« 荒井孝展/宇都宮美術館 | Main | 直尺と曲尺 »

コートールドギャラリー

201101242001.jpg201101242002.jpg
地震でバタバタしていたからロンドンのエントリーを止めてしまった。でも残りをまたちょっとずつアップしようと思っています。時間が経っちゃったけど、こういう復習をしないとなかなか頭の中にきちんと残らないもので....。

入場無料の美術館が多いロンドンの中で、ここCourtauld Galleryコートールド協会美術館は大人1人5ポンドの入場料が掛かるのだけれど、月曜の午後2時までは入場無料ということで2人で10ポンド程節約してしまった。
実業家のサミュエル・コートールドのコレクションを元に設立されたコートールドギャラリーは、さまざまな政府関連機関、芸術・教育関連機関の入っているサマセットハウスの中にある。厳密にはロンドン大学附属コートールド美術研究所 (Courtauld Institute of Art) の美術館なのだそうだ。冬になると中庭はスケートリンクになるのだけど、1月下旬のこの日はスケートリンクの解体作業がはじまった所だった。

201101242014.jpg201101242003.jpg
ルネッサンスから印象派の作品が多いけど、近代の作品もあり幅広かった。
クラナッハ、ボッティチェリ、ブリューゲル、ルーベンスなどなど。


201101242005.jpg201101242015.jpg
マネのフォリー・ベルジェールの酒場。このギャラリーの目玉の1つ。
この絵は壁のほぼ中央に掛けられていて、この壁はこのマネの作品以外全部セザンヌ。セザンヌの風景画に囲まれるようにマネが一点展示されている。
このギャラリーで使用しているピクチャーライトは部分的に照らすし画面が光っちゃうから個人的に好きじゃないな。。

201101242006.jpg201101242004.jpg
ゴーギャン、ゴッホなどやはり印象派の作品が充実したコレクションでした。

201101242008.jpg201101242009.jpg
キレイな螺旋階段。

201101242011.jpg201101242010.jpg

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/832

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2011年03月25日 07:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「荒井孝展/宇都宮美術館」です。

次の投稿は「直尺と曲尺」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34