2016年08月24日

ゴードンズ Gordon's

201608231001.png

ゴードンズ Gordon's....45ml 350yen

蒸し暑い日はジンベースのカクテルをよく作ります。
ジンには解熱や利尿作用がある薬として作られたという話がありますから、冷凍庫でキンキンに冷えたジンでカクテルを作れば、グラスの表面も涼しげに曇り、飲めば体の中から涼しくなるような気がします。

カラカラでジンベースのカクテルを作る時のスタンダードはゴードンズです。
自分が美学校に通っている頃からよく飲んだお酒です。何せ安いですから(笑
愛着を持ちはじめたきっかけは、映画「スティング」でした。
ロバットレッドフォード扮する詐欺師が酔ったふりしてポーカーをするのですが、ボトルのジンを顔に掛けて酒臭くして、水で薄めたゴードンのボトルを手に、薄まったストレートを何杯も煽る、煽る。
ゴードンを使ったカクテルの出てくる映画の代表としては、やはり「カジノロワイヤル」でしょう。
ジェームスボンドが注文するマティーニは、ステアではなくシェイクで、ゴードンを3、ウォッカを2、リレを1/2。

マティーニやジントニックを褒めていただくことはあっても、ジンをストレートやロックで飲む人から、やっぱりゴードンが美味しいね、っていう声を聞いたことがありません。
でも、それでいいんです。
カラカラのスタンダードはゴードンズです。

2016年08月23日

ザ・フェイマスグラウス The Famous Grouse

201608222001.png

ザ・フェイマスグラウス The Famous Grouse....45ml 500yen

殻々工房でスタンダードとして使っているブレンデッドスコッチウイスキーです。
水割りやハイボールで指定がなければこれを使います。
癖がなく甘みがあり飽きのこない味だと思っています。

発売当初「ザ・グラウスブランド」として売り出されたこのウイスキーは狩猟を趣味とした上流階級を意識して、狩猟のターゲットとなる雷鳥(グラウス)を名前に入れたという話があります。そうれが良かったのか味が良かったのか、このウイスキーは人気となり、あの有名な雷鳥のウイスキー、と呼ばれるようになったことから、「ザ・フェイマスグラウス」に改名し他とのことです。
あ......あんまり薀蓄たれてるとこのあとお酒のアップが続かないのでこの辺で(笑

wikipediaによれば、キーモルトはマッカランとハイランドパーク。
ちょっと前にリニューアルして蒸留所見学もできるようになったグレンタレット蒸留所で作られています。行ってみたいね〜。

2016年08月22日

Bar 殻々工房 のボトル棚卸し

20160821002.jpg

たまに電話の問い合わせで、
そちらに〇〇〇〇というお酒が置いてあるって聞いたんですけどまだありますか?
というのがあるんです。
今年になってからは何回か。

隠し持っているお酒もありますけど(笑、ほとんどは売りもので 飲みものですから、ここはひとつ公開棚卸しでもしてみようかなと思います。
奥の方で忘れられちゃってるのがあるかもしれないしね。

よくこういった飲み屋によるネットでのお酒の紹介は価格を伏せたりしますから、
そこも公開してみようかと。
目の前に飲んでみたいお酒があった時に多くの人は価格が気になりますでしょ。
バーってメニューにないお酒の方が多いものです。

ただ1杯あたりの価格はその時の仕入れ値によって変動することがありますから、あくまでその時の提供価格としてご参考までに。

仮に1杯3500円のお酒があるとします。
うちには1杯350円のお酒もありますから、それに比べたら3500円は高いです。
しかし、350円のお酒を10杯飲んでも得られない幸福感が3500円のお酒にあることもあるし、350円のお酒を10杯飲んだほうが取れる疲れもありますよね。
どちらでもお会計は一緒です。
原価は350円のお酒の方が安かったりします。
お酒の高い安いは個人的な尺度の問題だったりもしますから、その辺りは恐れずに参ります。

more..... "Bar 殻々工房 のボトル棚卸し" »

2016年08月15日

ラギオールとライヨールと なんちゃって。


先日、「ラギオールと、なんちゃってラギオール」という記事を書いたのです。

内容は、シャトーラギオールのソムリエナイフと同じメーカーだと思い込んでパリで買ったステーキナイフと、それとそっくりなベルギーのステーキナイフとの比較でした。
いつも通りfacebookにもシェアして、いつも通りに泥酔してから就寝、翌朝エントリー中の拡大写真を見直したら、これラギオールじゃないんじゃない? 疑惑が自分の中で浮上。

調べてみると、今までラギオールだと思っていたステーキナイフはライヨールなのだと判明。

.....しもうた、こりゃいかん! 嘘の情報を流してしまった!

とエントリーを非公開にし、お盆のドタバタを過ぎ、やっと書き直した次第です。
facebookに、いいね、やコメントしてくださった皆さま、ゴメンナサイ。

どうして間違ったのかというと自分の無知と不注意によるものですが、
トレードマークが似ていることと、スペルが同じなことも原因なのだと言い訳しておきましょう。(笑

これです。

20160815001.jpg

ステーキナイフが自立しながったのでソムリエナイフでサンドしてみました。
両横がシャトー・ラギオールのソムリエナイフで、中央がジャンデュボ・ライヨールのステーキナイフです。

似てるでしょ?
サイズも一緒だし。

ラギオールとライヨールのスペルはどちらでも「LAGUIOLE」です。
この読み方の違いは方言のようなものだと説明されているサイトがありました。
ちなみに、ソムリエナイフでシャトーラギオールと共に有名なライヨールはフォルジュ・ドゥ・ライヨール。
これまた違うメーカーでこれまたよく似たステーキナイフを作っています。
どちらも同じ産地でラギオール村近郊の村、ティエールだそうです。

詳しくは画像入りで説明されているこちらのサイトをご参照ください。
”ラギオール?ライオール?”世界中がラブコールのテーブルナイフって?/ キナリノ

ラギオールナイフって特許がないからいろんな会社が作っていて、そっくりなものを作ったとしても訴えられることがないってことでしょうか。

さてここで改めて先日の記事を振り返ります。

まずは、これです。

201606161001.jpg

上のナイフがパリのホームセンター「BHV」の冬のセールで6本50ユーロくらいで売ってたジャンデュボ社のライヨール。
3年くらい使ってます。
日に日に切れ味は落ちてゆきますが、はじめは切れ味が鋭すぎて、触っただけで何度指に傷を作ったことか。先日までは、さすがラギオール!と呟いておりました(笑

下のナイフはベルギーにあったオランダ発のホームセンター、というかニトリのような生活雑貨チェーン店の「HEMA」のセール品、6本セットで6ユーロだったステーキナイフ。


これまたそっくりでしょ(笑
見事なパクリっぷりに持ち帰って見比べたりなり思わず買っちゃったのでした。

しかし、1ユーロにしちゃかなり良く切れるんですよ。
っていうか1ユーロには見えないし。
半額セールだったので一応定価は2ユーロ、ということは230円くらい.........ん?半額処分ってことは230円でも売れ残ったってことです。

試しに半年くらい店で使ってみてますけど使用感は全く問題ないようで、むしろ、このナイフ良く切れる〜♪ なんて耳にした時にたまたまHEMAだったりするんです。
ニトリで買ったなんて言えない。(←いや、ニトリじゃないけど。)

HEMAのにはハチのマークはありませんし、刃のギザギザの深さも違います。
(上の画像をクリックすると拡大します。)

201606161003.jpg

とはいえ、フォルジュ・ドゥ・ライヨールのソムリエナイフの背にもハチの彫りはありませんから、これはフォルジュ・ドゥ・ライヨールな感じにしたってことなの?

元々ラギオールって本物も偽物もないと思えば、だんだんとどうでも良くなってきたり。
とはいえ手に持った時の硬質な感じは明らかに違うんですけどね。

ダイソーだったらこれいくらで作れるんだろう(笑

more..... "ラギオールとライヨールと なんちゃって。" »

2016年08月07日

那須野ふるさと花火大会2016

20160806001.JPG

今年は2年に1度の花火大会の年で、しかも今年はうちの奥様の誕生日。
花火が好きで毎年仕事が休みの木曜日にどこかで花火大会をやってないか探しては足を運んでいたのですが、今年は地元ということもあり休んで会場に行ってきました。
誕生日に好きなことを我慢しながら働いていただくこともないでしょう。

まずは4時くらいに花火大会の駐車場にもなっているドンキホーテに駐車。
すでに渋滞も始まりつつあり、スペースは続々と埋まっている様子。
まだ陽が高く、会場に行ってもるすることがないので、歩いてチャウスChusへ。
バースデー生ヨナヨナエールなのです。便乗、便乗。
打ち上げまでここで飲めるっていうのが嬉しいですよ。

杯を重ね、いい感じでほろ酔いになりました。
6時くらいにチャウスを後にし、会場へ。
疎らな人の波に乗り、黒磯公園を抜けて会場の河畔公園に到着、河原近くの芝生の上まで行き、持ってきた小さなビニールシートを敷いて準備完了。

そういえば、僕の育った場所でも大きな花火大会があり、同じ日に催されたようです。
会場から最寄りの臨時駐車場となっている小学校の隣が僕の家だったので、歩いて会場へも行けたのですが、小さい頃から毎年家の前に縁台を出して、蚊取り線香を焚き、昼に買ってきたおやつやジュースを開けながら見るのが大好きでした。

20160806002.jpg

ここ黒磯の花火大会は露店の周りは人混みですが、
河川敷まで来てしまえばのんびりしたものです。
微かに那珂川の流れを聞きがなら、芝生に寝そべって見上げる花火もいいものです。

more..... "那須野ふるさと花火大会2016" »

2016年08月04日

玄関前で作業しているといろいろもらえるのだ。

20160803001.jpg

このところ雑用が多くせわしくて、戸口の草木も放埒な成長を見せている。
足の踏み場のない部屋に居所を作るように雑用の隙間を拡げなければ、
床も時間も見つからないものなのだと思うこの頃。

今日こそはやるぞ、と作業着を着て戸口に立ってみる。
さすが8月、やや暑い。
まずはイメージトレーニング。
枝切り鋏を手に持ちながら半眼になり、
映画「シザーハンズ」のジョニーデップを思い浮かべる。
エドワードのように間髪入れずにシャキシャキ刈り込むのだ。
イエス、アイ キャン!

雪柳、日向水木、小手毬、梅桃、、
寄せ植えた庭木を迷いなくザクザクと刈り込んでみる。

明らかに刈り込みすぎたが、気にしない。
そう、シザーハンズのジョニーデップはいつもクールだ。
そういった意味でイメトレは成功していたと言って良い。

ふと、
見上げると玄関に掛かる木の枝に赤い実が2つ付いている。
そういえば、あれはプラムの木だった。
これはこれは、棚からプラム、ヒョウタンからプラム、早起きじゃないけどプラムの徳。

するとそこに、
近所の方が声を掛けてくるではないか。
振り返ると黄色い玉を持っている。

20160803002.jpg

夏子夏(ナツコナツ)というのだそうだ。
頑張ってるからお裾分けなのだそうだ。
プラムの収穫量よりも多いではないか。

するとそこに、
車が止まり、男が声をかけてくる。

more..... "玄関前で作業しているといろいろもらえるのだ。" »

2016年07月13日

一望閣にて那須温泉アートアパートメントの作家の制作がはじまります!

%E9%82%A3%E9%A0%88%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97201%206.jpg

↑click!

事務局として参画させていただいております「那須温泉アートアパートメント」が、いよいよ本格的に(ちょっとずつ)始動します。

マップにある部屋は現在、全て展示前の状態で普通に温泉旅館としてご宿泊を受け付けておりますが、展示作業中は一時的に宿泊不可となり、作業が終わりましたらアートアパート部屋として宿泊受付できるようになります。
作家により一気に完成させる部屋、展示替えをする部屋、何回かに分けて制作し徐々に充実させていく部屋など様々です。

4階にあるラボ2室は複数の作家がルームシェアする大部屋です。
作品の相性や作家の希望で、場所が変わることがありますのでまだ確定ではありません。

ホームページも少し更新されてますのでよろしかったら。
マップから作家紹介をご覧いただけるようになりました。

那須温泉アートアパートメント
http://karakara.pepper.jp/nasuonsenartapartment.html

明日、一望閣は、永瀬恭一さんによる展示作業がはじまり、キオ・グリフィスさんによるWord Of Color - voice recording tourの収録会場となります。

アートアパートメント事務局は、代表 五十嵐 順一 (絶景一望閣取締役)、副代表 米倉万美(イラストレーター)、現場監督として私、のざわかずひろの3人による小さな事務局です。
作家の制作に関して近隣の方の手助けが必要な場合もあるかもしれません。
その際は、ご無理のない範囲でお力をお貸しいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

冬のブルージュ散策03

201608174001.jpg

晴れたり、曇ったり、雨降ったり。
ブリュッセルもブルージュも、冬はいつもなのかどうかはわからないけど、1日のうちに何度も天気が変わって、ダウンジャケットが乾いては濡れての繰り返し。

やっぱり天気がいいと気持ちがいいね。

201608173002.jpg

雨が上がると、余分に写真撮っちゃうから意味もなく載せてみる。

ベルギーのチョコをチョコっとずつ/DUMON

201608173001.jpg

郷に入っては郷に従え、ベルギーに来たならチョコを食え、なのですよね。

ブルージュに来たならデュモンDUMONなのだそうだ。
ショコラティエってブティックみたいなところが多いからはじめはちょっと緊張するけど、一個から売ってくれるから庶民的な店構えだと対面販売の駄菓子屋さんって感じですね。
作りたてが美味しいというプラリネを2つ。
美味しい!

冬のブルージュ散策02

20160818001.jpg

夕暮れ、ホテルに戻る前にビールを買いに。
ブルージュのマルクト広場の角にカルフールがある。
このスーパーはヨーロッパのどこに行ってもあるんじゃないかくらいに、主要都市で見ないことがない。品揃えも十分だし、大きめの店舗ではいつも鶏の丸焼きがあって、とりあえずそれを買って帰れば腹にもたまる。

20160818002.jpg

ライトアップされた市庁舎。
地図上でこの広場は、Market Placeと併記してGrote Marktとあります。
Market Placeマルクト広場は、「マルクト」は「市場」だから「市場の広場」。
Grote Marktグロートマルクトは「大きな市場」。
どちらも意味はないですね。

20160818003.jpg

そういえば、ブリュッセルにある世界遺産のグランプラスも同じような意味だし構成も似てますね。
ブルージュの広場にも市庁舎の横にギルドハウスが見られます。
グランプラスほど賑やかではない。
でも無理に派手に見せようとしてない分、グランプラスよりも佇まいが美しいな。

20160818004.jpg

鐘楼と空。

20160818005.jpg

カルフール前から。
景色を愛でているように見えて、気持ちはもうビール、ビール。
ここよりもホテルの近くにBruges Beer Museumというのがありました。
もちろん入ってみました。
種類は多いけどお土産価格で普段使いではないような。



Author→KARAKARA

faccebook.jpeg karakarafactory


CATEGORY

RECENT COMMENTS

BSアンテナを買ってみたので自分で取り付けてみるのだ。
▲Kawa @ 2015/06/17 02:05
▲nozawa @ 2015/06/17 09:49

南湖とサクラとお団子と
▲Sawayaka30 @ 2015/04/10 05:46
▲nozawa @ 2015/04/10 09:05

SIMフリーにしてもうすぐ4ヶ月の利用明細
▲Sawayaka30 @ 2015/03/28 17:05
▲nozawa @ 2015/03/28 17:42

ルーブルを断片的に回想 8 レオナルド・ダ・ヴィンチにみるユマニスム
▲Kawa @ 2015/02/06 10:16
▲nozawa @ 2015/02/12 02:45

デッキのメンテナンス塗装しました。
▲minmin @ 2014/02/27 09:44
▲nozawa @ 2014/02/27 10:51
▲minmin @ 2014/02/27 11:33

Olasonic NANOCOMPO NANO-CD1
▲Kawa @ 2013/12/31 09:15
▲nozawa @ 2013/12/31 14:11

NANOCOMPO NANO-UA1
▲Kawa @ 2013/12/14 16:42
▲nozawa @ 2013/12/15 17:03

あけましておめでとうございます
▲Mela @ 2013/01/05 08:53
▲Karakarafactory @ 2013/01/05 10:10

17回目の結婚記念日
▲Mela @ 2012/12/20 22:59
▲Karakarafactory @ 2012/12/20 23:53

ミラノのスカラにて
▲Kawa @ 2012/12/03 20:49
▲Karakarafactory @ 2012/12/03 22:52
▲Kawa @ 2012/12/05 12:10
▲Karakarafactory @ 2012/12/06 10:46

ARCHIVES

  
         
madeonamac-1.gif


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
QLOOKアクセス解析