« はじめての余笹川 | Main | 薪ストーブ鍋 »

屋上緑化への道、再び

200903210001.jpg憶えている人は少ないと思うけれど、これは見たことのある眺めなのだ。
2004年4月7日、屋根に少しずつ土を載せはじめて、8月にやっと土は屋根全体を覆いあれこれ種を撒いたり苗を植えたまでは良かったのだけれど、毎年の冬の強風に根の張っていない部分の土はどんどん飛ばされ、今では8割くらいの土が飛んでしまって下地の防水シートが丸見えになってしまった。いやぁ、あの時の作業を思うと、正直、信じたくない事実だ。だから見て見ない振りをしていた。
しかし現実として、シートは紫外線によって劣化され続けているから、また土を載せなければならない。そして今度は風に飛ばされないようにしなくてはならない。
草が根を張った部分以外では、木で作った簀の子を置いた部分も土が飛ばされなかった。土を載せるだけよりアプローチのようなものを作ったり何かを置くだけでも効果的なのかもしれない。そして載せた土の表面はコモのようなもので覆うのも良いかもしれない。
まぁ、先ずは土を購入しよう。前回はトラックで買ってバケツに入れて運んだけれど、今は土を下ろしてもらうスペースが無いし、作業に時間的余裕が欲しいので袋詰めの土を購入することにした。

200903210003.jpg200903210002.jpg
(画像左↑)以前、トラックで土を置けたスペースには木が植わっているのでした(^_^;)
近隣のホームセンターの黒土の相場を大体調べてみた。1リットル当たり14.1円〜21.6円と其れなりに開きがある。価格が一番安かったホームセンターでは配達もしてくれるそうなので配達料を聞いたところ、トラック一台分の配達料は距離によって算出されるらしく詳しい住所を伝えたところ1575円とのことだった。仮に、そこで取り扱っている14リットルの黒土を100袋配達してもらった際の荷物の積みと降ろしの作業と時間を考えたら、その料金は高くないような気がするなぁ。
近隣の園芸屋さんの価格も調べてみたら、安いところでも1リットルあたり17.5円とちょっと高かったが、今なら春のキャンペーン中で10%割引の上、無料で配達までしてくれるという。ここで欲しい花木の苗もあったし、まずはこの園芸屋さんで購入する事にした。園芸屋さんの売り場では、プランター用のいろいろ混ざった土が特価品として売られていた。これも混ぜちゃおう。ということで黒土16リットル入り40袋と、プランター用12リットル入り20袋を購入。梯子の下に下ろしてもらった。
配達してくれるホームセンターでは、次回、木材や束石などと併せて土を追加購入することにしよう。


200903210004.jpg
さーて、また載せはじめるか。
と、作業をはじめたら止まらなくなり......夜の仕事のことも考えず、一気に60袋を上げてしまった。思い立ったら.....な自分の性格はどうにもならないな。
また土を買いたいし、載せたくて仕方がない。朝早くに目が覚めてしまう。
落ち着かないから、明日にでも、今度はホームセンターに土を注文してみよう。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/428

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2009年03月24日 09:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「はじめての余笹川」です。

次の投稿は「薪ストーブ鍋」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34