« すごい人気なんだぁ.....皇室の至宝 | Main | 薪ストーブの季節です »

アイ・ウェイウェイ展・何に因って?/森美術館

20091024800.jpg六本木の森美術館でアイ・ウェイウェイ展を見て来ました。
久しぶりの森美術館。外は雨だし、抱き合わせチケットの展望台分は要らないんだけどなぁ、と思いながらエレベーターから出ると、展望台経由でしか美術館に入れないように仕組まれていた。ハロウィーンシーズンということで、カボチャ持って記念撮影までしてしまった....思う壷。
艾未未(アイ・ウェイウェイ)展は思っていたよりも随分面白かった。艾未未は中国の現代美術家だ。両親共に詩人で、父は艾青。Wikipediaによれば、艾青は文化大革命で非難され、一家で新疆ウイグル自治区の強制収容所に送られ、艾未未も5年間収容所で暮らしたのだそうだ。学生時代は文革後初の前衛芸術のグループ「星星画会」の結成に加わるも、中国当局の圧力で活動は停止させられている。表現の場をアメリカに移した彼は10年余して父の病気のため中国に帰り、中国で社会的、政治的な活動もしつつ表現をしているようだ。
ミニマルな作品の内は社会性に満ちている。僕は中国に行った事がないし、あまり行く機会もないと思う。そして、抑圧を受けていない(感じていない)世代の日本人だから、中国の表現者たちが受け続けている圧力を我が事として感じた事がない。先のウイグル自治区の事件の際、twitterなどのネット上での情報発信が当局から抑えられていたということを報道で知ると、そんな事が本当にあるのか、と思うくらい僕は何も知らずのんびり暮らしている。
艾未未の作品やそれを記録した映像は、作品として好きなものもあれば、受け入れられないものもあった。しかし、それら全ての作品に接したことで、僕には、彼らの立ち位置をリアルに考える機会を持った。
ドクメンタ12での屋外展示作品が大雨に倒れたのを自然の力によるものだからとそのまま展示する事にした映像シーンが印象に残っている。人の力ではどうにもならない「力」が自然の中にはある。それは言われない抑圧や国家の独断で進む開発という人間の「力」とは違う、美しさが自然の中にはあるのだと思った。

20091024002.jpg

20091024600.png作家 : アイ・ウェイウェイ
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利・改変禁止 2.1 日本」ライセンスで
ライセンスされています。
....................................................

一部で話題になっているようだけど、今回の展示は試験的に条件付きで写真撮影が許されている。この写真はiPhoneで撮ったものだ。撮った写真をネット上で公開するには上の表示を付けなければならない。僕はtwitterと連動させているBig canvas Photoshare(BCPS)を使って六本木から写真を公開した。BCPSにはタイトルしかテキストを入れられないので家に帰ってからコメント欄に記載してみた。

余談だけど、美術館に入る前にヒルズ内の中華料理屋で昼飯を食べた。そこのレジに割引券があったので迷わずもらって入館したのだけれど、あれって中華だから置いてあったのかな。


艾未未/Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=艾未未&oldid=28261853

艾未未公式サイト
http://www.aiweiwei.com/

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/560

Comment(2)

むー。:

おっと工房長!

わたしも来月行く予定なんですー☆
面白そうですね。。
アイウェイウェイについて予備知識がなかったので日記見て勉強になりました!

OIL:

おっと、むー。さん!

僕も今回の展示見て知ったんですよね〜(^^;
家に帰ってから勉強しましたぁ♪

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2009年10月27日 14:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「すごい人気なんだぁ.....皇室の至宝」です。

次の投稿は「薪ストーブの季節です」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34