« 春一番は怖い | Main | アンテナの取り外し »

屋根の修理

20080225001.jpg
昨日の風は、那須町湯本の消防分署で40.3m/sを記録したらしい。那須のあちこちで倒木、車の横転、新聞に載らないまでも小屋や何やいろんなものが吹き飛ばされたと聞いた。今日は一転して嵐のあとの穏やかな春のような陽射し。うちの屋根も一部剥がれ修理しなければならない。だけど、僕は高い所があまり得意ではない。足場が掛かっていたときはまだ良かったが、何も無い屋根に登るのは平屋が限界。友人の大工さんに仕事をお願いしました(^^;

20080225002.jpg
うちの屋根はガルバリウムの波板を使っている。それを止める傘付きの釘はアチコチで浮き上がっていた。取り敢えず、剥がれた波板を戻して釘止めしコーキングをしてもらった。長期的に見ると補強が必要かもしれない。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/207

Comment(6)

yuko:

屋根の上に、澄んだ青空が見えます。本当に迷惑な春の嵐でした。

要らぬ出費になりましたね。

OIL:

yukoさん、こんばんは。
今回の嵐の被害はうちだけでなく、あちこちの家の屋根を飛ばしたようです。自然災害ですから仕方ないですね(^^;

車の横転!!

いやはや春の嵐・・・・

自然には勝てませんね(^_^;)

雨降って地かたまるのごとく
そのあと快適になればよしとするしかないですよね~

そろそろkarakaraさんにおじゃましたいです♪

OIL:

佐々木さん、こんばんは。
ほんと、凄い嵐でしたね。那須街道の松林でもかなりの数が折れてましたよ。
うちの近所の林でも折れたり、大きな枝が沢山落ちてます.....今ならタダで焚き付け用の薪が手にはいりますよ。ニッヒッヒッ.....

これぞ天恵!
いただいちゃってください!
私はその焚き付けが熾した
火にあたります。

OIL:

"たきぎ拾い"だけでひと冬越せればエコだし安いですよねぇ!
しかし、落ちた枝はシャーーーって言ってあっという間に無くなっちゃうんですよねぇ......

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2008年02月25日 23:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「春一番は怖い」です。

次の投稿は「アンテナの取り外し」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34