« メーカーズマークMaker's Mark | Main | ビーフィーター・バローズリザーブ BEEFEATER BURROUGH'S RESERVE »

ブルージュからゲントへ移動

201608189001.jpg

ヨーロッパって陸続きだけと国によってホテルのモーニングのボリュームが違いますね。
今回のブルージュでのホテルは僕らにしてはお高めだったのですが、オフシーズンでかなりの割引でお得だったので、そこで一番リーズナブルな屋根裏部屋に泊まりました。
ここの朝食はフルホットビュッフェで美味しかったです。

これだけあれば夜ならワイン1本飲めるんだけど、といつも思う(笑

201608189002.jpg

ヤン・ブリトーJan Britoというホテルなのですが、オフシーズンということでガーラガラ。
3日間の滞在でしたが、スタッフの対応は落ち着いていてフレンドリーで、心地よくのんびりできました。

201608189003.jpg

もともとは貴族の館だそうで、このレストランも趣があるというか、清潔だけど絶妙にやれていてブルージュの街の印象と被ります。
ブルージュはヴェネツィアよりも退廃的ではないけれど、やっぱり似た雰囲気がありますね。
ということで、また三島由紀夫がヴェネツィアを上手いこと表現した一節を思い出しておこう。

「建物がまた、健全な趣味の簡素な建物ではなく、バロックまがいルネッサンスまがいの装飾過剰のものばかりだから、こうした町の印象は、老貴婦人が、ボロボロのレエス、裾の腐りかけた夜会服を身にまとって、立ったまま死んでゆくのを見るようである」

読み返すに、ヴェネツィアの独特な暗さにはたまらなく魅力を感じます。
それに比べるとブルージュは健全だったな。

201608186001.jpg

ホテルをチェックアウトし、スーツケースを転がしてマルクト広場へ。

201608186002.jpg

見納めだなぁ〜。

201808181110.jpg

マルクト広場のヒストリウム前が駅に向かうバスのバス停です。

201808181111.jpg

この後はまたゲント駅のコインロッカーにスーツケースを預けて、「奇跡の子羊」の修復をしているゲント美術館へ行ってから、この夜の宿泊先アントワープへ向かいます。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1728

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2016年09月18日 22:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「メーカーズマークMaker's Mark」です。

次の投稿は「ビーフィーター・バローズリザーブ BEEFEATER BURROUGH'S RESERVE 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34