジャズ定番サマータイムのアレンジも楽しい。
ラストのFiestaの終演後、客席からの拍手と歓声。
しばらく行けないオペラやクラシックコンサートでのあの満席の客席で、静寂を破る拍手の中から腹から大声で「ブラボー」と叫ぶ男たちやヨーロッパの熱気を思い出すと少し胸が詰まる。
 
 
amazonにはレコード、CD、MP3、ストリーミングがあるらしい。
Jazz at Berlin Philharmonic VII: Piano Nights


more...... "Piano Night (Jazz at Berlin Philharmonic Ⅻ) / Leszek Mozder, Liro Rantala & Michael Wollny " »

2021年01月14日

ル ビルル LE BIRLOU

202101104001.jpeg

フランスのリンゴと栗のリキュール、ル ビルル LE BIRLOU です。

口に含んだ時に甘いリンゴの香り、あとから鼻に抜ける香りが栗なのよ。
これはもうスイーツです。

上品な甘みと低めのアルコール度数(18%)なのでロックでゆっくりデザートとしても楽しめるし、ソーダでフィズにしたり、ジンジャーエールで割ってアペリティフにするのもおすすめです。

おうちでショートカクテルに挑戦するのも楽しいですよ。
リンゴと栗のリキュールに、シナモンの香りを加えてみたり、生クリームを使ってモンブランみたいに仕上げてみたり、アマレットと併せた隠し味にしてリンゴと栗の香りのする濃厚な杏仁豆腐のようなカクテルにしてみたり♪

 

more...... "ル ビルル LE BIRLOU" »

2021年01月17日

CATUABA カツアバ

202101103001.jpeg

見るからにあやしいブラジルのリキュール、カツアバなのだ。

カツアバはサプリとしても販売されているハーブの一種で、どうやら樹皮から抽出するそうなのだけど、Wikipediaによれば、科学的な根拠はないけど、媚薬や中枢神経系の興奮剤として伝統的なブラジル医学で使用されている、とあります。

媚薬ですよ。
まぁ、このラベルを見た時点で、推して知るべしですが....

今はあまり興奮して街に繰り出しちゃいけない時期なので、これをレッドブルで割ったりなんかしちゃあいけないと思うのですが......Wikiの文末に、細菌やウィルス、HIVなどの感染防止に効果あるという研究結果が......。

じゃあ、飲んどきますか。笑

ご自宅でどうぞ。
 
 

more...... " CATUABA カツアバ" »

BLOG News → Twitter

iconmonstr-twitter-3-32.png  iconmonstr-facebook-3-32.png  


About 2021年01月

2021年01月にブログ「KARAKARA-FACTORY」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2020年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34