« 3月17日はセントパトリックスデー! | Main | ニッポンの油絵+三沢厚彦・アニマルズ/栃木県立美術館 »

草屋根にコンポストを作るのだ

20100315003.jpg
飲食店をやってると生ゴミが多い。
幸い残飯はあまりなく、仕込みの時に出る野菜や肉の"くず"が殆どだ。"くず"と言っても切ったばかりは食材の鮮度と変わらないから腐敗していないので汚いものではない。店で使えない部分の葉野菜はたまにリンゴなどと一緒にジューザーで青汁にして飲んでしまうこともあるけれど、それ以外の部分の、野菜や卵の殻、肉のスジや脂、魚の身以外部分などがゴミとなる。これらのゴミは水分が多いので重い。事業ゴミは有料だからゴミは少ないほうが経済的。せめて野菜ゴミだけでも出さなくするとかなりゴミは軽くなるのだ。
うちの屋根は、土を載せて雑草を生やした草屋根にしてあるから、その上にコンポストを作る事にした。去年から、うちの厨房長が屋根の上で野菜くずと土を混ぜている。屋根の上は乾燥が早いから腐敗もしにくいみたいで、雨ざらしの状態だけどそれなりに分解されていたようだ。
しかし、そうやって土を混ぜ返している部分は草が生えない。それは見た目に宜しくないから、通風のある囲いを作って、雨が入らないように屋根を付ければコンポストになるんじゃないか?

20100315001.jpg20100315002.jpg
物置にあった木っ端を使って囲いを作ってみた。
一見、ウサギでも飼っているように見えないでもない。
野菜くずを入れたら土と加えて混ぜる。そろそろ春だから今年も屋根に追土する季節。この隣に土入れも用意しておこう。分解されたら周りに撒けば肥料にもなる。こりゃ一石二鳥だね。
もし分解が上手く進まないようだったらバクテリアかミミズでも入れちゃおうくらいに思っている。
あとは屋根を載せれば出来上がり。ちょっとくらい雨漏りしたって構わないから簡単なものにしよう。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/646

Comment(4)

素晴らしいアイデアじゃないですか?

ウチの山小屋では、ねこ・きつね・犬などのお客様が
多いので、美味しいところは掘り返されてしまいます。
蓋と考えたらいいんですね。

散歩道が全部出来たら、コンポストやります!
出来るのか?

marianaさん、ありがとうございます。
うちはもっぱらカラスが穿るんでよ (^_^;

そうか、生ゴミを車で持って帰るのは面倒ですよね。
素焼きのを買う、っていうのも素敵かも。

ご無沙汰してます。
驚きです。屋上とは思えない素晴らしい「草原」ですね。とっぷり暮れるまで遊んでたガキの頃の風景です。100年後は地下室のkarakara工房なってるかも?

jomon人さん、草原に見えるなんて嬉しいです。
まだまだワイルドさに欠けると思っておりまして、近日中に土を追加する予定なんです。
100年あったら屋根に生えた木の上にツリーハウスでも作りたいな。

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2010年03月16日 15:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「3月17日はセントパトリックスデー!」です。

次の投稿は「ニッポンの油絵+三沢厚彦・アニマルズ/栃木県立美術館」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34