« ドイツトーヒ | Main | 店のキッチンの南の扉と北の扉 »

子世帯にロフトを作りました。

20040610001.jpg

今週末、設計長率いるCitrohan.net の方々がウチに遠足に見える。
Citrohan.net とは、Be-h@usのこと建築のことそれに関するいろんなことを、建築家も職人も施主も興味ある人は職業資格問わず、ネット上でオープンに前向きに話し合いましょう、というメーリングリストグループで、時々Be-h@us見学会やレクチャーなどのオフ会もある。
この夏は、ここ殻々工房を見学会&宴会の場所に選んで頂いたというわけです。
とりあえずOPENしてから、あっという間の2ヶ月。
未だにダンボールの積まれた部屋で、寝袋を広げて寝ている。
こ。これではいかん。
荷物を整理する為、いや、多少でも見栄えをよくするため、
ロフトスペースを作ることにした。

ロフトといっても、躯体の桁の上に2×6材を載せるだけ。

20040610002.jpg

こんな感じ。長さ2240mmの2×6を、6m分約44本敷き詰めてビス止めした。
シロートのハーフビルドなればこそ、小口なんかそのままだけど、後から足したり引いたりが楽なほうが、そんなことを考えながら使ったほうが、楽しいじゃない。

ロフトの突き当たりにある右側の壁は、構造上必要なものなのだが、その奥、壁に仕切られた幅1mのスペースが気に入っている。

20040610003.jpg

正面には1×2mのフィックス窓。空と揺れる梢が見える。屋根裏にいるのに自然光に包まれているから、まるでブランコに乗っているような気分だ。
そこに腰掛けるように両足をぶら下げて、ぼうっと窓の外の様子を眺めていると、頭の中まで空に溶けてしまいそうになる。そのうち横たわって、ぼんやり色んなことを考える。
1人分のスペースはいい。自分だけの場所。それにしてはちょっと余裕のあるスペースだから工房長を誘ってみた。
ね、ちょっと来てごらんよ。
いや、いい。高いとこ苦手だもん。
やっぱり。
後でテーブル付けよう。飛行機の中みたいにコンパクトなのを。それで本読んだり、大好きなナンバークロスに耽ったりするんだ。

20040610004.jpg

作業場と化したベランダに戻ると、いつの間にか雨が通り過ぎたらしく、鋼尺やスケールに水の玉が光って、2×材からぷんと材木の匂いがした。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1266

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2004年06月11日 15:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ドイツトーヒ」です。

次の投稿は「店のキッチンの南の扉と北の扉」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34