Main

MOVIE ARCHIVES

2007年04月06日

DOWN BY LAW

20070406100.jpg


1986年のジム・ジャームッシュ作品。
トム・ウェイツ、ジョン・ルーリー、ロベルト・ベニーニ主演。
なんとなくタイトルだけは知っていて、なんとなく見る機会もなく、ある日なんとなく手に取って見たら、映画の凸と自分の凹がピッタリ合った、なんてことがたまにある。
好きな映画がひとつ増えた。

more...... "DOWN BY LAW" »

2007年06月02日

SSFFin那須がボランティア募集!

20070602001.jpg

今年もショートショートフィルムフェスティバルが那須にやって来ます。
会期は7月17日(火)〜22日(日)なのだそうで、ボランティアスタッフの募集もはじまりました。もちろん私もボランティアとして参加しまーす。那須近隣にお住まいの皆さま、ぜひ。SSFFin那須のサイト内から応募出来ます。
ボランティアスタッフ募集

more...... "SSFFin那須がボランティア募集!" »

2007年07月18日

ショートショートフィルムフェスティバル特別上映in那須2007

20070717100.jpg今年もショートショートフィルムフェスティバルの那須での特別上映がはじまりました!

今回は白河と大田原での先行上映を終え、霧の中のメイン会場、南ヶ丘牧場でのオープンニング。那須の手作りアルペンホルンの会の方達の音色とヤギの声でスタートしましたメーーー♪
これから22日(日)まで那須はショートショートに染まります。

今年、映画を見てから店に来てくれた方達の話によると去年よりもなかなか面白いプログラムになっているそうで、内容も期待大です。
個人的にはドイツプログラムも見てみたいなぁ....私もチケット購入しました!

余談ですが、金曜日以外の午前中はボランティアスタッフとして南ヶ丘にいる予定ですm(_ _)m 会場でお会いしましょう!

2007年07月30日

MAGNUM PHOTOS 世界を変える写真家たち

20070729101.jpg
竹橋でのアンリ・カルティエ=ブレッソン展で見つけたチラシで、今冬、恵比寿ガーデンプレイス内の東京都写真美術館ホールにてマグナムフォトのドキュメンタリー映画が上映されることを知りました。
まだ夏の走りですから鬼が笑っちゃうかもしれませんが...チケット発売中だそうです。

2007年08月30日

ジェイミーのグレート・イタリアン・エスケープ

20070813100.jpgイギリスのアイドルシェフ"ジェイミー・オリヴァー"がスローフード発祥の地・イタリアを車で巡るドキュメンタリータッチのTVバラエティー番組のDVD、"ジェイミーのグレート・イタリアン・エスケープ"2枚組(1枚に3話づつ)でTSUTAYAでは1枚づつの貸し出しでした。
ジェイミー・オリヴァーって、はじめて見たけど、いつも明るく体当たりでジャッキーチェンのように陰の無い感じの料理人だなぁ。人気があるのもうなずける。
もちろん出て来る料理はみんな美味しそうで、どのくらい脚色があるのか分からないけれど、ファーファの修道院の食生活を見るため寝泊まりしたり、マルケの狩猟と調理が自然に一体化しているスローっぷりに触れたりと、等身大なリアクションのジェイミーを通して見ていて、とても面白かったと同時に羨ましくなりました。行ってみたくなっちゃうな。

more...... "ジェイミーのグレート・イタリアン・エスケープ" »

2007年09月15日

オランダの光

20070907001.jpgオランダの光

2003年・オランダ映画
製作・監督/ピーターリム・デ・クローン
脚本/マールテン・デ・クローン+ヘリット・ウィレムス
撮影監督/パウル・ファン・デン・ボス
編集/アンドレ・デ・ヨング+シール・ミュラー
出演/ジェームズ・タレル(米現代美術家)他

学生時代の記憶が正しければ、ルネッサンス以前のヨーロッパでは自然を愛でて風景画を描くという感覚はなく、森の中の暗闇には悪魔が棲むとして木を切り光を入れ、どんどん森を開き街を作っていたような。イタリアでルネッンスが起こり背景としての自然が描かれるようになり、その絵画の流れがドイツやフランスに影響を与えたのが16世紀、そして17世紀のオランダ絵画から初めて"風景画"が美術史に登場する訳で、"Landscape"の語源であるドイツ語の"Landschaft"には当時、風景という意味は含まれていなく、オランダ語の"Landschap"(ランスハップ)が絵画用語として"風景"という意味を持たせたのが、風景画のはじまりなことからも頷けること。
なぜ、オランダ人(フランドル)の画家はそれまでの人物中心の絵画から風景に目を向けたのか。その絵画は豊かな光に満ちている。それは19世紀に入り"オランダの光"伝説として世界に広まり、ヨーロッパやアメリカの画家達はそのフランドル絵画に描かれた光を求めてオランダの地を訪れたのだそうだ。
20世紀のドイツの現代美術作家、ヨーゼフ・ボイスの言葉を基に、光の捜索、実験、検証が行なわれる。それはエイセル湖の開拓によって"オランダの光"は失われた、というもの。果たしてエイセル湖はオランダの光にどのような影響を与えていたのだろうか。
DVDが発売された時に見たかったのだけれど、購入を躊躇っているうちに忘れてしまって、先日TSUTAYAで見つけて借りてきたのでした。
ジェームズ・タレルの最大の作品でありライフワークの"ローデン・クレーター"の映像もみられます。
映像は美しく、時間がたっぷりある午後にコーヒー飲みながらゆっくり見たいDVDです。

more...... "オランダの光" »

2007年09月24日

Cherry Pie

20070920100.jpg←Open!
厨房長のおやつを買いに寄ったパン屋さんのレジ横にチェリーパイがありました。
チェリーパイを見たら軽い興奮を胸の高いところで感じ、このときめきは何だ!
アメリカ映画でよく目にするチェリーパイ。僕はそれを食べてみたくてしょうがなかったのでした。

more...... "Cherry Pie" »

2008年01月15日

カフカの「城」

20080111001.jpg脚本・監督:ミヒャエル・ハネケ
原作:フランツ・カフカ
出演:ウルリヒ・ミューエ、スザンネ・ロータ 他
.................................

オーストリアの映画監督ミヒャエル・ハネケが、カフカの未完の長編小説「城」を原作に忠実に映像化した作品。僕は学生の頃カフカを好んで読んだのに「城」はまだ読んでいない。だから「城」を読んだ時に頭に広がるだろう情景を知らないのに、この映画はまさにカフカを読んでいるときの風景だと思わせる。主人公や登場人物は期待を裏切らず美男美女ではない、そして程よく疲弊している。城の映像はひとつもないのに、雪深いその村にあるだろう城はとてつもなく大きな存在感を持つ。まるで城の頂上は雲の上で見えないくらいに遠く感じさせる。
そして、この物語は未完だから映画もいきなり終わる。そうなんだ。カフカを読んだ後って放ったらかしにされたような気分になる事がある。この原作はもともと未完だから、その放ったらかされ感が強い。.......また読みたいな。

2008年01月22日

ナチョ・リブレ

20080115100.jpg監督・脚本/ジャレッド・ヘス
製作・脚本/マイク・ホワイト
脚本/ジェルーシャ・ヘス
音楽/ダニー・エルフマン

出演/ジャック・ブラック
アナ・デ・ラ・レゲラ
ヘクター・ヒメネス
セサール・ゴンザレス
..................................

あー、おもしろかったー。

2008年01月25日

マグノリア

20080115200.jpg監督・脚本/ポール・トーマス・アンダーソン
製作/ジョアン・セラー、ポール・トーマス・アンダーソン
撮影/ロバート・エルスウィット
編集/ディラン・ティシュナー
出演/ジェレミー・ブラックマン
トム・クルーズ
メリンダ・ディロン
フィリップ・ベイカー・ホール
フィリップ・シーモア・ホフマン
ウィリアム・H・メイシー
ジュリアン・ムーア
ジョン・C・ライリー
ジェイソン・ロバーズ
メローラ・ウォルターズ、他
...................................

"車止め"で思い出したこの映画のワンシーン。ウィリアム・メイシー演じるかつての天才少年が落雷で馬鹿呼ばわりされるまでになってしまったおじさんドニー。彼は駐車場の車止めを当てにしたが止まれず豪快に店のガラスを突き破る。それが淡々と描かれているので、これは日常的な失敗の1つなんだと登場した時点で分る。映画はドニーを含め、悩みを抱えた約10人の男女の24時間がある繋がりを持って巧みに構成されている。あっという間の3時間。ちょっと前にDVDをレンタルしました。リンクしたのは"車止め"だけでなく、先日宇都宮の公園で目に止まった木もそういえば"マグノリア"、そして後半では大量の""も降ってくる。なかなかタイムリーな映画だった。

2008年01月26日

ロッキー気分で原木の片付け

20080126001.jpg
きのう"ロッキー・ザ・ファイナル"を見たからだと思う。今日は無性に力仕事がしたかった。車の駐車スペースに放り出してあった2mの原木を庭の端に積んでみた。雪の中の原木移動。そして「うおぉぉおーーー!」と叫んでみた。何か作った訳ではない。ただ移動させただけ。

more...... "ロッキー気分で原木の片付け" »

2008年02月05日

那須アワード2008

20080205001.jpg"フィルムのまち 那須"を目指す、那須フィルム・コミッションが、全国の若い映像作家や那須周辺で映像を作る若い人たちへ、気軽に応募できるコンペティションとして"那須アワード"を設立。今年もその作品を募集している。作品は25分以内のショートフィルムに限定。
最優秀賞には賞状と賞金30万円、 特別賞 の"那須賞"には、賞状と次回作を那須で撮影するためのスカラシップ(撮影支援金20万円、撮影に要する那須滞在費(上限10万円)の支援、撮影に必要な那須フィルム・コミッションの支援)が用意されている。
若い、と言っても年齢制限は記されてないようですね(^^; どうですか、みなさん。
今年の締め切りは2月28日まで。

2008年02月18日

アズールとアスマール

20080201001.jpg原作・脚本・台詞・デザイン・監督/ミッシェル・オスロ
音楽/ガブリエル・ヤレド
日本語版監修・翻訳・演出/高畑勲
字幕翻訳/豊川恵実
....................................................

とても良い映画を見た。3Dと2Dとの混合、眩いくらい色彩豊かで美しい画面は、絵本の頁を捲るようで、気がついた時には物語の世界に引き込まれている。ミッシェル・オスロ監督、原作・脚本のフランスのアニメーション。しかし見終わったあと心に残ったのは映像よりも"差別"というテーマだった。

more...... "アズールとアスマール" »

2008年04月04日

那須SSFF2008

20080404100.jpg
今年もショートショートフィルムフェスティバル&アジアが那須にやって来ます!
6月21日(土)〜29日(日)までの9日間、那須はSSFFに染まることでしょう。昨日、ホテル・エピナール那須で開催についての説明会があり、そこでまたボランティア登録してまいりました!期間中の宿泊パックなども計画中とのこと。現在、開催期間中のボランティア(←ボランティアは映画も見られるよ♪)、映画祭スポンサー、チケット販売、ポスター掲示・パンフレット配布、などなどしてくれる方を募集中なのだそうだ。
詳細はまだなのですが、6月25日(水)は上映イベントの一環として、殻々工房が一夜だけのシネマバーになる予定だよ。光栄なことなのだぁ。
ボランティアなど、興味のある方は那須ショートショート実行委員会まで。

那須ショートショート実行委員会
http://www.ssff-nasu.jp/

2008年06月01日

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2008特別上映in那須・前売りチケット発売開始!

20080530100.jpg20080530101.jpg
いよいよ「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2008特別上映in那須」(←長いので以降SSFF那須にします(^^;)の前売りチケットの発売が開始されました!チケットは公式サイトから郵便振替で購入出来ますが、那須のあちらこちらで販売中。もちろん殻々工房でも取り扱っています。
6月25(水)の殻々工房での上映イベント「シネマバー」は会場が狭いためスクリーンサイズも小さくなります。じっくりと作品をご覧になりたい方には他の会場の方がオススメですが、シネマバーには通常のチケットにワンドリンクが付くというお得なシステム!映画祭の雰囲気を楽しみたいという方はぜひご来場ください。背もたれ付きの席には限りがありますので着席希望の方は那須ショートショート実行委員会までメールでご予約ください。もちろん、予約なしの当日券ででも入場できスツール席も用意してありますが、スタンディングの場合も考えられます。カウンターにもたれながらドリンク片手に映画を見る、それもまたシネマバーっぽくて良いものです!お楽しみに(^_^)

那須ショートショート実行委員会
mail→ info@ssff-nasu.jp

2008年06月20日

いのちの食べかた・那須上映会

20080615100.jpgいのちの食べかたの上映会が7月9日(日)に那須町のゆめプラザ・那須 で催されます。主催は那須 食卓の会。料金はなんと300円(しかも中学生以下は無料)。
「那須 食卓の会」の活動の一環として那須で上映される事になったそうだ。もちろん、僕もチケットをゲットしました。みなさんも、よろしかったら。

詳しくは「那須 食卓の会」まで。
http://www.nasu-shokutakunokai.com/website/

2008年06月21日

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2008特別上映in那須がはじまりました!

20080621001.jpg
昨日の宇都宮での先行上映を終え、いよいよ那須でのメイン会場、南ヶ丘牧場からSSFF那須がスタートしました!
見事に天気予報を裏切っての夏日。昨年に引き続き、那須のアルペンホルンの会の皆さんのファンファーレが南ヶ丘に鳴り響きました(^_^)
僕もボランティアスタッフとして出来る限り会場に行きたいと思います!....すでに寝不足だったりするぅ(^_^;)

2008年12月18日

迷子の警察音楽隊

20081217001.jpg見終わった時、じんわりと胸の奥が温まっていた。それから僕はチェットベイカーのマイファニーバレンタインが聞きたくなったし、マイファニーバレンタインを聞くと、この映画の事を思い出した。

物語はエジプトのアレクサンドリア警察音楽隊がイスラエルの空港に降り立った所からはじまる。何かの手違いで空港に迎えが来ない。解散の噂もあるその音楽隊は自力で目的地に向かおうとするが、言葉が解らないから一文字違いの全く違う場所に行ってしまう。ホテルもないその異境(異教)の地で、地元の食堂の女主人とそこの常連客の世話になりながら一夜を過ごすワンナイトストーリーだ。

穏やかでハートウォーミングな映画ではあるけれど、エジプトとイスラエルといえば、アラブとユダヤの関係がある。それはこの物語の大切な部分だ。イスラムとユダヤという宗教的な違いと、あまりに長い間戦い続けた(ている)という事実による両者の確執を、政治的、宗教的、経済的な力ではなく、文学的に融和させているように思う。地味なユーモアにも溢れているし、登場人物も魅力的で、いい映画だったな、と思った。

2009年05月27日

那須ショートフィルムフェスティバル2009

20090526300.jpg
今年も那須に国際短編映画祭がやってきます!
去年までは米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」の国内ツアーのひとつ"特別上映in那須"として開催されてきましたが、今年からは那須独自の短編映画祭「那須ショートフィルムフェスティバル」としてスタートしました!より那須高原らしい独自の映画祭を目指して一歩前進、という感じですね(^_^) 
6月27日(土)〜7月5日(日)までの9日間、那須での映画祭が楽しみです。
映画祭のパンフレットも出来上がり前売りチケットも発売!観るだけでなくスタッフとして参加したいという方にはボランティアスタッフの募集も始まっています。
今年もメイン会場は南ヶ丘牧場バイカル2F。そして今回もナイトスクリーン会場は、ホテルエピナール那須・森のチャペルはじめ、山水閣・別邸回二期倶楽部・観季館と魅力的な会場が空間が用意されています。うーん、楽しみですぅ(^_^)
昨年に引き続き、今年も1日だけ殻々工房もナイトスクリーン会場の1つになります。何せ狭いので着席予約(スツール席は自由)には限りがありますが、スタンディングの方もワンドリンク付きですのでパブで映画を観るように楽しんで頂ければと思いますm(_ _)m

第4回那須国際映画祭
NASU SHORT FILM FESTIVAL 2009 6.27.sat - 7.5.sun
http://nasu-filmfest.jp/

前売りチケットの販売所はこちら(殻々工房でも販売中←2枚以上お買い上げの方にグラスビールorグラスワインをプレゼント)
http://nasu-filmfest.jp/ticket/index.html

ボランティアに参加してみよう、という方はこちら
http://nasu-filmfest.jp/volunteer/index.html

2009年06月27日

那須ショートフィルムフェスティバル2009

20090627001.jpg20090627002.jpg
可愛いロバの「クロマル」くんのテープカットにより那須での国際短編映画祭「那須ショートフィルムフェスティバル2009」がスタートしました!
これから7月5日までの9日間、映画祭を楽しみましょう!

more...... "那須ショートフィルムフェスティバル2009" »

2010年01月08日

THIS IS IT

20100107200.jpg

那須塩原(旧黒磯市)に新しく出来た映画館に初めて行ってきた。
以前、黒磯に小さな映画館があったのは知っていたけど、そこも閉鎖してからは、最寄りの映画館と言えば宇都宮か郡山で、映画を身近なものとして楽しむには物理的な距離がそれをレンタルDVDへと移行させていた。
この映画館は「フォーラム那須塩原」という。25年前に山形の映画ファンが地方では観ることができない映画を観客の手で上 映しようと「市民の映画館を建設する会」を結成し、100席と50席の小さな映画館を造ったのが始まりで、現在、山形、仙台、福島、 盛岡、八戸の東北5都市で映画館を運営しているのだそうだ。大手のシネコンとはちょっと違うということがそのホームページに書かれていた。

昨年末、僕はMyPlaceのエントリーで"THIS IS IT"のことを知った。
見に行きたかったけど、東京まで行かなきゃいけないと思っていてスケジュール的に無理だと思った。宇都宮でも見られるのを知った時には、その週が最終で、凄く良かったという周りからの評判を聞きながらも、見に行くことが出来なかった。
今回の地方上映で、フォーラム那須塩原にも"THIS IS IT"が来るのを知って、これは行かなきゃ!と思っていた。
しかも、僕らの仕事が休みの木曜日は「カップルデー」なのだそうで、2人で2000円で見られる(^_^)v  昨日、念願のスクリーンでの"THIS IS IT"を見ることが出来た。

この映画はリハーサル風景だけどライブを見ているような感覚だと聞いていたから、ぜひ映画館のスクリーンで見たいと思っていた。視界一杯をスクリーンで満たしながら見上げたMichael Jacksonは優しくて穏やかだった。評判通りの感動を与えてくれる映画だった。
僕は中学から海外の音楽を聞くのが好きになり、その頃のベストヒットUSAやMTVで見るPVは毎週ドキドキものだった。その頃だった思う"Thriller"のPVには驚いたし、"Beat It"にEddie Van Halenが参加したのも凄いことのように思った。映画"THIS IS IT"の中でも"Beat It"のリハーサルがあった。金髪の女性ギターリストOrianthi PanagarisのソロはEddie Van Halenのそれ、そのもので、格好も良かったし、とても懐かしくも感じた。
そうなんだ、映画を見ている間じゅう感じていた、懐かしさの中に、ライブと音楽への完璧を目指す緊張感が伝わってきたのが僕には心地良かった。

映画館を出た駐車場で「ポォーーーーー!」を叫んだのは言うまでもない。

"THIS IS IT"のHPで、その女性ギターリストOrianthiオリアンティのデビューアルバムが発売されるのを知った。そのページの中では彼女の名前よりも「マイケルジャクソンのギターリスト」というような文字が目立つのがちょっと気になったけど(^_^;

more...... "THIS IS IT" »

2010年01月29日

アバター3D

20100128001.jpg

黒磯の映画館でavatarアバターの3D版を見て来ました。
3Dって、す、す、す、凄いのね(^_^;
迫力ありそうな映画はやっぱりDVDじゃなくて映画館のスクリーンで見たいな、と思って行って来たんだけど、3Dって言ったら、赤と青のセロファン眼鏡掛けて見るのしか知らなくて......今はこんなシンプルなサングラスみたいなのなのね.....まぁー、ド迫力でした。字幕読むの大変そうだから吹替え版で見ちゃった。
眼鏡を掛けたり外したりしてみたら、画面上で一番手前に見える部分にピントが合っていて、それよりも奥に行くほどピントがズレているみたいだったな。
本編前の予告から3D.....これからはどんどん増えるんだろうなぁ。

アバターに出て来る軍曹がコテコテで.....戦闘機に乗りながらマグカップでコーヒー飲んだり.....ちょーーウケたーー!

2010年03月10日

シリアの花嫁

20100310001.jpg
エラン・リクリス監督「シリアの花嫁」を見た。
舞台はゴラン高原のマジュダルシャムス村。ゴラン高原は、西にイスラエル、東にシリア、北にレバノン、南にヨルダンと接しており、もとはシリアの領土だったのを1967年の第三次中東戦争によりイスラエルに不当に占拠されたのだそうだ。ゴラン高原の住人はもちろんシリア人で、イスラム教の少数派であるドゥルーズ派。彼らはゴラン高原はシリアであり、自分達はシリア人であることを主張し、民族の誇りから占領下に置かれてもイスラム国籍を取得することを拒んだことから国籍を失い、現在も無国籍の状態にあるという。
ドゥルーズ派シリア人は民族間で結婚をする習わしがあるという。しかし、ゴラン高原に住む無国籍の人間が、境界を越えシリアに住む同族と結婚しシリア国籍を取得すると、もうイスラエル占領下のゴラン高原には戻っては来れない。民族の誇りと、イスラエルとシリアをいう、国交が無くお互いの国を承認しようとしない政治的な問題が絡んでいる。同族というだけで話もしたことの無い相手と結婚する花嫁はその結婚が幸せであろうとなかろうと、家族との永遠の別れをすることになる。イスラエルとシリアが国交を回復しない限りは。

more...... "シリアの花嫁" »

2010年03月27日

未来の食卓/フォーラム那須塩原

映画『未来の食卓』

一昨年「いのちの食べかた」上映会を催された那須食卓の会が、4月10日(土)〜16日(金)まで「未来の食卓」の上映会を開催されます。
場所は昨年、那須に新しく出来た映画館、フォーラム那須塩原です。料金はなんと大人1人500円!ちなみに、レディースデイやカップルデイに行っても500円だそうです。(←これ以上負かりまへん)
南フランスのバルジャック村のショーレ村長の子供達の未来を守るため学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにする、という挑戦。予告編を見ただけですが、美しい南仏の景色と食材だけでも見てみたい。世界遺産のポン・デュ・ガールも映ってるみたいですね。

more...... "未来の食卓/フォーラム那須塩原" »

2010年05月06日

ショートフィルムフェスティバル那須2010

NSFF2010%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC.jpg

今年も那須での国際短編映画祭「ショートフィルムフェスティバル那須2010」がやって来ます。
6月26日(土)〜7月4日(日)までの9日間、南ヶ丘牧場バイカルをメイン会場として、ホテルエピナール那須森のチャペル、二期倶楽部観季館、 サッポロビール那須森のビール園、セントミッシェル教会、ウェルネスの森那須、那須町文化センターなどなど、那須高原のあちらこちらでイベントを含めた上映が企画されています。
今年も、ひと晩限りの「シネマバー」として殻々工房でも6月30日(水)に上映されることになりましたヽ( ̄▽ ̄)ノ
シネマバーではソファ席(12席)のみ予約制となりますが、自由席とスタンディングでもワンドリンク付きで映画祭をお楽しみいただけます。
殻々工房でのチケット販売(前売り800円)&着席予約もスタートしました!
19:00〜と21:30〜の2回上映(完全入替制)です。

今回はイベント上映として那須町共同利用模範牧場で出店や音楽もありの「ピクニック上映」として、ヒマラヤ国際映画祭からセルビアのドキュメンタリー映画「コーラと少年」の上映があったり、「三國連太郎さんが選んだおすすめ主演映画」が二期倶楽部観季館で上映、ウェルネスの森では、なんと!バーロイヤルのママが登場してのシークレットパフォーマンスありの「ミステリー上映」。那須の障害者施設や福祉施設の方々を招待しての文化センターでのハートフルデーなどもあり、なんとも盛りだくさん。
そして期間中、那須の和牛肥育業者さんの協力により協賛の飲食店で「那須和牛」の特別メニューを特別料金で食べられるというキャンペーンもあるという.....うーん、魅力的。

上映プログラムなどの詳細は近いうちに公式サイトに掲載されたり、パンフレットが那須のいろんなお店に置かれると思います。

瑞々しい初夏の那須での気持ちのいい映画祭。楽しみです♪

ショートフィルムフェスティバル那須2010ではボランティスタッフの募集もはじまっています。
1日からでも参加出来て、期間中は上映中の空き時間に映画も観られますよ。自分などは仕事の合間のほんの何時間かずつだけ参加させていただいてます(^_^;
那須近隣の方、よろしかったら。

ショートフィルムフェスティバル那須2010
http://nasu-filmfest.jp/

2010年06月27日

ショートフィルムフェスティバル那須2010/南ヶ丘牧場

20100627001.jpg
ショートフィルムフェスティバル那須2010のオープニングセレモニーがメイン会場の南ヶ丘牧場で行われました。縄文笛の演奏と、実行委員長と那須町町長による、挨拶と動物たち(ロバとミニ馬)とのテープカット!盛況な初日を迎えることが出来ました(^_^)
ロバの黒丸くんは今年で19歳、昨年のテープカットも黒丸くんだったので、もうベテランですね。

南ヶ丘牧場・バイカル2Fでの連日上映と併せて、いろいろなイベント会場でも上映が催されます。僕も買い出しのない日の午前中は全てボランティアに行くつもりです!
やっぱり、カラカラ的な山場は30日(水)のシネマバーですね。うまく行くといいなぁ。

今日、27日は殻々工房1:00-5:00のギャラリータイム営業。ワールドカップもあるし、ボランティアもあるし、ここはひとつ、自分をごまかしごまかし頑張りまっす!

2010年08月09日

ミツバチの羽音と地球の回転/黒磯文化会館

20100807001.jpg
黒磯文化会館で映画「ミツバチの羽音と地球の回転」を見て来ました。
そういえば、随分前に非電化工房を見学した時に薦められていた映画だったな。
この日は、上映のあとに鎌仲ひとみ監督と非電化工房の藤村靖之氏とのトークがあったんだけど、勝手に想像していたよりも映画が長くて時間が無くなっちゃったので映画だけを見て帰って来ました(^_^;
瀬戸内海に位置する山口県の祝島。ここに建設されようとしている原子力発電所の建設反対運動をしながら、島で自然を相手に暮らす人々の姿と、スウェーデンで風力発電によりエネルジーを自給している村とを照らし合わせて見る。この映画を見るまで知らなかった「電気の自由化」という可能性が、石油というドラッグから手を切り、原発やダムで環境にダメージを与えないでもエネルギーを自給できるヒントなのかもしれない、と思わせる。
今まで、電気会社を選べないという不自由な独占状態を不思議に思わなかった自分が、アホだなぁ、と思った。


ミツバチの羽音と地球の回転・オフィシャルサイト
http://888earth.net/index.html

2011年05月09日

那須ショートフィルムフェスティバル2011

20110509001.jpg
ゴールデンウィークも過ぎ、那須はそろそろ雑木林の中で山ツツジが咲きはじめます。
今年で6回目を迎える那須ショートフィルムフェスティバル!地震の影響から今回はコンパクトに凝縮した映画祭になりそうです。会期は6月29日(水)~7月3日(日)の5日間、会場は南ヶ丘牧場、今回はなんと上映作品の全てが観覧料無料だそうです!
こりゃ、行かなきゃね。

今年もボランティアスタッフとして参加させて頂きたいと思っています。

那須ショートフィルムフェスティバル NASU SHORT FILM FESTIVAL
http://www.nasu-filmfest.jp/

2012年01月13日

わたしを離さないで

20120113001.jpg
映画「わたしを離さないで」を見た。
この映画には原作があって映画化されたものだということはMADCONNECTIONで知っていたけど、原作をamazonでポチッとはせず、映画館で見ることもなく、DVD化したのをレンタルビデオ屋で知り、我が家の「レンタルは準新作になってから」という習わしに従って、やっと先日そのストーリーを知ることになった。
物語は主人公の回想からはじまり、ちょっとだけ昔という時代の幼い主人公の学校での様子から描かれる。その日常的な風景からこれは実際にあった話のように思えなくないのだけど、現代的なセキュリティシステムのシーンなどに違和感を感じているうちに話は進み、これはSFなんだということに気づく。まるで現実にありそうな青春恋愛ドラマようでいて、そのパラレルワールドの先に待ち構えているのは不条理の中に放り出されたようなカタルシスなのだ。
これは.......嫌いじゃない........原作も読んでみようとamazonでポチッとした本が今日届いたところ。楽しみ。

2012年02月08日

ヴァポレット、そして「ヴェニスに死す」と「冬のヴェニス」後編

20120125300.jpg20120125301.jpg
何でも体験する前には先入観というかイメージがある。
僕にとってヴェネツィアは水の都という特異な街のイメージの他に、ルキノ・ビスコンティの「ヴェニスに死す」と三島由紀夫の「外遊日記」の中のエッセイ「冬のヴェニス」のイメージがあった。どちらもあまりいいイメージではない。
豪華さを残しつつ頽廃的でいて顔を仮面に隠した怪しげなイメージだ。

more...... "ヴァポレット、そして「ヴェニスに死す」と「冬のヴェニス」後編" »

2012年03月23日

ヒューゴの不思議な発明と3Dメガネ

20120323003.jpg
休日の夜、那須塩原の映画館で「ヒューゴの不思議な発明」の3Dを見た。
この日、日中は吹き替えだけで字幕は夜8時40分からのみ。この映画は吹替えじゃないほうがいいという噂だったので夜に見た。おかげで人も少なくゆったり見られた。
映画館の受付で3D用のメガネがレンタルから販売に変わったことを知った。
仕事が休みの木曜日はカップルデーだそうで1人1000円、3Dはプラス300円。3Dメガネの販売は100円で、次回はまた持ってくれば買わなくて良いということだ。このメガネ、家に貯まっちゃう人もいそうだなぁ。
映画「ヒューゴの不思議な発明」は何と言っても3D化されたパリの風景が素晴らしかった。そして監督はマーティン・スコセッシなのに見終わったあとに心温まるだなんて。。原作「ユゴーの不思議な発明」にもあるように、これは映画創世期にあってSFXの創始者とも言えるジョルジュ・メリエスの実話に基づいたエピソードがメインだ。映画のなかではそのメリエスの映像資料が3Dで見られるのだから、やはりこれは映画館で見るべきものなのだろう。

うちは映画館に見に行くのは3Dばかり。2Dっていうのかな、通常の映画はDVD化されるのを待って家で見ているからだ。うちの奥さんは映画が好きだから週に4本くらい映画を見る。そのうち僕は2本くらいを一緒にみる。少しでも安く楽しもうとすると半額の日にまとめて借りたりネットレンタルを使ったりということになるのだけれど、こればかりは映画館でという妻のリクエストでもあった。

2012年05月29日

第7回那須国際短編映画祭「那須ショートフィルムフェスティバル2012」

20120529001.jpg

今年も那須国際短編映画祭「那須ショートフィルムフェスティバル2012」がはじまります!
6月19日(火)から24日(日)までの6日間、那須高原・南ヶ丘牧場に設置された会場で全43作品を7プログラムに分け、最終日を除いては連日連続して5プログラムずつの上映。上映スケジュールは公式ホームページから確認できます。上映の合間に息抜きに南ヶ丘牧場のソフトクリームを食べたり、夜は那須の温泉に浸かったり、楽しみ方はいろいろ(^o^)/ 映画やテレビの撮影地としても多く使われている那須高原での映画祭を、ぜひお楽しみください。

21日(木)には「フランスデー」としてフランス短編映画の35mm上映プログラムがあります。
昨年も35mmフィルム上映がありましたが、デジタルでは味わえないフィルムの回る音を聞きながらの柔らかい映像っていいものですね。
この日の夜はイメージキャラクター「バーロイヤルのママ」にちなんで、上映会場がバーロイヤルとなり、軽食とドリンクも楽しみながらの映画鑑賞もできます。私もこの日はボランティアスタッフとして会場にカクテルを作りに行く予定です!

せっかく那須に行くんだから温泉に泊まっちゃおうかなっていうのもいいですね〜♨
よろしかったら、リンク貼っておきまーす。

那須温泉旅館共同組合
http://www.nasuonsen.com/

那須高原ガイド・那須観光協会/泊まる
http://www.nasukogen.org/spot/list.html?cate=C


映画祭のボランティアスタッフも5月31日(木)まで募集中だそうです。
空き時間には映画も見られますよ♪

那須ショートフィルムフェスティバル2012
http://www.nasu-filmfest.jp/

2015年11月10日

那須ショートフィルムフェスティバルの場外シアターバーをさせていただいてます。

20151108001.jpg

10周年を迎えた那須高原の短編映画祭、那須ショートフィルムフェスティバル2015が11月15日(日)まで南ヶ丘牧場をメイン会場に開催されています。

今年もボランティアスタッフとして参加させていただいておりまして、午前中の買い出しのない日は会場に行く予定です。お時間が合いましたらぜひ足をお運びください。

あ、12日の木曜日はカラカラ定休日なので、
僕はボランティアスタッフとしてメイン会場にカクテルを作りに行きます。
フレンチシネマ上映の日です。
もちろんノンアルコールもありますし、秋元珈琲焙煎所さんの美味しいコーヒーもあって、18時くらいからは那須高原にあるフィオラノさんのピザや、RAKUTAさんのタンドリーチキン、一望閣・鈴木シェフのブイヤベースも用意される予定だそうです。
あまり告知されてませんが、オススメかも。
利益はすべて映画祭の運営費にあてられますので、こちらもよろしかったら、ぜひ。
ちなみに、この日の映画は130分の長編です(笑

この映画祭の期間中、場外イベントとして、カラカラでは過去の那須アワード作品の無料上映をさせていただいております。
通常営業しながら、だいたい時間になりましたら徐ろに上映開始するゆるーーい感じです。

そうなのです。
これは今年作ったカラカラシアターの活用なのです。
スクリーンもひとまわり大きくなって新登場。
出血奮発して100インチになりました。
これでアスペクト比問題も解決です。
100インチで1万円、ポイント使って5千円。
大きくなって.....思ったより安く済んで.......でも値段相応なスクリーンの品質で......まぁいっか、の極致で恐縮なのですが......会場として使っていただいて、ありがたいことでございます。

more...... "那須ショートフィルムフェスティバルの場外シアターバーをさせていただいてます。" »

faccebook.jpeg karakarafactory

About MOVIE

ブログ「KARAKARA-FACTORY」のカテゴリ「MOVIE」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはLIFEです。

次のカテゴリはMUSICです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34