« サン・トリニテ教会 L'église de la Sainte-Trinité | Main | 夕暮れのコンコルド広場 »

ピナコテーク・ド・パリ(パリ絵画館) Pinacothèque de Paris

20130127700.jpg

マドレーヌ広場近くのショッピングなどで賑わうエリアにあるパリ絵画館、ピナコテーク・ド・パリ。2007年に開館し、2011年にはすぐ近くにピナコテーク2も開設。どちらかだけ見ることもできるけど、セットのチケットを学割で購入。ここは常設よりも企画展が魅力の美術館で、面白そうだから是非来てみたいと思っていた美術館の1つ。この日はピナコテーク1では「VAN GOGH-Rêves de Japon ファンゴッホ・日本の夢」展、ピナコテーク2では「HIROSHIGE-L'art du voyage 広重・旅の芸術」展が催されていました。たまたま日本に関連のある企画なのかな、と思ったら、割りと日本贔屓の美術館でいらっしゃるようで、ありがたいことですねぇ。
オルセーやルーブルなどでの常設展は観光客が多いけれど、こういった企画展は地元の人のほうが多いみたい。作品の見方もじっくりゆっくり見る感じ。

20130127701.jpg

ピナコテーク1から通りを渡った左先角にあるピナコテーク2。
チケット売り場はココ。まずは、こっちのHIROSHIGE-L'art du voyageから見ることに。
歌川広重の版画200点という「東海道五十三次」や「木曽街道六十九次」などのシリーズを中心としたものや、当時の日本地図、旅の道具などなど。版画作品などはオランダのライデンにあるRijksmuseum voor Volkenkunde国立民族学博物館の所蔵なのだそうだ。

20130127703.jpg

会場はどちらも撮影禁止だったので、エントランスだけ。

20130127702.jpg

ピナコテーク1のVAN GOGH-Rêves de Japonへ。
ここではゴッホが影響を受けたという広重の作品のディテールと、それが実際に作品に使われているというゴッホの油彩とを並べ、解説も添えて展示されている。なるほど、これはそっくりだ、というのもあれば、これはどうかな.....というものも(^^;
それにしても、これだけコンセプトに対してストレートな展示をする美術展って面白い。画集よりも美術書を読んでいるみたい。

Pinacothèque de Paris
http://www.pinacotheque.com/

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1054

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2013年03月01日 13:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「サン・トリニテ教会 L'église de la Sainte-Trinité」です。

次の投稿は「夕暮れのコンコルド広場」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34