Main

Whisky ウィスキー ARCHIVES

2016年09月17日

メーカーズマークMaker's Mark

20160917001.png


メーカーズマークMaker's Mark....45ml 600yen


メーカーズマークの蝋封は全て手仕事で 昔はそれが3人の女性しかいないという話がありまして、その垂れ方を見ながら、これは....キャサリンのだな、とか言ったりする習わしが飲み屋にありました。
何ケースかに1本の割合でこのような垂れすぎが入っているという話もありまして、僕もその1本をゲットしてキープしているのです。
これは.......二日酔いのダグおじさんがやったんですかね(笑

そういえばインポーターがまだ明治屋さんだった時にメーカーズの勉強会に参加しまして、当時のマスターディスティラーが来日しての講義を聞いたことがありました。
最後には蝋封(ディッピング)体験があってやってきたのですが、
自分のは蝋の量が少なくてなんか意気地無しな感じになっちゃったっけ。
身の丈だわ。

2016年09月23日

レアパーフェクション14年 Rare Perfection 14y Rye

20160923001.png

レアパーフェクション14年 Rare Perfection 14y Rye....45ml 1200yen


このブログのお酒のエントリーは何の役にも立たないもの、と思っております。
これほど役に立たない情報はないかと思いますが、完売のお知らせです。
もうボトルを見ることもないので記念撮影。

レアパーフェクションはどことなく上品で柔らかく樽の香りも程よく深い美味しいライウイスキーでした。
これが好きでいつも飲んでらした方がいたので、終売してからは見えないところに置いておきましたがちょっとずつ減っていよいよ完売。最後の方はちょっとアルコール抜けちゃったかな。それでも美味しいと思えるウイスキーでもありました。

さ、また美味しいウイスキーを探さなくっちゃね。

more...... "レアパーフェクション14年 Rare Perfection 14y Rye " »

2017年02月22日

スコッチウィスキー蒸留所見学/ グレンゴインGLENGOYNE

20170220001.jpg

エディンバラからウイスキー蒸留所を回るバスツアーに参加してグレンゴイン蒸留所に到着。
この蒸留所へはグラスゴーからの方が近いみたい。

建物の奥にあるごろっとしたジャガイモのような山が印象的。

20170220012.jpg

創業1833年、仕込み水を引いた小川が流れていた丘の名前がダムゴインというそうで、かつてはダムゴイン蒸留所と名乗っていたそうだ。ダムゴインは鍛冶屋の丘、グレンゴインは鍛冶屋の谷、という意味なのだそうだ。

周りには何もない静かな場所に佇む美しい蒸留所でした。

20170220002.jpg

まずはビジター用のレセプションで見学受付。
2杯分のテイスティン付きガイドツアーが10ポンド。

そこからゲストハウスへ。

20170220003.jpg

まずはウェルカムドリンクとしてグレンゴインの10年。
日本から来たということで日本語の解説をいただきました。気持ちが嬉しいです。

20170220004.jpg

奥に小さく見える滝から流れる水を貯め蒸留後に冷却水にしているそうです。
この蒸留所はスコットランドを南北に分けるハイランドとローランドの境界線上にあります。仕込み水がハイランドから流れ出ているため、分類としてハイランドモルトとなっているそうです。

ここから先、実際にウイスキーを作っている建物の内部は撮影禁止とのこと。
ガイドの説明を聞きながら蒸留の手順をなぞります。

20170220005.jpg

ポットスチルのある部屋から外に出たところで、
このドアの外からなら写真を撮ってもいいですよ、とのこと。

一番左の大きな蒸留機と、その右に一回り小さい再蒸留機が3つ並んでいました。

蒸留までの現場から見学者用の場所に移動します。

20170220006.jpg

樽熟成について分かりやすく作られています。
ヨーロピアンオークやアメリカンオークなど、
どの木を使った、どのサイズの樽で、どのくらい熟成させると、どうなるのか、ということです。

20170220007.jpg

ピートを焚かない分、この樽熟成によるアロマが活きてくる。
ピートを焚かない、ということにこだわりを持っているように思います。

麦の甘みと樽の香りにこだわりをもつグレンゴインに愛着を持ちました。

20170220008.jpg

天使の分け前ですね。
あ、グレンゴインの17年。
かつては日本でも見ましたが今は終売で買えない銘柄ですね。
まさに、飛んでいっちゃった。笑

20170220009.jpg

ショップに移動して2度目の試飲。
グレンゴインの12年だったかな。
それほど特別な試飲ではありませんでしたが、記念になります。

ここでは蒸留所の樽から目の前で直接瓶詰めしたものを購入できます。
樽は決まっているようで、この日はバーボンバレル。
所謂カスクストレングスですから度数は55度くらい。
お値段、1本85ポンドでした。

20170220010.jpg

ちょっと時間があったので、最初に見た滝の近くまで......あ、バスが出ちゃう。
バスツアーっていうのは、時間の使い方が不自由ですね。
でも自分で運転してくると試飲させてくれないし、道にも迷わないし。
午後は違う蒸留所へ。

20170220011.jpg

とても美しい蒸留所でした。

今、カラカラでは、ゴレンゴインの10年、12年、21年を期間限定のお土産価格で提供しています。グラスに注ぐ度に蒸留所の風景を思い出しながら。

2017年02月24日

スコッチウィスキー蒸留所見学/ ディーンストンDEANSTON

201702202001.jpg

ティース川の畔りに建つ、ハイランドモルトのディーンストン蒸留所です。
日本ではディーンストンはあまりメジャーではありませんよね。
ウィスキー蒸留所としての創業は1965年、1972年にインヴァーゴードンが買収した後しばらく創業停止となり、1991年にバーンスチュワートが新しいオーナーとなり創業再開となったそうで、建物の雰囲気の割には歴史のまだ少ない蒸留所だからなのかもしれません。

しかし、ここがウイスキーを作る前は1785年創業の歴史ある紡績工場でした。
設計はリチャードアークライト、産業革命の父だそうで、水力自動紡績機を発明した発明家でもあり、この建物は産業遺産として意味のある建物でもあります。
現在、この5階建てはウイスキーの貯蔵庫になっています。

201702202002.jpg

蒸留所の目の前を流れるティース川です。
紡績にもウイスキー作りにも大量の水が必要という共通点から、
1950年代に閉鎖されたこの紡績工場のオーナーとグラスゴーの蒸留業者によって蒸留所に改造されたそうです。

201702202003.jpg

あの白い泡のあたりポイントじゃない?
蒸留所内の掲示板に釣りイベントの告知があったから、春になるとこの川にも釣り人が入るのかな。

201702202005.jpg

工場スタッフのガイドによるツアーです。
はじめに映像で蒸留所の歴史が紹介されました。

201702202006.jpg

まずは樽の説明から。
ディーンストンはとてもシンプルな作りかたをしている印象を持ちました。

201702202007.jpg

いい眺め。

201702202008.jpg

それにしても渋い建物です。

201702202010.jpg

マッシングタンクです。ほぼ満タン。
ステンレス製ではなくスチール製でフルオープンというのが素敵。
ステンレス槽に比べて一回の量が少なくなるそうで、時間もゆっくりなのだそうです。
でもその方がクリアなものができるみたいです。

201702202011.jpg

発酵槽。
僕は日本酒をあまり飲まないのですが、共通した香りですよね。

201702202012.jpg

グレンゴイン蒸留所では撮影禁止だったのですが、
これは記憶を整理する上でとてもありがたいです。

201702202013.jpg

樽詰め完了。

more...... "スコッチウィスキー蒸留所見学/ ディーンストンDEANSTON" »

2017年03月23日

スコッチウィスキーエクスペリエンス The Scotch Whisky Experience

20170320001.jpg

エディンバラ城のすぐ近くにあるスコッチウイスキーのミュージアム、
スコッチウィスキーエクスペリエンスThe Scotch Whisky Experience。

試飲付きツアーが2種類、モルト1杯つきのシルバーと5杯つきのゴールド。
他にもレストランでの食事付きなど選べるようで、オンライン予約もあります。

5杯つきのゴールドにしようと思ったのですが、
この日は急な冷え込みで雪がちらついてきたこともあったのか、とても混んでいて、シルバーのみの受付とのことでした。
飲みたい人はツアーの最後にバーがあるので、そこでテイスティングセットを注文できるとのこと。
トータルの代金は変わらないみたいです。
よくわかりませんがシルバーチケットを購入して、いざ!

先ずはアトラクションのような電動のゴンドラに乗って、多言語対応の音声ガイドを聴きながらウイスキー作りの基本的な説明を聞きます。

20170320002.jpg

このアトラクションのようなゴンドラの部分のみ日本語対応ありでした。
流されながらの解説を聞くのであっという間に終わります。

20170320003.jpg

順路に沿って進みます。
ウイスキー蒸留所には猫ですよね。
穀物保管の敵、ネズミを捕まえてくれますからね。

20170320004.jpg

世界中で飲まれているスコッチウイスキーについて、
ガイドの説明を聞きてから、
その香りや個性、産地による特徴などをイメージさせる動画を見ました。
30人くらいで満席となり入室制限がありました。
終わると次の部屋へ全員で移動します。

20170320005.jpg

試飲の部屋です。
スコッチの産地別の香りの特徴を表すカードとグラスが配られました。
カードには、スペイサイド、ハイランド、ローランド、アイラ、キャンベルタウンに色分けされた丸があり、それを擦ると香りがします。
自分の好みの香りの色と同じ色(産地)のライトの下にグラスを置くように言われました。
レインボーカラーはブレンデッドです。
僕はアイラが飲みたい気分だったので、アイラの場所に置きました。
スタッフの方がグラスにそれぞれのウイスキーを注いでいきます。

ウイスキーの入ったグラスを持って、全員で次の部屋へ移動します。

20170320007.jpg

このツアーの見どころのひとつ、ウイスキーコレクションです。
ここでグラスに注がれたウイスキーが明かされます。
アイラはカリラでした。

ここには4000本近いウイスキーがあるそうです。
ウイスキー好きならここでゆっくりしたいところですが、次のグループが来るので早く出るよう促されます。笑

この部屋を出たところのバーコーナーでツアー終了。
まだ飲みたい人はここで飲んでね、という感じです。

20170320008.jpg

テイスティングセットをいただきました。
スペイがベンリアック、ハイランドがオールドプルトニー、アイラがラフロイグのセレクト、ローランドがキンチーでした。

20170320009.jpg

カフェ的な明るい空間です。
みんな楽しそう。

日本人のウイスキーファンは割りとマニアックですから、ここですごいレアなものが飲めるという印象はありませんが、疲れててもウィスキー飲むと生き返るよね。笑

この部屋を出ると併設されたウイスキーショップに出ます。
もちろん免税手続きしてくれるようです。
公式サイトにオンランショップもあるので、そこで大体の在庫が見られます。
実際は、エジンバラでウイスキーを買うより日本で買ったほうが何故か安いので何も買いませんでしたが、日本には一時的な並行輸入しかされなかったエドラダワークリームとかまだ普通に売ってるので、お土産にはそういうのも喜ばれるかも。

more...... "スコッチウィスキーエクスペリエンス The Scotch Whisky Experience" »

faccebook.jpeg karakarafactory

About Whisky ウィスキー

ブログ「KARAKARA-FACTORY」のカテゴリ「Whisky ウィスキー」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはRum ラムです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34