2017年05月20日

ガビチョウの学習能力にちょっとビックリ。

20170519001.JPG

ひまわりの種を餌台に置いておくと、いろんな鳥がやってきます。

シジュウカラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ、、彼らは上手に殻を割って中身を食べます。
種を1つ咥えては近くの枝に移動して、種を足で抑え嘴で叩いて殻を割ります。
その一連の仕草がなんとも可愛らしいのです。

カワラヒワは殻のついたまま種を口に含み、殻だけをペッと吐き出します。
餌台に腰を据えてモグモグと何個も食べます。
移動しないので糞も餌台の周りに集まります。
団体様でお越しなので、あっという間に餌が無くなります。
あまり可愛くはありません。

スズメは殻を割ることができないらしく、
種を徒らに地面に散らかし、そのくせ毎日やってきます。

たまにハトが餌台に乗っている時があります。
ただただ、大きいからビックリします。

数日前から、ちょっと大きくて撫肩のヌルッとした体つきで、
軽快さのない茶色い鳥が来るようになりました。
調べてみて、その鳥が 癇に障るほどの遠慮ない大声でお喋りしているかのように鳴く ガビチョウだと知りました。
ガビチョウは種を割ろうとしているのか、餌台に頭突きをするように力強く嘴を打ちつけます。
何度も、何度も。
おかげで餌台に小さい窪みが幾つもできました。
あ、写真にある皿の中央の2つの穴は雨水が捌けるようにドリルで空けた穴で、その周りにある小さい窪みですガビチョウの苦闘の跡です。

ガビチョウがウグイスの鳴き真似をするのは有名だそうで、
ホーホケキョ!のあとにケキョケキョ鳴かず、
バカチーン、バカチーン、とか鳴いていたらガビチョウの可能性大です。

そんなガビチョウが 最近、シジュウカラやヤマガラの真似をして、
ひまわりの種を食べられるようになってきたみたいなのです。
餌台に頭突きはせず、1つだけ種を咥え近くの枝に移動して、
種を足で抑えて殻を割っているのを見るようになりました。

(動画では割っているところまでは撮れていませんが....)
食べた後、ヤマガラのように枝に嘴を擦り付けてお掃除まですることがあります。

やるなぁ、ガビチョウ。
門前の小僧習わぬ経を読む。
ガビチョウの成長を見ると、僕にもまだ可能性があるんじゃないかと思えて来るよ。

スズメくんよ。
習わぬ経は読めぬのか。
100匹目のスズメは現れるのか。

more..... "ガビチョウの学習能力にちょっとビックリ。" »

2017年05月17日

つぎつぎと花が咲いてきました!

20170517001.JPG

この時期の那須は目まぐるしい開花ラッシュ。
iPhoneでちょいちょい写真撮ってたら貯まっちゃったので一気にアップしちゃえーい。

今年も紫色のツルハナシノブがいっぱい咲きました!
でもニチニチソウの勢いにちょっと押され気味。

20170517002.JPG

今年のルーキー、那須のヒロガーデンさんで購入してきた.......名前忘れちゃった。笑
サフィニア系ですよね、きっと。

ハンギングは今年はこれ一つ。
いつも玄関横の高い位置に吊るしてますが、乾燥が早いのか何を吊るしても育ちが悪くてかわいそうなので。

20170517003.JPG

秋にも咲いてくれそうな子も買ってみました。

20170517004.JPG

ええ、これも衝動買いです。
とっても気に入ってます。

20170517005.JPG

宿根性の子たちも冬を越え元気に咲いてくれました。
ちょっとずつ増えてるのが嬉しい♪

20170517006.JPG

ムスカリは強いね。

20170517007.jpg

この何日かの雨でまた一段と緑が茂りました!

20170517008.JPG

右奥のオランダユリもニョキニョキ伸びてきました。

左は何年か前に100円で買ったゴヨウツツジ。
ゴヨウツツジって育つのゆっくりね。
大きなゴヨウツツジやヤシオツツジを植えてる家のおじさんと話をした時、
これは.....買ったら高そうですね....って、ブッチャケて言いましたら、
うん、高かったけど、育つの待ってたら花咲く前に自分が死んじゃうもん、と言ってました。
僕が居なくなる前に咲いてくれるかなぁ。笑

20170517009.JPG

ナルコランもかなり増えました。
隣にマジョラムがいるんですが、これは10年ちょっと前に植えたものです。
勢力争いの影響か増えては居ないけど、息が長いね。
その頃の記事はこちら。
http://karakara.pepper.jp/blog/2005/05/post_918.html
ガラーンとした玄関前で懐かしい........写真サイズが小さいのも懐かしい。。

20170517010.JPG

何日かで花数が増えました。
白ヤマブキもあちこちで増えて咲きはじめました。

more..... "つぎつぎと花が咲いてきました!" »

2017年04月14日

DAZNを使ってカラカラでヨーロッパのサッカーを見るのだ。

最近は映画を見るのもすっかりamazonプライムになってしまって、
つい先日、ツタヤのTカード(クレジット付き)の年会費の請求が来てビックリしているところ。
Tカードって1年間使わないと年会費が請求されるのね。
ってか、毎日映画見てるのに1年以上借りてなかったんだ。。

普段はテレビは見ない生活で、
見るとしても録画したサッカーだけ。
そんな生活だから、サッカーもネット配信にしてアンテナ要らず生活にしてしまおうかと。

イギリスを拠点とするパフォーム・グループPerform Groupのインターネット動画配信サービスDAZNが昨年に日本上陸。
Jリーグやプロ野球の一部も配信されてますが、もちろんヨーロッパのサッカーの一部も配信されています。ドイツ・ブンデスリーガが多いけど、スペインのラリーガ、イタリア・セリエA、フランス・リーグアン、ベルギー・プロリーグ、イギリス・プレミアなどの一部も配信。
録画はできないけど、「見逃し配信」というのがあって1週間くらい前の試合まで見ることができるそうだ。
無料とはいかず、ひと月1750円。
https://www.dazn.com/

前からカラカラでスポーツ観戦できるようにしたいと二人で話していたので、
これは店に導入してしまおうかと。
と、いっても基本的に音無しで、玄関横で小さめの液晶に映してね。
日本代表の国際試合の時は告知して音ありにしたりスクリーンもありかも。

店で常時スポーツ映像を流す際は法人契約があったりしますが、DAZNはまだ検討中で現在黙認中のようです。
都内のパブでよく使われてるのを目にします。
ちなみに、BSを店で流す際は、WOWOWは個人も法人もひと月2300円。
スカパーは個人はひと月2000円台からで法人になると35000円とか。

Macから繋いで流すこともできるけどいろいろ不便なので、
専用に先日発売になったFire TV Stick Newモデルを購入。
購入先はこちら。Fire TV Stick (New モデル)

20170414001.JPG

予約しておいたので発売日に到着。
シンプルなリモコンと、スティックに接続する電源ケーブル、
そしてHDMIの延長ケーブルが同梱されてました。

これでもちろんプライムやHulu、Netflix、YouTube、AbemaTV、などなど見られますけど、映画は流せないのでDAZN限定で使ってみます。

まずはプロジェクターに接続してみよう。

20170414002.JPG

今までMacとプロジェクターを接続する時はこうしていたのですが、、

20170414003.JPG

なんとシンプル。
プロジェクターからのケーブルがオスだったのでメスに変換しました。

20170414004.JPG

写ったー。
これでwifiを使った接続環境を確認できたので、
思い切って液晶テレビの安いの探して購入します!

20170414005.JPG

ジャーン、届きました!
24インチを購入。
中国のHisenceハイセンスというメーカーです。
初めて聞くし、ツッコミたくなる名前。
でも評判よく3年保証でこの時点では税込20500円。
http://kakaku.com/item/K0000782910/

20170414006.JPG

DAZNに契約しました。
一ヶ月間無料なのだそうで。まずはいろんな意味でお試し期間中です!

自分で見てて思うけど、音出したい。笑

2017年04月12日

ギャラリーの芳名帳を止めてカードにしました。

20170412001.JPG

ギャラリーに行くと入り口で名前を書きますでしょ。

作家の用意した芳名帳だったり、
ギャラリーが用意した用紙に書いたりしますが、
芳名帳の場合だと、たまに無遠慮な人がいて、ページを捲って誰が来たのか見ようしているのを目にすることがあって、ちょっと嫌な気持ちになることがあるんです。

バーとギャラリーを併せた店だとそれが嫌で記帳しない方も多く、
そうなると芳名帳を置いても意味がなくなっちゃう。

作家やギャラリーに対する好意から記帳してくれた方のプライバシーを守るため、
芳名帳は置かないことにして、カード式にすることにしました。

作家へのメッセージを書くスペースも作ったので、
知人友人だったら会えなくても一言添えられるかと。

20170412002.JPG

カードを入れる箱も自作しようかと思ったんですが、、
時間がないのでアンケート回収箱というのを購入しました。笑
購入先はこちら。
アンケートボックス/タイプSS/鍵付/白//幅12cm


芳名帳も良いところがあるんですよね。
銀座のギャラリー巡りなどしていると、自分の行く先々で同じ人の名前がいつも直ぐ上にあったりするとなんだか親近感みたいなものを覚えたり、
美術学校自体の同期生でそれ以来会ってない人の名前があったりすると、まだ美術やってるんだな、とか、今近くにいるのかも、とか想ったり。
今はSNSでそういうこともありますけど。

2017年04月11日

ロンドンでアパートメントホテルに泊まってみました。

20170416001.jpg

エジンバラからロンドンへ戻り滞在先へチェックイン。
キッチンの付いたアパートメントホテルを借りてみました。
以前、ロンドンに来た時に日本人経営のシェアハウスもあるアパート(スタジオ)を借りたのですが、物価が高く外食もあまり期待できないロンドンでの自炊はとても快適だったのです。
前回はチェックイン時に支払いと同時に部屋の説明を聞き、退出時には部屋の掃除をするけどリーズナブルなところでしたが、今回はもうちょっとホテルっぽいところ。
チェックインとアウトはレセプションですが、滞在中はルームキーで直接部屋に入れるのでストレスフリー、短期だとルームクリーニングはありませんが、自分の部屋のように使えるのでいい感じでした。

必要最低限が揃った機能的なキッチンでした。
オーブンがしっかりしてて便利でした。

宿泊先はこちら。
http://serviced.studios2let.com/site/cartwrightgardens
正規料金だと高いけど、宿泊予約サイトの特別料金か何かで一泊8000円でした。
近所にフィッシュ&チップスの人気店があって持ち帰れます。

20170416002.jpg

アメニティーもいい感じ。

20170416003.jpg

ただ3階の部屋だったのがチョッとキツかったです。笑

20170416005.jpg

スーパーだとあまり新鮮な食材がないので、マーケットに行きたいところです。
冷蔵庫もあるしね。
でも初日はスーパーでラム肉を購入。

20170416004.jpg

ニンニクとオリーブオイルを熱して、マッシュルームとハーブをソテーして。

20170416007.jpg

さて飲むぞ、オー!
酒飲みはおつまみだけだから楽だね。笑

スコットランド現代美術館 Scottish National Gallery of Modern Art

201703202001.jpg

スコットランド現代美術館 Scottish National Gallery of Modern Artに行くのに、エディンバラにある3つの国立美術館、ナショナルギャラリーとモダンアートギャラリーとポートレートギャラリーを巡回しているバスを使ってみました。
1区間1ポンドとリーズナブル。
これ、いいね。
本数は多くはないけど、モダンアートギャラリー(現代美術館)はちょっと離れたところにあるからとっても便利。

前日にナショナルは見たので、この日はナショナルの前にあるバス停からモダンへ。
ちなみに、帰りはポートレートは見ないけどポートレートギャラリー行きに乗りました。
新市街にあるので、ナショナルから歩いてもそう遠くない場所にあります。

201703202002.jpg

現代美術館Scottish National Gallery of Modern Artは道路を挟んで2つあります。
バスの運転手さんが教えてくれました。
バス停のある建物だけ見て帰っちゃう人もいるんでしょうね。

201703202003.jpg

Joan Eardley の"A Sense of Place"という企画展でした。
有料じゃいいかな、思っていたのですが、特にチケットを買うこともなく見られちゃいまして....っていうか、チケット求められるタイミングもなく.....。
さっき、公式サイトを見たら9ポンドって書いてあるから、やっぱり有料だったのかな。。

201703202004.jpg

Eduardo Paolozziのスタジオだそうです。

ここが2つある現代術館のうちのバス停のある方のModern Two、
次はModern Oneへ向かいます。

道路を渡って。

201703202005.jpg

Modern Oneの方が見応えありました。

201703202006.jpg

一階では企画展示。
菅木志雄とKarla Blackによる「Karla Black and Kishio Suga / A New Order」という企画でした。菅木志雄にとってはイギリスで初のメジャーな展覧会という説明がありました。

201703202007.jpg

Karla Blackはグラスゴー在住の作家で2011年のヴェネツィアビエンナーレのスコットランド代表だそうです。
彼女のインスタレーションに使われている素材は、紙、布、石膏、チョークのほか、メイクアップで使うリップなど。

201703202008.jpg

菅木志雄作品は1970年くらいに日本で展示されたインスタレーションの再現。
モノ派は世界的に注目されるなか、その先端で制作していた菅木志雄の作品の再現とその頃生まれたKarla Blackのやはり素材を見せる制作との対比。

201703202009.jpg

菅木志雄作品がたくさんあって、かなり見応えがありました。
東京都現代美術館制作の菅木志雄へのインタビューも流されていました。

201703202010.jpg

2階に移動すると、コレクションです。
バルテュスだわ。
レジェにマイヨール。

more..... "スコットランド現代美術館 Scottish National Gallery of Modern Art" »

2017年04月02日

ツール・ド・とちぎ 観戦・那須

20170402003.JPG

一昨日からの3日間、第一回ツール・ド・とちぎ が開催され、
2日目の昨日は茂木をスタートして那須がゴールということで、
うちから自転車で5分(下りの時は...)のゴール地点の広谷地交差点付近まで行って来ました。

道の駅「友愛の森」ではいろんな出店やスクリーンでのレース中継で盛り上がっていました。
ゴールは広谷地交差点に那珂川から向かった手前にあるセレクト雑貨のお店、ホワイトノートさん前とのことでそちらに移動。

20170402002.JPG

あそこに、交通規制されてからゴールが作られます。
ホワイトノートさんのテイクアウトコーヒー200円。
さすが、カップがいいね。
1時までに帰らなくちゃなので自転車で来たんだけど、
通行止めってことは自転車もダメらしい。。うっ、しもうた。

いつも通り話が逸れますが、
全面通行止めって好きなんですよね。
花火大会の時とか、ちょっとした非日常感があるでしょ。
ワクワクしちゃう。

時間が近づくにつれて人が集まって来ました。
那須のロードレースのプロチーム那須ブラーゼンカラーの黄色い幟や、宇都宮ブリッツェンの赤い集団が目立ちます。

そんなこんなしているうちに交通規制、
あっという間にゴールが設置され、
実況アナウンスが流れるようになり、
先行してパトカーなどが走って来ました。

20170402004.jpg

目の前を走り去り、あっという間のゴールでした。
もともと選手に詳しくないのと動体視力の問題で誰が一位だったのかわかりません。笑

先ほど、3日目のレースが終わり、
ゴールの宇都宮から順位が発表されました。

個人総合時間
1位 アタッキ・チーム・グストのベンジャミン・ヒル選手
2位 キナンサイクリングチームのジャイ・クロフォード選手
3位 宇都宮ブリッツェンの鈴木譲選手

山岳賞 アタッキ・チーム・グストのベンジャミン・ヒル選手
新人賞 宇都宮ブリッツェンの岡篤志選手

チーム総合成績1位は、
キナンサイクリングチームだったそうです。
(twitter @tourdetochigiより)

那須ブラーゼンは残念でした。
また次がんばってね〜♪

2017年04月01日

ザ ボウ バー The Bow Bar

201703203001.jpg

エジンバラ城から旧市街のTHE LAST DROP ザ・ラストドロップに行く途中にあるThe Bow Bar ザ・ボウ・バー です。
ブルーと金文字が落ち着いた雰囲気を出していますね。
ちょっと高いのかな、と思って一度素通りしてしましました。

201703203002.jpg

中は普通に落ち着いたパブでした。
タップの並ぶエールがオススメのようですが、300種類を超えるウィスキーを在庫しているそうです。この絵面ではそうは見えないですよね。

201703203003.jpg

とりあえずビールだけ飲んで帰っちゃいました。。
このテーブルが変わっていて、奥行き30センチくらいの細長い形。
グラスしか置けないって感じで、潔い。
参考になります。

The Halfway House ハーフウェイ ハウス

201703201001.jpg

エディンバラの駅近く、
長く細い階段の途中にあるThe Halfway House ハーフウェイハウス。

旧市街は路地という路地にパブがあって、それぞれに個性や歴史がありそうだ。

ここはすごく小さいし、すごく入りにくい。
でもこういうパブって独りだと逆に入りやすいんだよね。

ふたりで初めて入る店だと稀に、
え、本当に入るの?すごい入りにくいんですけど、、
とか言われたりするんですよね。笑

201703201003.jpg

入ると小さいカウンターが満席。
テーブルも4つくらいあるけど塞がってました。

まぁ、いいや。
ビールたのもう。

店の女性はとても柔和でオーダーしやすい。
でも席がないので立ち飲みかなぁ、と思ってみたけど、
店が狭い上に立ち飲みしてる人がいないと、どうも落ち着かない。

テーブルに一人で座っているおじさんがいたので、
ここ、誰か来ます? って聞いたら、
ないない、どうぞどうぞ、と相席させてくれました。

201703201002.jpg

ポテチの袋は おじさんの。

ここはホントはおつまみも評判らしい。
でもオーダーしにくいし、ビールだけでいいか。

おじさんに話しかけてみる。

毎日来るの?
毎日は来ないよ、病院行ってるから。

それでもビール飲んでるし、酒飲みっぽくて話しやすい。

今日は雪降ってたけどいつもこんな寒いの?
何日か前はもっと降ったよ、鉄道や空港も動かなかった。

そうなんだ、うちらはラッキーだったな。

相席させてくれたお礼に、と、
うちの奥さんが、持っていたホッカイロをおじさんにプレゼントした。
使い方を説明しようとしたら、すぐにハンドウォーマーだとわかったみたい。

じゃ、もうホテルに帰るよ。
というと、おじさんは、
もうか?まだ早いよ!と袖をめくって時計を見る仕草をさいた。
長袖のセーターの下には腕時計の代わりに黒いタトゥーが肌着のようにびっちり入っていた。
反射的に、時計ないじゃん!ってツッコミながら一緒に笑ったけど、
それ以上の展開ができない語学力が虚しかった。

握手して店を出る。
やっぱり飲み屋は楽しいな。

うちの奥さんには付き合わせちゃったから、
ちょっと疲れたみたい。

201703201004.jpg

さて、また細い階段で帰りますか。

2017年03月23日

スコッチウィスキーエクスペリエンス The Scotch Whisky Experience

20170320001.jpg

エディンバラ城のすぐ近くにあるスコッチウイスキーのミュージアム、
スコッチウィスキーエクスペリエンスThe Scotch Whisky Experience。

試飲付きツアーが2種類、モルト1杯つきのシルバーと5杯つきのゴールド。
他にもレストランでの食事付きなど選べるようで、オンライン予約もあります。

5杯つきのゴールドにしようと思ったのですが、
この日は急な冷え込みで雪がちらついてきたこともあったのか、とても混んでいて、シルバーのみの受付とのことでした。
飲みたい人はツアーの最後にバーがあるので、そこでテイスティングセットを注文できるとのこと。
トータルの代金は変わらないみたいです。
よくわかりませんがシルバーチケットを購入して、いざ!

先ずはアトラクションのような電動のゴンドラに乗って、多言語対応の音声ガイドを聴きながらウイスキー作りの基本的な説明を聞きます。

20170320002.jpg

このアトラクションのようなゴンドラの部分のみ日本語対応ありでした。
流されながらの解説を聞くのであっという間に終わります。

20170320003.jpg

順路に沿って進みます。
ウイスキー蒸留所には猫ですよね。
穀物保管の敵、ネズミを捕まえてくれますからね。

20170320004.jpg

世界中で飲まれているスコッチウイスキーについて、
ガイドの説明を聞きてから、
その香りや個性、産地による特徴などをイメージさせる動画を見ました。
30人くらいで満席となり入室制限がありました。
終わると次の部屋へ全員で移動します。

20170320005.jpg

試飲の部屋です。
スコッチの産地別の香りの特徴を表すカードとグラスが配られました。
カードには、スペイサイド、ハイランド、ローランド、アイラ、キャンベルタウンに色分けされた丸があり、それを擦ると香りがします。
自分の好みの香りの色と同じ色(産地)のライトの下にグラスを置くように言われました。
レインボーカラーはブレンデッドです。
僕はアイラが飲みたい気分だったので、アイラの場所に置きました。
スタッフの方がグラスにそれぞれのウイスキーを注いでいきます。

ウイスキーの入ったグラスを持って、全員で次の部屋へ移動します。

20170320007.jpg

このツアーの見どころのひとつ、ウイスキーコレクションです。
ここでグラスに注がれたウイスキーが明かされます。
アイラはカリラでした。

ここには4000本近いウイスキーがあるそうです。
ウイスキー好きならここでゆっくりしたいところですが、次のグループが来るので早く出るよう促されます。笑

この部屋を出たところのバーコーナーでツアー終了。
まだ飲みたい人はここで飲んでね、という感じです。

20170320008.jpg

テイスティングセットをいただきました。
スペイがベンリアック、ハイランドがオールドプルトニー、アイラがラフロイグのセレクト、ローランドがキンチーでした。

20170320009.jpg

カフェ的な明るい空間です。
みんな楽しそう。

日本人のウイスキーファンは割りとマニアックですから、ここですごいレアなものが飲めるという印象はありませんが、疲れててもウィスキー飲むと生き返るよね。笑

この部屋を出ると併設されたウイスキーショップに出ます。
もちろん免税手続きしてくれるようです。
公式サイトにオンランショップもあるので、そこで大体の在庫が見られます。
実際は、エジンバラでウイスキーを買うより日本で買ったほうが何故か安いので何も買いませんでしたが、日本には一時的な並行輸入しかされなかったエドラダワークリームとかまだ普通に売ってるので、お土産にはそういうのも喜ばれるかも。

more..... "スコッチウィスキーエクスペリエンス The Scotch Whisky Experience" »

Author→KARAKARA

faccebook.jpeg karakarafactory


CATEGORY

RECENT COMMENTS

BSアンテナを買ってみたので自分で取り付けてみるのだ。
▲Kawa @ 2015/06/17 02:05
▲nozawa @ 2015/06/17 09:49

南湖とサクラとお団子と
▲Sawayaka30 @ 2015/04/10 05:46
▲nozawa @ 2015/04/10 09:05

SIMフリーにしてもうすぐ4ヶ月の利用明細
▲Sawayaka30 @ 2015/03/28 17:05
▲nozawa @ 2015/03/28 17:42

ルーブルを断片的に回想 8 レオナルド・ダ・ヴィンチにみるユマニスム
▲Kawa @ 2015/02/06 10:16
▲nozawa @ 2015/02/12 02:45

デッキのメンテナンス塗装しました。
▲minmin @ 2014/02/27 09:44
▲nozawa @ 2014/02/27 10:51
▲minmin @ 2014/02/27 11:33

Olasonic NANOCOMPO NANO-CD1
▲Kawa @ 2013/12/31 09:15
▲nozawa @ 2013/12/31 14:11

NANOCOMPO NANO-UA1
▲Kawa @ 2013/12/14 16:42
▲nozawa @ 2013/12/15 17:03

あけましておめでとうございます
▲Mela @ 2013/01/05 08:53
▲Karakarafactory @ 2013/01/05 10:10

17回目の結婚記念日
▲Mela @ 2012/12/20 22:59
▲Karakarafactory @ 2012/12/20 23:53

ミラノのスカラにて
▲Kawa @ 2012/12/03 20:49
▲Karakarafactory @ 2012/12/03 22:52
▲Kawa @ 2012/12/05 12:10
▲Karakarafactory @ 2012/12/06 10:46

ARCHIVES

  
         
madeonamac-1.gif


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ