Main

殻々工房 karakarakobo ARCHIVES

2017年06月20日

米倉万美 作品展 / 殻々工房 と 那須温泉アートアパートメント

201706193001.JPG

今年から殻々工房での展示のこともブログに書いて行こうと思いながら、すでに終わってしまった米倉万美 展なのです。

......作品の受け渡しが完了していないから僕としてはまだ終わっていないのですが。
......とか言いながら、振り返りつつメモ。

地元 那須で、様々な事業所や文化的イベントに対して献身的な活動を続けておられるイラストレーターで、現在、私も参画させていただいている那須八幡の温泉旅館 絶景 一望閣での、温泉旅館とアーティストを繋ぐアートプロジェクト「那須温泉アートアパートメント」事務局の副代表としてご一緒させていただいております。

今回の個展の計画段階では、那須温泉アートアパートの冬季休館明けに合わせ、アートアパートのアピールも併せてイメージキャラクターとなっている「マーヤ」の展示を、という企みでした。ところが、一望閣の大規模なリニューアル工事計画(アートアパート以外に新しい宿泊棟とレストラン、ロビーが新設されます)がトントンと進み来年の春過ぎまで休館することとなり、現在は2018年グランドオープンに向けアートアパートも各アーティストがそれぞれに宿泊部屋の展示制作を進める運びとなりました。

話は逸れますが、
アートアパートのこれまでの活動ついて、どこかに写真を含めた記録を残しておかなければと思うので、あとで転載するにしても、このブログに書いておこうと思っています。

ということで、米倉万美 作品展です。
前回から5年ぶり、今回で4回目の殻々工房での個展です。

上の6枚の連作は、米倉万美さんの2017年版のカレンダーの原画です。

201706193002.JPG

こちらの壁面はマーヤではなく「チョコレートを食べる物語」シリーズ。
「赤ずきんちゃん」「北風と太陽」「ポチと軽トラ」「コンセント」「サンタクロースと怪獣ガガゴン」の全5話。一コマずつを額装して展示販売いたしました。
このシリーズは元々、チョコレートの包装紙を描いたシリーズだったそうなのですが、実現ならず、幻の包装紙となりました。

201706193003.JPG

人気のあった、赤ずきんちゃんです。

201706193004.JPG

マーヤは雑誌の連載からはじまり、万美さんの長姉にあたる藤原万耶さんが父上であり医師で文筆家でもあった故 見川鯛山さんの生活を小気味好く描いた著書「小さなマーヤの哀しい踊り」が単行本化され、そのイラストとして広く知られるようになりました。
万美さんの作品にはいくつかのシリーズがあります。
「軽トラとポチ」「バーロイヤルのママ」そしてこの「マーヤ」。
マーヤの芸歴はママより古いのです。(笑
マーヤは、ちょっと意地悪そうだけど、可愛らしさのなかに逞しさを秘めた女の子です。

アートアパートでは、マーヤを温泉旅館に住み着く座敷わらしのように見立ててキャラクター化させています。
面白味のないアートプロジェクトになりそうになった時には、きっとマーヤが道を正してくれることでしょう。

201706193005.JPG

一望閣の雨漏りのある宿泊棟に展示された「雨漏りキャッチャー・マーヤ」です。
雨漏りのする宿泊棟は今月から解体工事に入ります。
お役御免となったマーヤは殻々工房のデッキに「土砂降りキャッチャー・マーヤ」となって展示されました。

このあと、このマーヤたちは、アートアパートを応援して下さるお店に一つずつ展示されることになっています。
それについては、また今度。

2017年07月21日

齋藤千明 作品展 -Drums- / 殻々工房

20170719001.JPG

現在、殻々工房で開催中の齋藤千明 作品展 -Drums- です。

会期は7月28日まで、早いもので残りあと1週間となりました。

........相変わらずブログへのupが遅いね。笑

今回の齋藤千明さんの展示は、
烏山和紙に木版画の技法を用いた太鼓の作品と、壁面に貼り付けた版画のコラージュとを併せ、バーとギャラリーを併せた空間全体を意識したインスタレーションとも言える展示となっております。

20170719002.JPG

栃木県内の学校の卒業証書のほとんどが烏山和紙を使われているそうです。
今回使用されている和紙は、卒業証書として余ったものを漉き直したリサイクル和紙です。
卒業証書として刷られていた文字が、浮かび、霞み、層の中に散りばめられています。

烏をモチーフに刷られた木版画は、太鼓の枠に貼り合せられ張りを持ち、太鼓として成形されています。そして、これがまた実際に良い音を出すのです。
厚み、張り、サイズの違いで異なる音は、乾いたでんでん太鼓のような軽い音から、大きな低い和太鼓のような音まで様々です。

太鼓は昔から神事や言葉の伝達の代わりに使われてきました。
木版で刷られた烏や羽根は、太陽の使い、八咫烏とイメージが重なります。
太鼓の丸は天球をイメージさせ「月に兎、太陽に烏」、太陽に住むという烏が、祝いの言葉の音を運びます。

20170719004.JPG

壁に掛けられた状態だと見られませんが、太鼓の裏面にも木版画が刷られています。
作品によっては、光に翳すと表裏の風景と色彩が複雑に重なり、幻想的な風景を見ることができます。

ご購入いただいた作品は、
今回の展示のように壁掛けの展示をしていただくだけでなく、例えば、照明器具近くに設置して、昼は表面を、夜はライトで浮かび重なる表情をお楽しみいただくも一興です。

20170719003.JPG

壁に直接貼り付けられた木版画のコラージュです。

齋藤千明さんは版画家と呼ぶに相応しい優れた技術をお持ちなのですが、空間を利用したインスタレーションも魅力的な表現者です。

しかし版画とはそもそも量産できることがメリットの技術ではあります。

14世紀の木版画の誕生以降、15世紀の活版から版画とは同じものを幾つも作ることのできる印刷として技術が進みました。
さらに、16世紀のルネッサンス美術の影響から、木版画は複数の版を使うことによって陰影をつけられるようになり複雑な表現が可能になりました。その後、欧州美術の流れとしては木版画から銅版画へと移行してゆきます。
日本では17世紀からはじまった浮世絵があり、18世紀から19世紀にかけて大流行しました。肉筆画の浮世絵よりも、木版で刷られた安価な浮世絵が大衆に人気を博します。
木版は日本では馴染み深い技法の一つでもあります。

齋藤さんの今回の太鼓の作品は、浮世絵の時代と何ら変わらない伝統的な木版技法を使いながらも、其々が一点もののオリジナル作品です。もちろんインスターレションにおいては空間を変容させるもので厳密に言えば複製できない表現です。
日本の高い版画技術を、現代的に作品にして見せてくれている素晴らしい作家の一人だと思います。

齋藤さんは版画以外にも様々な素材でインスタレーションをされていて、那須温泉アートアパートメントでは縄によるインスタレーションもされています。
機会がありましたら、そちらもご覧いただけたら幸いです。

more...... "齋藤千明 作品展 -Drums- / 殻々工房" »

2017年09月09日

上坂浩光天体写真展 -宇宙の中のわたしたち- / 殻々工房

20170909002.jpg

映画監督であり天体写真家でもある上坂浩光さんによる
天体写真展「宇宙の中のわたしたち」が殻々工房でスタートして1ヶ月が過ぎました。

8月はどうしても波に流されるように過ぎてしまうもので、
9月は流れから這いつくばって岸に上がり 足の裏の感触を確かめながら、
上坂さんのレンズを通した宇宙をゆっくりと鑑賞しながら過ごしたいと思っております。
↑大袈裟だね。

会期は9月27日(水)までです。

9月17日(日)の夜はカラカラにて上坂氏のお話を伺いながらのイベント上映があります。

kousakaexhibimusica.jpg

上坂浩光作品 "MUSICA"上映 料金1500円・全席自由(ワンドリンク付)
18:30開場
20:00イベントスタート

那須はとてもきれいに星が見える場所だと思っています。
真夜中に空を見上げれば、牧草地の上には手が届きそうなくらいに明るく星が瞬いています。
満月の時は影がはっきりと見えるくらいに明るい夜のなかを歩くことができます。
今回の作品は上坂さんが那須に作られたプライベートの天文台から撮影されたものです。
那須から見上げた空の先の宇宙を見ることが出来るのです。

今回のイベントで、ぜひ楽しみにしていただきたいのは、
上坂さんの解説を聞きながら作品を見たときの驚きなのです。
写真を見ただけでは想像できないスケールが宇宙にはあります。
こんなスケールの大きなものが僕らの見上げている空の先にあるのか、という、僕らが実際に目にしていないと存在は知っているけど実感がない宇宙を近くに感じていただけたら、この企画は大成功なのだと思っています。

トークイベントでは、コンパクトデジタルカメラでの撮影のコツや、超新星爆発の変化の様子をスライドで見せてくださるそうです。

開場からスタートまで長めに時間を取ってありますので、グラスを傾けながら作品をご覧いただき、リラックスして過ごしていただけたら幸いです。
上坂さんも開場からいらっしゃいますので、タイミングが合いましたら撮影や宇宙や星についての質問や歓談をお楽しみいただけたらと思っております。

当日、会場は椅子のみの上映メインの会場となりますのでフードのご注文はお受けできません。
予約制で小さなおつまみプレート(500円)の注文を承ります。(数に限りがあります...)
少しだけサンドイッチなどもご用意いたしますが(クーロンヌさんへの外注です)、お腹が空いている方は軽く何か召し上がってからのご来場をお勧めします。
よろしかったら麺亭コバさん経由でカラカラという那須の夜のフルコースもオススメです。(笑)
ワンドリンク付きは専用メニューから、2杯目からは通常のドリンクメニューからお選び下さい。

席は全席自由とさせていただきます。
おつまみプレートをご予約の場合でも、スタンディングになる可能性がありますので予めご了承ください。

20170909001.jpg

作品購入希望の方はお気軽にご相談ください。
今回は展示作品の販売ではなく、新たにプリント、額装、上坂氏のサインをした上でのお渡しとなります。
展示中の作品の中で一枚だけ、ハワイ島にある国立天文台のすばる望遠鏡によるアンドロメダ銀河の写真があります。この作品もご購入いただけることになりましたので、ご興味のお有りになる方はこの機会にぜひ。


さて、大切な告知はここまで。
ここからは いつも通りに話は逸れますので、お急ぎの方は流してください(笑

more...... "上坂浩光天体写真展 -宇宙の中のわたしたち- / 殻々工房" »

2017年09月18日

上坂浩光天体写真展 特別上映「MUSICA」&トークイベント「宇宙の中のわたしたち」@殻々工房

20170917001.JPG

昨日は「宇宙の中の私たち」と題した上坂浩光天体写真展の特別上映&トークイベントを殻々工房にて行いました!

那須にとっては忙しい3連休の中日、
しかも台風接近の最中にも関わらずの満員御礼でございました。
飛んでくる小枝を交わしながらお越しくださった皆様、誠にありがとうございましたm(_ _)m

講師の上坂浩光さんのお話は、日常とは桁違いなスケールの宇宙を画像と動画を使った視覚的な解説も加え分かりやすくしてくださったもので、多忙なスケジュールの中の準備と 声をも涸らすトークイベントをしてくださったことに心から感謝しております。

また司会を務めてくださった那須温泉アートアパートメント代表でもある五十嵐順一さんをはじめ那須フィルムコミッションの方々には、受付やサンドイッチ売り、「お菓子はいりませんか〜、お菓子はいりませんか〜」とマッチ売りの少女のように ポップコーンなどのお菓子売りまでしていただき、感謝感激 飴 ポップコーンでございます。

11月11日から始まる今年の那須ショートフィルムフェスティバル2017では、
上映会場で岩下友希先生のヨガレッスンを受けながら上坂浩光監督作品の宇宙を見るという「ヨガ上映」が予定されているそうです。
会期が近づきましたら公式サイトをチェックの上、是非上映会場にも足をお運びください。
http://filmfest.nasu-fc.com

それでは、無事に終わりましたよ〜♪ のご報告まで。

2017年10月31日

室井弘道 木版画作品展『JAZZと紙音』/ 殻々工房

20171031001.JPG

黒磯出身の木版画家・室井弘道さんによる個展、本日無事に終了いたしました!
ご高覧下さった皆さま、誠にありがとうございました。

室井さんは50歳を過ぎてから木版画を勉強され、音楽や映画、小説などからインスピレーションを受けて精力的に制作されています。

カラカラのサンデーギャラリーによくお越しくださり、お人柄の良い方でお話させていただくようになり、ジャズやブルースを扱った作品が多いのでカラカラとの相性が良いかもしれない、ということで、ちょっと短い期間ではありますがやってみませんか?という運びとなりました。

これからは神奈川が生活の拠点となるそうです。
また 那須でも展示される機会があるそうですので、その時をお楽しみに(^ ^

2017年12月21日

12月22日(金)冬至はキャンドルナイト
「あかりろうそく+暗闇バール」そして!
 生牡蠣入荷で「闇ガキnight」です!

20171221003.JPG

冬至の夜は、電気を消してキャンドルの灯りのみでの「暗闇バール」。
今年は12月22日(金)です!

現在開催中の「あかりろうそく展」の あかりろうそく さんのご協力により、
いつもより明るい キャンドル多めの開催となります!

昨日、あかりろうそくのお二人が宇都宮から「キャンドルナイトに使って下さい」と、キャンドルいっぱい持ってきて下さいました。
なんて素敵な作家さんなのでしょう! ありがとうございます♡ブチュ


そして仕入れの都合により、22日は宮城県から生牡蠣が届きます!

前回、北海道直送の牡蠣メニューの際に、また生牡蠣を、との声を多く頂きましたので、
リクエストにお応えして、今回は宮城県直送の「新昌」が届きます!

22(金)、23(土)は生牡蠣あります!

20171221002.png
※この写真は前回の北海道産です。

ということで、
22日は暗闇バールで生牡蠣祭り....闇ガキnight!です♪

暗くって何食べてるんだか分からないかもしれませんが(笑

今回からお得な生牡蠣とお酒とのセットもご用意します。

生牡蠣2ピース+酒(純米大吟醸)で800円
生牡蠣2ピース+シャブリで900円
生牡蠣2ピース+モルト(ラフロイグ)で1000円

生牡蠣単品1ピース250円です。

※お酒の量は通常よりちょっとだけ少なめになっております。
※価格は今回の仕入れの場合のため、次回以降は牡蠣の仕入値により変動します。

また殻々工房のFacebookなどでまた直前告知いたしますが、まずは。

それでは みなさま、一年で いちばん長い夜をごゆっくりお過ごし下さい。

20171221001.JPG

明日は準備で きっと大忙しだわ(汗

天気予報では週末は晴れ、今のところ道路も乾いてます。
ホワイトクリスマスにはならないかもね。

2018年05月13日

麻生知子 武内明子 絵と陶の展覧会「カラカラ工房 パタパタ展」/ 殻々工房

20180513001.jpg

麻生知子さんと武内明子さんによる2人展は6月4日まで、残りあと1ヶ月を切りました。

連休中は慌ただしいなかではありましたが沢山の方にご高覧いただき誠にありがとうございました。
これからの時期は だーいたいのんびりとしたものですので(笑)どうぞ ごゆっくりしてらして下さい。

麻生知子 武内明子 絵と陶の展覧会「カラカラ工房 パタパタ展」について、全ての方にゆっくりとご案内できておりませんので、こちらで紹介させていただきます。


今回、殻々工房では初めての展示となるお二人です。
お二人は其々に作家活動をする傍らで、「ワタリドリ計画」というユニットを組み、作品の素材と展示場所を探し日本全国を飛んで行き展示をするアートプロジェクトを進めてらっしゃいます。
今年で結成10周年、岡本太郎賞にも入選され、これからも楽しみなユニットです。

今回は、ワタリドリ計画としてではなく、お二人のこれまでの作品を2人展という形で展示していただきました。


20180513007.jpg

麻生知子さんは、東京都出身で神奈川県在住。
今回は油彩と陶による作品の展示です。
日常の断片を描いた絵画作品は、簡素化されたシルエットがフラットに描かれることによって遠近感の無くなった不思議な世界の中で、絵の具やマチエールによる凹凸が 地と図の反転や画面のアクセントになり複雑さを加えています。
描かれているものは、どの作品もほのぼのとした日常を感じさせるものです。

20180513002.jpg

手前の作品は那須の北温泉。
会期のわりと早い時期に、遠方よりのお客様にご購入いただき既に無くなってしまっておりまして.....せめてこの写真で.......。

20180513006.jpg

陶の作品もどれも温かみと味わいのあるもので擽られっぱなしです。笑

  
 
 
20180513004.jpg

武内明子さんは、熊本県出身で東京都在住。
紙に水彩とミクストメディアの絵画を中心に、立体作品の展示もあります。

水彩作品にみる滲みと墨の表情が心地よく、ゆっくりと重ねられた絵筆が浮かび上がらせる形が確かなようでいて不確かな、それがまたリアルように思えてきます。

20180513008.jpg

板にミクストメディアで描かれた作品は、個人的に、見ていて飽きません。
パネルの上で絵の具は複雑に重ねられ、画面の彩度は色空間の断面で言えば中央のグレーに限りなく近づきながらも、硬い板の上を削られて現れた微かな色彩、弱く引っ掻かれた細い線、その上を覆うように塗り重ねられた不透明な色面とその下に残っている筆跡などが、次々に画面上に現れ、自分の視線はパネル上に繫留められました。
作家が板の上で感触を確かめるように手を加えていった時間の痕跡を追うことが、リアルなものを求める時間の追体験をしているような気持ちになりました。
 
20180513009.jpg

武内さんは実はアスリートでいらっしゃることにビックーリ。
先月は台湾を横断する246kmのマラソンを完走して3位入賞、昨年はアテネスパルタマラソン246kmも完走されたそうです。
すっごいね!
 
 

20180513003.jpg

お二人のユニット「ワタリドリ計画」としては、栃木県にはすでに飛来済みということで、今回はこちらの作品がワタリドリ計画な展示となっております。
白黒写真に一枚ずつ油絵の具で着彩された作品です。
店内でポストカードのように販売しておりますが、全て手による着彩でプリントではありません。1枚500円!
ポストカードとして高いかもしれないけど、作品としては安い!(笑

残りあとひと月となりましたが、機会がありましたらぜひご高覧ください(^ ^)/

2018年07月10日

まつい由美子 展「絵の中の海辺」/ 殻々工房

20180706001.jpg

現在、殻々工房で開催中の まつい由美子 展「絵の中の海辺」です。

まつい由美子さんは東京を中心に制作、展覧会活動をされている美術作家です。

展覧会も折り返し点を過ぎ、残りあとひと月足らずとなりました。

すっかり夏、絵の中の海辺に立ち、記憶のなかにある海の匂いを、那須高原に居ながらにして感じるような展示となっております。

20180706002.jpg

栃木県には海がありませんが、僕らの住む日本という小さな島は海に囲まれています。
車に乗って1日も走らないうちに、きっとどこかの海辺に着くでしょう。
この島に住んでいる多くの人が、一度は見たことがある海。
まつい由美子さんの今回の個展は「海」をテーマにした作品の展示となっております。

まついさんの絵は風景を描いているようで、その多くは人間を描いています。
自然と人間という大きさの対比を感じつつ気がつくのは、絵の中からこちらを見る女性、波際の家族、砂煙の中を歩く人、ガードレール横に止められた2台の車や、砂で作られたケーキなど。
車に乗って海に来た人たちは何をしに来たのか、どこから来たのか、
砂浜に残った砂のケーキは誰が作ったのか、その近くには誰がいたのか、今は何をしているのでしょう。

まついさんの絵は想像ではなく実際に見た「景色」を基に描かれています。
海辺で切り取った「景色」の瞬間を、アトリエで時間を掛けて作品にします。
作家にとっては海辺で過ごした時間よりも絵筆を持っている時間の方が長く、絵の中の海辺に佇む長い時間が作品となり残ります。
結果、絵は時間を切り取ったスナップショットとなり、時間は絵の中に収められた物語となります。
その絵は物語のはじまりかもしれないし、終わりかもしれない、今も過ぎてゆく時間の中にある1場面です。

20180706003.jpg

人の表情など細部が描かれないことで、人の存在だけが感じられます。
作家の作品に共通していることの1つに、極端な色や形による強調がないことがあります。
鑑賞者には自然なスナップショットのように目に入ってくるでしょう。少し引いた立ち位置から、鑑賞者と同じように客観的に切り取ったスナップショットのように。
その場面が、鑑賞者の記憶や発想とつながった時、鑑賞者の中にもストーリーが生まれ、絵の中に時間が生まれます。

20180706004.jpg

お酒の力も利用して、どうぞごゆっくりお楽しみください。笑


今回展示している「海」のシリーズは、キャンバスにアクリル絵具を中心とした作品9点です。


20180706005.jpg

今回の個展では透明水彩絵具による作品も4点展示されています。
何年か前から日常的に描かれているそうで、その中からの展示。
水彩の作品の展示は、今回が初めてだそうです。

写真の白いばらは1年前に殻々工房に来てくださった時に咲いていたバラだそうです。
そういえばこのバラ、今年は咲かなかったな。涙 ←ウソ泣キデス


20180706006.jpg

こちらは半透明な丸く平たい貝殻を使った小作品。
裏からアクリル絵具にて着彩、表にカリグラフィーが描かれています。
表面の文字以外の絵具の乗っていない部分は、光の加減でキラキラと貝殻らしい凹凸が見えます。こちらの作品をご購入の方はお持ち帰り可です。


20180706008.jpg

日曜の昼13時〜16時のサンデーギャラリーの時間中のみ、「海」シリーズ以外の「桜」や「白鳥」シリーズの作品も少しだけご覧頂けます。


会期は8月1日まで、残りあと3週間ちょいとなりました。
まだの方は、ぜひ一度ご高覧ください。

2018年09月12日

野沢二郎 展「向こうのほうへ Somewhere Beyond」/ 殻々工房

20180912001.jpg

現在、殻々工房で開催中の 野沢二郎 展「向こうのほうへ Somewhere Byound」です。

野沢二郎さんは殻々工房では5年ぶり、5回目の個展となります。
いつも精力的な絵画制作と、東京、横浜、水戸を中心にした定期的な展覧会活動を続けておられます。そんな中で、那須高原でもこうして何度も質の高い現代美術を見せてくださることに感謝しています。

作品とは関係ないのですが質問が多いので書いておきますと(笑)、
僕と苗字が同じなのでよく親戚なのかと聞かれますが、そうではありませんで......しかしまぁ、思えば16歳からお世話になってますのでほぼ30年、じゃぁもう、親戚ってことにしとくかなぁ。←コラコラ
現在、明星大学教授の野沢二郎さんですが、初めてお会いした時は茨城県古河市の高校教諭で、僕はその生徒でした。その後、僕は美術学校に進むこととなり、卒業しても高校で絵を描いては教えて頂いたり、毎回個展を拝見しては頻繁によく飲み、仲人もしていただき、古河で店をはじめた頃や那須に越してからもこうして展示をしていただいている、というお付き合いです。
那須でセルフビルドを始めるまでは僕も作品を作り続けるつもりでしたが、制作よりも芸術学を勉強するために大学生(今でも勉強はあまりしませんが働く大学生オジサンです。笑)となり、現在も野沢二郎さんからは、作品を通してたくさんの事を教えていただいている気がします。

今回は、油彩の大作を中心にした展示です。
展示スケジュールを那須の方々にご紹介した際、野沢二郎さんの事を、水彩とパステルの作家さんね、という言う方が何人かいらして、これはどうしたものか、と思いました。
野沢二郎さんといえば、なんと言っても油絵具を使った抽象表現なのです。
もちろん水彩やパステルの作品が劣るというのではなく、表現として本質的な美しさを持った油彩作品があってこその水彩やパステルだと思っています。殻々工房はギャラリーだけではなく飲食があるので、油絵具の強い匂いを心配した野沢二郎さんの匂いの少ない画材を中心にした作品を持って来られていた配慮が、カラカラで作品をしっかり見てくださっていた方達にちょっとした誤解を植え付けてしまった、というか、本当の野沢二郎作品を良さをお見せできてない......という事で、今回はこちらからガッツリと油彩の作品をリクエストしたのです。
まだ乾いていない絵具の艶と匂いが いつもの野沢二郎展なのですが、今回は2016年から2018年までに制作された作品の中から選んでくださり、絵具の匂いもほとんどありませんでした。

ということで、ドーン!

20180912002.jpg

壁面いっぱいいっぱいの130号と80号、
対面には100号と60号、その間に10号、20号、小作品、という見応えある展示です。

私自身、ほとんどの作品を個展の際にギャラリーで拝見してますが、那須で見るとまた違った雰囲気です。

普段は現代美術にあまり興味ない方からも、よくわかんないけど良い、という意見が多く、とても嬉しいです。
現代美術の中で特に抽象絵画は、難しい、と言われることが多いですし、わからない、で終わらせてしまう人が多いのも現実。この絵はどうやって見るの?と聞いてくださる方が多いのは嬉しいことです。
外国の方には評価され購入される日本の現代美術絵画が、日本では興味も持たれないことが少なくないという状況を変えるには、先入観を持っている方を柔軟にしないといけないのかもしれません。それには、良い作品を多く見ることが必要かもしれない。
美術館や美術ギャラリーではなく、生活の場にこそ良い作品を。
アートっぽいものではなくアートを。

20180912003.jpg

緊張感があり、空間を引き締めてくれる野沢二郎さんの作品ですが、見れば見るほど惹かれる表情が細部に見られます。
ちょっと気になる作品があったら、ぐっと近くに寄って見てください。
こちらは「After the Rain」という作品の部分です。
水たまりを描いた訳ではないのだと思います。(笑
ただ、この透明感は確かに液体をイメージさせますね。

ここで会場に貼ってある作家のコメントを転載しておきます。
................................................
 
あらかじめ自分の中にあるイメージを描き、完成させるのではありません。
私にとって制作とは、自分は何を描こうとしているのかを探り続ける行為そのものです。
そして「向こうのほう」にあるまだ見ぬイメージに近づきたいと思います。

...............................................


作品のご感想やご質問などありましたら、殻々工房で気軽にお声掛け下さい。

20180912006.jpg

野沢二郎 展「向こうのほうへ SomewhereBeyond」は9月26日(水)までです。
サンデーギャラリーは16日と23日の、あと2回。
いろんな角度から、じっくりご鑑賞いただけたら幸いです。

2018年10月11日

大西暢夫写真展「水になった村」/ 殻々工房と、10月14日(日)は無料映画上映&トークイベント「オキナワへいこう」があります!

20181010001.jpg

殻々工房でノンフィクションの写真家で映画監督でもある大西暢夫さんの写真展「水になった村」が はじまりました!

10月14日(日)の夜は、
大西暢夫さんにカラカラにお越しいただき、映画「オキナワへいこう」の上映とトークイベントがあります。
参加費は無料です。が、椅子には限りがあるので予約順で席を確保させていただきます。
仕事上がりに直接来られる方のために、手に持って食べられる軽食をご用意しますので予約時にお伝えください。(すでに予約済みの方には、こちらから確認のご連絡を差し上げます)

..................................................................................

映画「オキナワへいこう」上映と大西監督のお話
18時 開場 (上映は82分、予定終了時間は20時30分です)
参加費 無料(予約制)
ご予約 0287781100(夜のみ)SNSやメールでもご予約承ります。

※当日は椅子のみの会場となります。
※上映に支障のない軽食とドリンクのみご用意いたします。ご予約時にご確認ください。
※お酒飲まなくて大丈夫です(笑)
※イベント終了後、テーブル入れて通常営業します。
..................................................................................

この企画は当初有料で考えていたのですが、NPO法人那須フロンティア20周年記念事業として無料で上映できることとなりました。この機会に、ぜひ多くの方にご覧いただけたらと思います。
当日の司会進行は那須フロンティアが行います。
みなさまのご来場、心よりお待ちしております。

 
  
さて、大切な告知はこのくらいとして、
ここからは これまでの経緯とこの企画の全体についてお話しましょう。

長くって嫌んなっちゃうと思いますので、興味と関係のある方だけどうぞ。 
 
 
そうさなぁ、あれは去年の夏のことじゃった。
カラカラの本棚に一冊の本が目立つように置いてあったのじゃ。
それは「アレクセイと泉のはなし」という写真集のような絵本のような本じゃった。

(......この喋り方は長い話が 余計長くなるのでやめます)

カラカラにいらした ある御夫妻の奥様が、その、本橋成一著「アレクセイと泉のはなし」を指しながら、この出版に携わられたことをお話になり、なぜ置いているんですか?と 聞かれたので、福島の原発事故の後にこの本のことを思い出して、遠くの話ではなく身近にある大切な話なんだなと思ったので置いてるんです、という話を交わしたのがはじまりでした。

本橋さんのお弟子さんで大西暢夫さんていう写真家がいてね、その人も面白い人なのよ、という話から大西さん抜きでカラカラで写真展とか上映会なんてどうか、というところまで話は進み、、、僕はその日の夜に大西さんの著書「ぶたにく」「津波の夜に」「ここで土になる」を購入しました。
後日、その方にメールでギャラリーの規約をお送りして、大西さんをご紹介いただき、もし可能だったら期間中に上映会も、という話が漠然とまとまりました。ただ大西さんのお住まいは岐阜なので、せっかく那須に来て下さるなら他の会場も用意して上映をと思ってギャラリーバーンの清野さんと会った時に話はしていました。
 
この頃、大西さんが撮影中で完成間近だったのが「オキナワへいこう」。
2月、大西さんから宇都宮で「オキナワへいこう」の上映会があるとの連絡があり、僕は大西さんを紹介してくださったご夫妻と一緒に宇都宮へ。そこの上映スタッフにいたのがNPO法人那須フロンティアの遠藤さん。
ぜひ那須でも上映会したいですね、ということで話は進みました。
僕がはじめに「ぶたにく」を読んだ時に頭に浮かんだのが森林ノ牧場で、森林ノ牧場の山川さんにも声を掛け、山川さんから旧朝日小学校再生プロジェクトの那須まちづくり広場の鏑木さんをご紹介いただき、そこに以前からお世話になっている那珂川町の もうひとつの美術館の梶原さんも乗ってくださりました。


%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E6%9A%A2%E5%A4%AB%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%B1%95%E6%98%A0%E7%94%BB%E4%B8%8A%E6%98%A0%E3%81%A8%E8%AA%9E%E3%82%8A%E3%81%AE%E4%BC%9A2018%E8%A1%A8%E9%9D%A2.jpeg

何とかオーガナイズできるんじゃね、と楽観視しておりましたが膨れた企画をまとめてみると、
カラカラでの写真展の期間中に上映が5つ、写真展が4つ。
結構なボリュームで分かりにくい企画となりました。笑
大西さんにも分かりにくく困らせちゃってると思います。すみません。

5つの上映を一つのイベントして予算を出してみました。
全ての会場が基本的に無料提供として、またチラシのデザインなども全てボランティアにしました。それでも映画の配給に支払うお金やあれこれ含めるとかなりの赤字になることが判明。笑
 
困ったな、と思っているところに、
就労支援カフェ ホリデーを運営しているNPO法人那須フロンティアの遠藤さんから、法人内での話し合いの結果、20周年記念事業として全ての経費を持って下さることをご提案くださり、有料上映の予定も 無料上映となったのです。

これには「オキナワへいこう」の映画の内容と大きな関わりがあります。

20181010006.jpg

「オキナワへいこう」2018年 82分
 配給:kokoima ココイマ

宇都宮の上映会ではまだ完成していなかったので、最後までは見られませんでしたが、大阪にある浅香山病院精神科病棟に長期入院している患者さんの中の物静かな女性が、テレビでみたキレイな沖縄の海を見てみたい、という ひと言から話ははじまります。
みんなで沖縄へ行こう!計画です。
楽しみな旅行準備は進み、病院に外出許可を取ろうとしたところ許可がおりません。そして、長期外出するには一度退院して、もう一度再入院という形を取らなければならいないというのです。「退院」という言葉を怖れ、沖縄には行かない、と言い出す彼らの表情は、何かを物語っていると思いました。彼らは何十年も病院内で暮らしているのです。

精神科病院数世界一の日本。イタリアのトリエステでは精神科病院を廃止し、日本のように何十年も病院で暮らさなくてはいけないという状況はないそうです。なぜ、日本はそうなのでしょうか。
 
僕が育った街にも大きな精神病院がありました。
窓には鉄格子があり、小学校では時折奇声を聞いたという話が上がり、クラスで落ち着きがない子供は先生から、お前は〇〇病院に送るぞ、という言葉も聞いたことがあります。
誰かが作った概念によっても、差別が生まれます。
僕らの住むコミュニティの方がよっぽど怖ろしい世界なのかもしれない。
 
今回、NPO法人那須フロンティアの活動を知ったのですが、
精神障害者が働きながら社会で自立していたくために、家族や医療従事者、スタッフと連携して就労支援している団体です。
映画「オキナワへいこう」を、一人でも多くの方に見てもらいたいという気持ちから無料上映になった、という気持ちが伝わりました。
 
 
大西暢夫さんの「人」への眼差しは、他の作品にも共通して見られます。
障害を持つ人たちのアートや、ダムに消えて無くなる村の人々の暮らしの中にも。


20181010003.jpg

殻々工房で開催中の写真展「水になった村」は、岐阜県の徳山村にできた大きなダムの底に沈んだ村で、ダムに沈むギリギリまで村で暮らしたいと空き家と自然だけが残った村に舞い戻ったおじいちゃんとおばあちゃんたちの姿です。
家によっては電気もない小屋で寝食しながらも、自然を相手にした活き活きとした暮らしの15年間に渡る記録です。
森林ノ牧場での写真展は「山里にダムがくる」。こちらは日本全国で現在も続いているダム建設計画のうらにある人の暮らしが映されています。

僕はまだ不勉強でダムの本当の必要性や是否を問うまでの理解がありません。菅聖子 著・大西暢夫 写真「山里にダムがくる」のなかでも、計画当時、ダムができることをポジティブに捉えている地元の若者も描かれています。
ただ、大西さんの写真は、自分たちで決めてないことが自分たちの暮らしを変えてしまうことがあって、それは人の愛着や思い出だけでなく暮らしをも奪うことになるかもしれない、ということを、想像ではなく現地での写真で感じさせてくれます。

「水になった村」は映画化(配給 ポレポレタイムス社)され、第16回EARTH VISION 地球環境映像祭 最優秀賞受賞を受賞しました。写真展期間中は「水になった村」のDVDとパンフレットも販売しています。
また期間内、大西さんの著書も多数お預かりしていますので、ぜひ手に取ってご覧下さい。(食べながら読んで汚さないでね)
 
 

20181010004.jpg

お預かりしている本のなかに「水になった村」の徳山村の生活記「僕の村の宝物」がありました。
これは僕も持っているな、と思って手に取ると頁がとてもめくりやすい。
そしてプロローグが違う。
自分が持っているのを持って来て見比べると僕が買った中古本は初版で1998年、大西さんのは2006年の第2版だからプロローグでは、徳山村はもうダムに沈んだと過去形になっている。
さらに読み進めようと頁をめくると、大西さんによる校正のあとがぎっちり書き込まれている貴重なものでした。
大西さんは、こんな大切なものをよく何も言わずに置いて行ってくれたものだ。
ダムに沈んだ第2版のあとも、この話は見直す必要がまだある、という大西さんの真摯な態度が手から伝わってきます。
 
 

20181010002.jpg


大西暢夫 写真展「水になった村」の会期は11月24日(土)までです。


最後まで読んで下さったのは極々少数だと思います。笑
精神病とかダムとか聞くと重そうで面倒くさそうでしょ。でも普通に暮らせていたら見ることのできない部分を見せてくれていて、その写真の奥には人間の問題が見えてくる。
僕も人間なら、それは僕の問題でもある。
何か行動を起こしてほしいとは思ってません。考えてもらいたいだけ。
ご高覧いただけたら幸いです。

2018年10月16日

大西暢夫「オキナワへいこう」上映会 in 殻々工房 無事終了しました!

20181015001.jpg

14日(日)、大西暢夫さんお越しいただき、NPO法人 那須フロンティアの遠藤さんはじめスタッフの方々のご協力のもと無事に「オキナワへいこう」の上映会が終了いたしました。

昼には黒磯駅前カフェホリデーさんでも上映があり、どちらも満員御礼!
ご来場くださった皆さま、誠にありがとうございました。

ひと月くらい先になりますが、
11月21日(水)の昼に旧朝日小学校の那須まちづくり広場、夜にギャラリーバーン、
11月23日(金)勤労感謝の日に、もうひとつの美術館でも上映があります。

どの会場もカラカラの倍くらいの収容人数があります。
先日の上映をご覧くださった皆さまも、ひと言、お友達に勧めていただけたら幸いです。

 
余談ですが、
上映会では椅子が足らないのでギャラリーバーンの清野さんからパイプ椅子をお借りしました。

20181015002.jpg

こんな感じ。

古いパイプ椅子なので ひと回り小さく、数が置けます。
それにお手製の布を被せて使うスタイル。
背もたれにはチラシも入ります。
よく考えられてますね〜♪

今さっき、お返ししてきたところです。

これでちょっとひと段落、那須は肌寒くなってきましたよ。
山の上のほうでは雪虫がちらほら。

faccebook.jpeg karakarafactory

About 殻々工房 karakarakobo

ブログ「KARAKARA-FACTORY」のカテゴリ「殻々工房 karakarakobo」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリは那須温泉アートアパートメントです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34