2016年05月22日

ル・ショ・ド・ブリュッセル Le Chou de Bruxelles

201605083001.jpg

雨に濡れながら向かったオルタ美術館が休館ということで気を取り直しランチへ。
ル・ショ・ド・ブリュッセル Le Chou de Bruxellesでランチコース。
これがお得でとても美味しくお店の方も親切、満足なお店でした。

前菜に選んだ魚介のスープです。
これが想像以上にアツアツで旨みたっぷりで素晴らしく美味しい。
雨で冷えた体が一気につま先まで温まりました。
ワインはもちろんボトルでいっときます!

201605083002.jpg

妻はそんなにお腹すいてないからコース全部は食べらられないかも、というので前菜もう一つも僕が選びました(笑
牛肉のカルパッチョ。
スライスされた若いコンテのようなベルギーチーズとハーブ、ソースのバランスが丁寧に整えられてる感じで牛を食べるというよりもサラダを食べている感じ。前菜として良いですね。

201605083003.jpg

ムール貝のランビックビール(グース)蒸しです。
レオンなどと同じように大きなポットで出てきます。
コースでない場合は、これを単品でというのもオッケーみたいです。
ムール貝といえばレオンが有名ですが、パリのレオンに行った時にそんなに身がぷりっぷりじゃなかったという記憶があっただけで何となく本店にも行く気がせず、こちらのお店を見つけた次第。
いやぁ、ぷりっぷりですよ。
セロリもたっぷり入っていてランビックビールの酸味がまた爽やかで、美味しい一皿でした。
もちろんフライドポテト付きです。
ムール貝のアレンジだけでたくさんメニューがありました。

妻はメインに鴨のローストをオーダーしました。
こちらも上品な酸味のソースと鴨の相性が良く表面は香ばしくとても美味しかったです。

201605083004.jpg

デザートは甘いものが苦手な妻用にチーズを。
もちろん僕の方に置かれました(笑
結構ボリュームありますね。

201605083005.jpg

もう一つのデザートはベルギーワッフルにしました。
そういえばベルギーに来て初めてのワッフル。
このあとベルギー滞在中に4個くらい食べましたが、ワッフル生地自体はここのが一番しっとり柔らかく周りはこんがりで美味しかったように思います。

more..... "ル・ショ・ド・ブリュッセル Le Chou de Bruxelles" »

2016年05月19日

オルタ美術館

201605082002.jpg

この時のブリュッセルは雨が降ったり止んだりで、
ずぶ濡れになりながら行ったオルタ美術館、まさかの休館。

201605082001.jpg

ガーーーン(@o@;

展示替えなのだそうで......残念。

201605082003.jpg

いいや、お昼ご飯食べに行こっと。

2016年05月17日

ベルギービール研修という名の飲み歩き07/部屋飲み04

201605081001.jpg

この日もブリュッセルのビアカフェからカルフール経由でホテル部屋飲みです。
左から、オブロンシュフのIPAトリペル。
フランス語でオブロンはホップのことらしいですね。
シュフはこの小人のような妖精のことだそうです。
名前からして苦そうでしょ。しかもトリペルだからグッときそう。予想通りの爽快な苦味とキレ、フルーティな甘み、トリペル なのでアルコール度数は高めで9%。

真ん中は、リンデマンのアップル。
シュフの後に飲むとジュースな感じ。デザートですね♪

右は、日本でもお馴染みウエストマールトラピストのトリペル。
ビアカフェ帰りのほろ酔いビール選びなので、締めな感じでちょっと度数高めのセレクトになりがちでした。(笑

どちらも日本で購入できるアイテムです。

2016年05月15日

ベルギービール研修という名の飲み歩き06/ア・ラ・モール・シュビトA La Mort Subite

20160508001.jpg

飲み歩きのため滞在先のホテルをグランプラス近くにしたので歩いてすぐのところに老舗ア・ラ・モール・シュビトA La Mort Subiteがありました。
いつもいっぱい。

まずは、やはり屋号が名前になったランビックをいただきました。
スーパーで買うのは瓶ですけど、やっぱり樽生が飲みたいですからね。
ホワイトランビックとグーズです。

20160508002.jpg

歴史と人気のある店には独特な趣がありますよね。

20160508003.jpg

ベルギービール以外にもいろんなビールがあります。
そういえば、ベルギービールといえば上面発酵の香りとコクの豊かなビールを思い浮かべますが、ベルギー国内の消費量で一番多いのは日本と同じピルスナーらしいですね。
やっぱり喉越しがいいと量いっちゃうのかな。

20160508004.jpg

おつまみメニューは殆どありませんが、チーズオムレツを注文しました。
美味しいわけではないし、お腹にたまるわけでもない。
いい感じです。いい飲み屋です。

more..... "ベルギービール研修という名の飲み歩き06/ア・ラ・モール・シュビトA La Mort Subite" »

2016年05月13日

ブリュッセルの南駅近くのマルシェ

20160428001.jpg

そういえばブリュッセルに来てからマルシェに行ってないなぁ、と思い、ネットで検索して南駅近くにあるMarché des Abattoirsアバトワールのマルシェに行ってみることにしました。

南駅から向かう途中、ゴミが散乱してたりして何となくやれた感じ。
よく調べればブリュッセルの中では割りと治安の良くないエリアらしいです。

とはいえ、パリの北駅あたりに比べればそんなに怖い感じもないような。

20160428002.jpg

到着!
和気あいあいな笑顔と陽だまりアコーディオンなどはありませんでした(笑
食材は確かに安いですけど、傷んでるものもチラホラ。
選んで買ったほうが良さそうだなぁ。
全体的にアラブ系の方が多いみたいです。

あとはフリマな感じの服や100円ショップのような雑貨などもいっぱい。

20160428003.jpg

冬だったからかもしれないけど、
あまり目ぼしいものが見つからずスルーしちゃいました。

more..... "ブリュッセルの南駅近くのマルシェ" »

2016年05月11日

連休丸洗いデトックス

20160511001.jpg

連休中、時間の余裕がなくて洗濯できなかったのを丸洗い。
外は雨降ってるけど。(笑

汚れを洗い流すと、その時の疲れも取れるような、少しスッキリ。

2016年05月10日

ベルギービール研修という名の飲み歩き05/部屋飲み03

201604083001.jpg

外で飲んできてもホテルの部屋できちんと仕上げます。

左から。
キュベデトロールCuvee Des Trolls。
デュブイソン醸造所のブロンドビールです。
頭にホップのヅラを被った(自毛?)ようなトロールがいます。
甘い香りに透明なブロンド、やはりホップ(トロール?)が効いてるみたいで苦味がしっかり。

そして真ん中、
ノートルダム・ド・サン=レミ修道院で作られているトラピストのロシュフォールRochefort。
リッチに10です。アルコール度数11.3%でグッときます。
ダークブラウンで濃厚、フルーティーでもありカカオ、コーヒー、ブランデーのニュアンス。

そして右、
モールシュビトのグーズMort Subite Gueuze。
ブリュッセルでは提供しているレストランも多そうであちこちで見ました。ブリュッセルにある老舗のビアカフェA La Mort Subiteアラモールシュビトの名前をつけたビールです。
それほど酸味がないのでランビック入門にも良さそうな感じ。
翌日ビアカフェのモールシュビトに行く予定なので予習してみました(笑

2016年05月07日

ユリちゃん救出。

20160507001.jpg

今年の冬に作ったデッキのアプローチから何やらひょっこり顔を出しているのです。

20160507002.jpg

あなた、ユリ、じゃない?

しまった! 百合を植えてある場所をすっかり間違ってしまっていた。
それに、このままじゃ踏まれちゃう。

ユリちゃん、いま助けてやるぞ!

20160507003.jpg

え、ユリ夫くんもいたの!?

more..... "ユリちゃん救出。" »

2016年05月02日

ベルギービール研修という名の飲み歩き04/カンティヨン醸造所

2016042901.jpg

今回のブリュッセルでの飲食の部分での一番の目的はここランビックビールのカンティヨン醸造所の見学なのです。
ガイドツアーは予約制ですがセルフツアーでしたら予約なしで見学できます。
しかも、受付で日本語の解説プリントを渡してくれます。この解説は日本に於けるベルギービール輸入の草分けである小西酒造株式会社が制作してくれたものだそうです。ありがたいです。
仕事でもいつもお世話になっておりますm(_ _)m

予てから、僕がベルギービールの中で一番好きなのがランビック、そしてこのカンティヨンでした。日本でも買えるけど、ちょっとお高いから日常的には飲めないんですけどね(笑
ビールのシャンパーニュ、麦のワインとも呼ばれる、酸味の効いた自然発酵ビールです。

20160429021.jpg

倉庫のようなドアの中に入ると、右手にショップを兼ねた見学受付、左には試飲スペース。
ブルワリー見学料金には見学後の試飲2杯分の料金が含まれています。
見学しないでも有料で試飲だけもできるみたいです。

それではレッツラゴー!

20160429002.jpg

マッシングタンク(糖化槽)です。

20160429003.jpg

マッシングタンクの上にある粉砕機にかけられた小麦と大麦麦芽がタンクの中に落とされ、タンクの中のプロペラでお湯と混ぜ合わせられます。
45度から72度に高めて2時間。
穀物のデンプンが発酵可能な糖とデキストリンに変わります。これが糖化です。

20160429004.jpg

糖化したらプロペラを止めて穀物の粕を沈殿させ、液体を(麦汁)をマッシンクタンクの下の容器に落とします。
前日にその作業があったそうで、来週にまたあるから見に来たら?と言われたのですがその頃はもう移動してしまっているので残念ながら。。

20160429005.jpg

麦汁はポンプで2階に上げられます。
階段で移動しまーす。

20160429006.jpg

汲み上げられた麦汁はタンクの中で煮沸されます。
この際、3年ものの古いホップを加えるのがランビックの特徴だそうです。
10000リットルの麦汁が7500リットルに減るそうです。
ホップの粕をろ過してから最上階の冷却槽に汲み上げられます。

more..... "ベルギービール研修という名の飲み歩き04/カンティヨン醸造所" »

2016年04月27日

ベルギービール研修という名の飲み歩き03/部屋飲み02

201603311001.jpg

この日の部屋飲み。
日本でもお馴染みのヒューガルデン、グランクリュと禁断の果実です。
やっぱりベルギーで買ったほうがお安い♡

201603311002.jpg

パームも行っときました。
パームロイヤルは秋冬限定なんですって。

201603311003.jpg

パームのホップセレクト、しっかり苦みありますねー。
でも飲みやすかったです。

201603311004.jpg

締めのブッシュブロンド。
甘味と苦みのあるどっしりした感じですね。

2016年04月26日

カレーヴルストを食べてブリュッセルに帰ります。

201604082004.jpg

暗くなり、ライトアップされたケルン大聖堂。
日帰りなのでそろそろブリュッセルに帰ります。
駅のスタンドのソーゼージにはじまり、大聖堂とリヒターのステンドグラス、ルードヴィヒ美術館にコルンバ美術館、そしてドイツビール、とても充実した1日でした。

そういえば先日、
日本でベルギーの方にお会いして、2月にベルギーに行って来たんだよ、って言ったら、
ベルギーから他の国にも行った?って聞かれたから、
ケルン行きました、って言ったらキョトンとされた。
あ、そうか、えーっと、コローン?と言ってやっと通じたようで、
そう、英語ではコローン、オーデコロンのコローンなのだ。

それはさておき、まだカレーヴルストを食べてないじゃないか!ということで、
駅の構内でカレーヴルストと食べることに。
お腹空いてないのに(笑

カレーヴルストエキスプレスというチェーン店でカレーヴルストを注文。

201604082001.jpg

いかにもファーストフード的などうでもいい感じのが出てきました(笑

はい、ミッション終了。

more..... "カレーヴルストを食べてブリュッセルに帰ります。" »

2016年04月25日

マンマの店って感じの名前は釣られちゃうよね。

201604081001.jpg

ケルンでちょっと小腹が減ったので、どこかで軽く食べることに。

マンマ(というか、おばあちゃん)の横顔が看板のいかにもマンマの味のようなアットホームな感じの店に入ってみました。
さすが、ビールはどこでも美味しいですな。
よく見ると奥で瓶ビールを注いでるだけなので生ビールではありませんが、そこはそれ。

どこなく嫌な勘が働いたのと、それに凄く量が多いと食べきれないかもしれないし、
ということでオススメのスペシャルというのを1つ注文してシェアすることに。

201604081002.jpg

これがお世辞にも美味しくない(笑

他のお客さんも微妙な表情で食べてるのを見るとみんな観光客なんだろうか。

more..... "マンマの店って感じの名前は釣られちゃうよね。" »

2016年04月20日

春のメンテ塗装はじめます!

20160420001.jpg

沈丁花の香りも日ごと薄らぎ、庭のあちこちで新芽と花が咲きはじめました。
葉が出揃うまえにデッキなどのメンテ塗装しておけは塗料が垂れてもそのあと葉が隠してくれる。天気もいいし、今が絶好のタイミングなのです!
塗るぞぉー!おぉー!

20160420002.jpg

はい、塗れました。
勢いあまってイスも塗っちゃいました。

顔を洗ってたら頭まで洗っちゃった感じ、いや違うな、頭だけ洗おうと思ってたらまどろっこしくなり服脱いでシャワー浴びちゃった感じ。いずれにせよスッキリ。

これからしばらくは家のあちこちの木部のメンテナンス作業です。

20160420003.jpg

思ったよりも早く終わりまして、
庭のあちこちで花が咲いてきたので折角だから愛でちゃいましょう。
今年もいっぱい咲いてくれそうなツルハナシノブです。

20160420004.jpg

ユキヤナギは猫のシッポみたいになってないチラホラ咲きの方が好き。

more..... "春のメンテ塗装はじめます!" »

コルンバ美術館 KOLUMBA

20160408001.jpg

ケルンは駅の近くに美術館が集まってて日帰り旅行にピッタリですね。
コルンバはキリスト教美術と現代美術が独特な雰囲気とバランスで展示されている印象に残る美術館でした。

20160408002.jpg

2007年に建てられたペーター・ズントー設計によるケルン大司教区美術館。
1853年にキリスト教美術教会のよって設立されたという聖コルンバ教会が財政難のためにケルン大司教区に組み込まれることとなり、教会に収集されてきたキリスト教美術作品を活かした設計案でコンペを勝ち取ったのがズントーなのだそうだ。

20160408003.jpg

入るとまず、教会の下に発見されたというローマ時代から中世の遺跡のある大きな空間に出ます。

20160408004.jpg

遺跡の上に掛けられた通路を通りながら足下に遺跡を見ます。

20160408005.jpg

大きな空間が取り込む光は、積み上げられたレンガの隙間から空気と一緒に注がれているので、外気を感じながらの絶妙な薄暗さと涼しさを感じました。

20160408006.jpg

美術品展示スペースに進むとかなりクール。

20160408007.jpg

壁にはキースヘリングのドローイングと、床にはテーセウスとミノタウルスの戦いの場面が描かれたラビリンスストーンです。
ミノタウルスといえば近代絵画ではピカソが浮かんできますが、この組み合わせによりキースヘリングの作品に見る支配者とミノタウルスの対比が自然な流れのなかで何かを暗喩しているように思えてきます。
ギリシャ神話と現代美術、組み合わせによって鑑賞者を導く展示ですが、キリスト教の施設としての示唆は何になるんでしょうか。

やばい、ここの展示はやばいですね。
ここでまず鷲掴みにされた感があり、さっき飲んだビールの酔いが覚めました(笑

ここはキャプションがないので作品や展示を読み解くときにより感覚を優先させるような気がします。
受付で渡される小冊子に、マップと作品のタイトル、説明が載っています。

more..... "コルンバ美術館 KOLUMBA" »

2016年04月16日

ドイツに来たらドイツビールを飲むのです。

201603313003.jpg

ルートヴィヒ美術館で興奮しちゃったのでヴァルラフ・リヒャルツ美術館をスルーしてクールダウンのビールタイムなのです。
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館からライン川方向に1ブロック進んだところにあったServus Colonia Alpinaというお店。
古くからある感じはなく、店の中をジョッキがぐるぐる回ってて、綺麗なお店。
写真には撮りませんでしたが、スタッフのコスチュームも可愛いいです♡
女性は日本で言うところのメイド服(いや民族衣装でしょうね)のような、男性は襟付きの白シャツに革の半ズボン。

201603313002.jpg

やっぱり生ビールでしょ!
メニューの中から、オンタップはどれ?って聞いて、結局は日本でもお馴染みのドイツビールの銘柄に収まったのですが(笑

201603313004.jpg

フランケンスカナー。
フルーティーで結構ですな。

201603313005.jpg

シュパーテン。
すっきりして喉が渇いた時にはピッタリです。

ということで、どちらも六本木ヒルズで飲めます(笑

more..... "ドイツに来たらドイツビールを飲むのです。" »



Author→KARAKARA

faccebook.jpeg karakarafactory


RECENT COMMENTS

BSアンテナを買ってみたので自分で取り付けてみるのだ。
▲Kawa @ 2015/06/17 02:05
▲nozawa @ 2015/06/17 09:49

南湖とサクラとお団子と
▲Sawayaka30 @ 2015/04/10 05:46
▲nozawa @ 2015/04/10 09:05

SIMフリーにしてもうすぐ4ヶ月の利用明細
▲Sawayaka30 @ 2015/03/28 17:05
▲nozawa @ 2015/03/28 17:42

ルーブルを断片的に回想 8 レオナルド・ダ・ヴィンチにみるユマニスム
▲Kawa @ 2015/02/06 10:16
▲nozawa @ 2015/02/12 02:45

デッキのメンテナンス塗装しました。
▲minmin @ 2014/02/27 09:44
▲nozawa @ 2014/02/27 10:51
▲minmin @ 2014/02/27 11:33

Olasonic NANOCOMPO NANO-CD1
▲Kawa @ 2013/12/31 09:15
▲nozawa @ 2013/12/31 14:11

NANOCOMPO NANO-UA1
▲Kawa @ 2013/12/14 16:42
▲nozawa @ 2013/12/15 17:03

あけましておめでとうございます
▲Mela @ 2013/01/05 08:53
▲Karakarafactory @ 2013/01/05 10:10

17回目の結婚記念日
▲Mela @ 2012/12/20 22:59
▲Karakarafactory @ 2012/12/20 23:53

ミラノのスカラにて
▲Kawa @ 2012/12/03 20:49
▲Karakarafactory @ 2012/12/03 22:52
▲Kawa @ 2012/12/05 12:10
▲Karakarafactory @ 2012/12/06 10:46

ARCHIVES

  
         
madeonamac-1.gif


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
QLOOKアクセス解析