« 2021年01月 | Main

2021年02月 ARCHIVES

2021年02月01日

那須の温泉に浸かりながら、新商品を作るという表現も考える。

20210130001.jpeg


栃木県は緊急事態宣言中で、那須高原は休業のお店や施設が多くてとても静か。
 
それでも外に出れば地元の人が地元の店で買い物してるから知人には会えて話できるし、休業していない日帰り温泉には普段使いしている地元客が来ています。
僕もせっかくだから自分の店が休業期間中ではできるだけ温泉に行くようにしています。
そういえば、那須でセルフビルドはじめた時は5ヶ月テント生活でお風呂なかったから、毎日温泉だったなー。

うちの辺りは住宅地化して住みやすくはあるけど特に趣はない(都会に比べれば大自然ですが....)のですが、車で10分も走れば那須湯本の温泉街があって硫黄泉特有の匂いがあり、寂れた湯治場の風情と冷えた空気、濁り湯や露天風呂に浸かればリセットされるというか、パラレルに行って帰ってできるというか、良い場所なのですよ、那須は。
 
 
栃木県は2月7日で宣言解除を検討中だそうで、また店も再開できると思います。
もしかしたら県や町から時短要請があって、またバーとしての仕事ができない可能性もあるけど、それでもできる範囲でやるしかないかなーと思ってます。
 
 
個人が事業をすることは表現だと思っていて、事業でないとしても、生きている上では自分が生きてますよ、という表現をしなくちゃいけないと思っています。

僕たちの場合はバーという空間作りがそのひとつで、ギャラリーという形での美術と社会の接点を作ることを併せ表現してきたし、し続けて行くつもりです。

それでもこの1年間のように、大人数への直接的な表現に制限されることがあって思うようにいかないこともある。感染対策も一生懸命していたって業種が批判的な目で見られることだってある。抗っても仕方ないからそれはそれ、何かできることを温泉に浸かりながら考えました。


そこで閃いた。ピコーン♫

せっかくだたらこの時期を利用して、新しいオリジナル商品を作ることにしました。
このところ支払いばかりの日々の中で出費を減らしたい気持ちはありますが、何か表現しないと消えてしまいそうだから。笑


殻々工房では那須高原HERB'sさんにご協力いただいている、
パスティスの香りのオリジナルハーブティ「KARAKARA No.7#pastis 」と、
ホットワイン用ミックススパイス「KARAKARA No.8#vinchaud 」があります。
この 「KARAKARA No. 」シリーズで行かせていただきます!

すでに商品名も決まりました!
 
 

more...... "那須の温泉に浸かりながら、新商品を作るという表現も考える。" »

2021年02月02日

ラタンチェアのメンテナンス。掃除と塗装

20210202001.jpeg

連休の時じゃないとできないラタンチェアの塗装しながらお掃除スタート!

塗料は乾くのに時間掛かるからねー。

ラタンチェアは埃が目に詰まった時などちょっと掃除するときはブラシだけですが、たまにはブラシに塗料を付けてかき出しながら塗装もしちゃってます。

 
写真の一番下は100均で売ってる歯ブラシ。やっぱり細かいとこはこれよねー。

下から2番目はコメリの塗装用具コーナーで売ってた竹ブラシ。面積の広いところ用。61円ナリ。9脚掃除するとかなり擦り減るので使い捨てです。

ラタンが解けたところは接着剤でつけたりもしますが、ちょっとくらいの飛び出しならペンチでパチン!骨組みが歪んだところは結束バンドで補強したりもしています。
 
 

more...... "ラタンチェアのメンテナンス。掃除と塗装" »

2021年02月07日

KARAKARA No.5 #candle 発売です!

20210207001.jpeg
↑Click pics to enlarge.
 
 
殻々工房オリジナル KARAKARA No.シリーズに新たに「No.5」が仲間入りしました。

冬に温もりをくれる暖色のオリジナルキャンドルと木製のキャンドルホルダーです。


那須高原の冬はとても静か。人よりも動物のほうが多くなります。
雪景色の森ではリスや野鳥が動きまわり、森の向こうの茶臼岳の頂は きんと冷え澄んだ青空のした まっ白に光り輝きます。
 
しんしんと雪が降ったあとの夜は、山からごうごうと森や家を揺らす風が吹き荒れます。
そんな時は、人も動物も、風が止むのを家や巣のなかでじっと静かに待っています。

少し心細くもなる冬の夜に灯す、
温もりのある色のキャンドルを「あかりろうそく」さんに作ってもらいました。

食卓や大切な人へのプレゼントに、部屋がポッと温まる灯りはいかがでしょうか。

キャンドルに使用した色は4色 木製ホルダーと合わせて5つの色から、このキャンドルはKARAKARA No.シリーズのNo.5となりました。
カラカラの5番とお呼びください。

 
木製キャンドルホルダーは、今回は国産杉を使用し植物性油性塗料オスモカラーで仕上げてあります。初めは少し塗料の匂いがあるかもしれませんが、そのうち消えますのでご安心ください。
 
キャンドルに付いている商品タグは那須町社会福祉協議会りんどう作業所の皆さんによる紙パックを再生した手作りの手すき紙を使用しています。
 
 

more...... "KARAKARA No.5 #candle 発売です!" »

2021年02月09日

冬のちいさな作品展2021 / 殻々工房


↑Click pics to enlarge.
 
 
 
冬のちいさな作品 展 

2021年02月08日(月)ー3月21日(日)
 
 
春になるまでのこの時期は
今まで 殻々工房で展示して下さった作家の中から
いくつかの小作品を作家紹介という形で展示させていただきます。
 
 
Winter Small works Exhibition

This season until spring,
We would like to introduce some of the artists exhibited in KARAKARAFACTORY.


展示作家
齋藤千明、清野隆、武内明子、のざきあきこ、米倉万美、三浦友萌、佐藤陽香、
永瀬恭一、小林達也、野沢二郎、槙野匠。(敬称略・展示順)

Artists
Chiaki Saito, Takashi Seino, Akiko Takeuchi, Akiko Nozaki, Mami Yonekura,
Tomo Miura, Haruka Satou, Kyouichi Nagase, Tatsuya Kobayashi,
Niro Nozawa, Takumi Makino.


 

more...... "冬のちいさな作品展2021 / 殻々工房" »

2021年02月14日

10年ぶりの大きな地震と映画とかたむいたマーヤ


↑Click pics to enlarge.
 
 
昨夜の福島県沖を震源地とした地震で被害のありました方々には心からお見舞い申し上げます。

また殻々工房にも安全をお気遣いくださったメール等いただき、誠にありがとうございます。優しいお気持ちに感謝しております。
 
 
そういえば2011年の地震の時のカラカラの被害は、グラスなど少し割れたものの酒瓶は無事で、多くの方が余震のなか心配して見に来てくださったにもかかわらず、その被害の少なさに なーんだという少し残念そうな笑みを浮かべていらっしゃいましたが、そうしてお互いに笑えることが日常の楽しさのひとつなんだなと思ったものでした。
 
 
昨夜は新型コロナの時短営業中ということで9時に閉店、11時には酩酊しておりましたので、揺れたところで何もできず、あぁ、これはもしかして10年前よりも大きな......と妄想しながら、そうなったらそうなったで仕方ないか、思いながら、せめてグラスの中の赤ワインは飲み干そうと手を伸ばしました。

その時、たまたまamazonプライムで見ていた映画が、レビュー評価が妙に高くて気になっていたフランスで実写化した映画「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」。原作や日本でのアニメシリーズのファンにはたまらないのでしょうが、いやぁ、くだらない。笑
それはそれで良いのですが.....僕はひょっとしたらこれを見ながら死ぬのかな、と思うと、少し無念だな.....思いました。

揺れが収まるなかで感じた安堵は、人生最後に食べる食事や、映画や、小説などを聞かれることはあっても実際に何だったのかはこうやって決まるんだな、という現実と、僕にはまだ選ぶ時間があるという、今よりも先の時間を感じたことでしょうか。
 

ま、そんなこと気にしながら生きてられませんので、近いうち吹替版も見ちゃおうかなぁー。


朝になり、あらためて被害をチェック。
壊れたものは何もなく、ギャラリーでの展示作品のひとつ、米倉万美さんのマーヤだけが傾いていました。
絵の中のマーヤが枝から落ちてれば、揺れの大きさが推測されそうなものなんだけど。
彼女は見ため子供ですから、気が利かないのは仕方ない。
 
 
まだまだ余震の心配があるそうで、気を引き締めて晩酌の映画を選びたいと思います。
 
 

2021年02月16日

SIPSMITH Sloe Gin シップスミス スロージンとカクテルの作り方

20210214002.jpeg

スロージンというお酒は、スピリッツにスローベリーを浸して作ったリキュールです。

スローベリーは和名にスピノサスモモ (Prunus spinosa)とか西洋スモモと呼ばれる、見た目ブルーベリーなプラムっぽい甘酸っぱいフルーツ。

主にイギリスで家庭的に作られるもので、イギリスだけにスピリッツはご家庭でもジンを使っているのかどうか分かりませんが、スロージンとして売られている商品はジン生産者のものがほとんど。甘さ抑えめで酸味が心地よく感じます。


このSIPSMITHシップスミスは、最近流行りのクラフトジンの先駆けとなったような生産者です。DRYやVJOPなどは人気のシリーズで、単体やトニック割りでもよくオーダーの入る銘柄でもあります。
そのシップスミスが作るスロージンがこちら。
年に1回のみの生産ということもあるかもしれませんが、今は購入できるところはないみたいです。

仕入れてから時間も経ち、ラベルもへたれてきたので........カクテル用にして使い切っちゃおうと思います。
スロージンを使ったカクテルっていろいろありますが、カラカラでは一番ポピュラーなチャーリーチャップリンの作り方をご紹介しましょう。
  
 
 

more...... "SIPSMITH Sloe Gin シップスミス スロージンとカクテルの作り方" »

2021年02月17日

KARAKARA No.の焼印を作ってみたのだ。


↑Click pics to enlarge.
 
 
おかげさまで KARAKARA No.5#candle という「殻々工房×あかりろうそく」によるオリジナルキャンドルとホルダーが完成しまして、少しずつですがご購入いただいております。
本当にありがとうございます。


キャンドルホルダーには焼印を押しました。
これがなかなか可愛くて気に入っておりますのでメモ。
 
 

more...... "KARAKARA No.の焼印を作ってみたのだ。" »

2021年02月18日

暴風でモッコウバラを支えていた木材が折れて危険なので撤去するのだ。

20210218001.jpeg

ちょいと大きな地震があった翌日、那須高原では暴風が吹き荒れました。
でも翌朝には良い天気で、あー、よかったねーー、なんて言っていたんですが、そうでもなかった。

 
赤い壁の左側にボサボサっとなっている部分は白い花のモッコウバラで、
春過ぎになるとそれはそれはキレイなものなのです。
そのモッコウバラを支えているのが、写真にも2本映っている縦に伸びたグレーの木材と同じものがモッコウバラの藪の中にもあるのですが、植えてから15年も経つと流石に木材も痛み、先日の暴風で煽られモッコウバラがその木材と建物との結合部分に負荷を掛けて外れ、中途半端にぶらんと剥がれた状態になってしまいました。

いつかはそうなるだろうなー、とは思っていましたが、いよいよその時が来てしまった、という感じです。
 
この状態で営業時間中にまた強風があると、お客さんの車に落ちたりして危険なのでスクランブル発進!

明日定休日だし、今日は店休んで急遽撤去作業を行います!
 
 

 

more...... "暴風でモッコウバラを支えていた木材が折れて危険なので撤去するのだ。" »

2021年02月19日

暴風で剥がれたモッコウバラの撤去作業その2

20210219001.jpeg

昨日に続いて暴風で剥がれたモッコウバラの撤去作業です。

雪かよー!
 
 
お昼くらいには1度まで気温上がるらしいけど、それ以外は氷点下。
ま、仕方ないねー。
 
 

more...... "暴風で剥がれたモッコウバラの撤去作業その2" »

2021年02月20日

暴風で剥がれたモッコウバラの撤去と応急処置完了。

20210220001.jpeg

昨日の雪とは一転していい天気 ♫

今日中に片付け終わらせて明日20日(土)から営業再開の予定です!
......とはいえ、21日まで栃木県の夜のお店は時間短縮営業ですけどね。


刻んだ枝を裏庭に運んだり(←これがものすごい量.....)、太い幹は焚き付け用にしたり。
 
 
 

more...... "暴風で剥がれたモッコウバラの撤去と応急処置完了。" »

BLOG News → Twitter

iconmonstr-twitter-3-32.png  iconmonstr-facebook-3-32.png  


About 2021年02月

2021年02月にブログ「KARAKARA-FACTORY」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2021年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34