« 足場ができました。 | Main | 建て方初日の風景 »

プレハブを解体してみよう。

20030809001.jpg

私たちが結婚してから8年間暮らした借家には家よりも広い庭がありました。
これ幸いと、私と相方は一人一棟ずつ、アトリエとしてプレハブを建てました。結婚祝いといして戴いたお金で建てたので「嫁入り道具」ともいえます。
建てる際には大家さんに連絡し許可を得て、家を出る時は「壊しても良いし、置いていても良いのよ」と言ってくれた仲介の不動産屋さんの言葉に安心して建てたのでした。

さて先日、那須に引っ越すべく片付けをして家を出たところ、数日後に大家さんから連絡があり「プレハブ撤去して行ってくれないと困るんだけど~」との事。
あららら?と思いながら大家さんと話をすると最初から置いていっては困ると言っていたそうで、仲介の不動産屋さんの意見を私らは鵜呑みにしていたらしいのね。
不動産屋さんに聞こう思ったら担当の方、既にお亡くなりになられているという・・・・。

こっちはもう直ぐ那須で建て方が始まろうって時で、あまり事を長引かせたくないし・・もちろんテレビの法律番組に手紙を書くような悠長な事はしていられないってんで
「分っかりましたー!撤去しましょう!」って言っちゃいました。
プレハブを買ったところに見積もりを取ると一棟75000円で2棟で150000円っていうからビックリ!!
「え~!?そんなのムリムリ」という事で、自分達で解体して処分する事に。

まずは壁を打ち抜いて、窓とドアを取って、細い柱を取って、4本の柱が残ったところでグ~ラグ~ラ揺らして強引にバターン!!
基礎のブロックがモルタルでガッチガチに固まっていたので大きいバールで砕いちゃいました。
ここまでくればあとは分別。
ぜんぶ産廃として捨てるんじゃ高くつくと思ったので、トタンと木材とグラスウールとカーペット、アルミ、などに分別しちゃいました。
時間さえあれば、小さく刻んで普通ゴミで出せるらしいん(お~これならかなり安くなるんじゃないですか?)だけど、時間が無いのでレンタカーを借りて直接、町のゴミ処理場へ。
木材で燃料として使えそうなものは那須に運ぶこととして、それ以外を1,25tのトラックに2回に分けて運んで、掛かった処分費が3620円!
普通のゴミ処理場ではブロックとコンクリートガラは受け付けてもらえないっていうんで、産業廃棄物の処分場に運びました。
そこでの処分費はコンクリートはは1m3あたり15000円くらいだそうな。ちょっと高いな、なんて思って軽く交渉。
美術学校時代から来ている絵の具だらけの「ツナギ」と「殻々工房」という屋号がよかったのか、0.8m3という計算で税込み9000円にしてもらえました。ラッキー。
しかも冷たいウーロン茶2本戴きました。
レンタカーに残りの木材(釘つき)を積んで那須へ。レンタカーは黒磯へ乗り捨て契約にして9450円。レンタカーの燃料を満タンにして1847円。
という事で、かなり疲れましたが、3520円+9000円+9450円+1847円=23817円でした。

いやぁ~やってみるもんですね。

20030809002.jpg

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1159

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2003年08月09日 00:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「足場ができました。」です。

次の投稿は「建て方初日の風景」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34