« デッキの階段を考え中 | Main | 自家用駐車場を作ろう »

スウェーデン軍用リュック

20100518001.jpg20100518002.jpg
山歩き専用にリュックを探していた。
耐候と軽量に重きを於いた新素材にあまり魅力を感じられず、乱暴な使用にも耐えられそうで流行とは関係ないタフな軍用品を中心にインターネットで物色。殆どが中古だからいろいろ心配ではあったけど写真を食い入るように見ながら2950円という安さにポチッとな......届いてみればデッドストックらしくコットン部分の色褪せはあるけど牛革など新品同然の未使用品だった。ラッキー。
ゴツくはあるけど、今まで使っていたデイバックとの安定感の違いに感心。
革部分が硬かったので、まずはミンクオイルを塗って少し柔らかくしてみた。

20100518003.jpg20100518004.jpg
スチール製のフレームが付いているので自立するし、牛革がとてもしっかりしている。
底に付いている革のリングは、たぶんシートや毛布などを丸めて留めるものなんだろう。
横の上下に付いている革リングは銃かピッケル用なんだろうか。短いスキー板を挿すにはちと細すぎるような気もするし.....よく分からない(^_^;
ここに傘を挿してランニング姿で「お、お、お、お腹が、空いたんだなぁ」と言えば、おにぎりが貰えそうな気もする。
肩ベルトにはフック金物が付いていたり、ハンドバックの持ち手のようなものが付いていて複雑だったけど、背負ってみて納得。

20100518005.jpg20100518006.jpg20100518007.jpg
リュックを背負ってから、肩ベルトのフックをスチールフレームに引っ掛け、持ち手を持つ。
なるほど、これって大型の登山用リュックとかの肩ベルトにも付いている紐と同じ役割なのか。荷物が重くなった時に楽なんだろうな。
フックを掛けると遊びが少なくなり、フレーム付の本体は背中から浮いた状態で固定されている。腰ベルトも付けると上下左右の揺れがない。
さすが..........やるなぁ、スウェーデン。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/687

Comment(4)

kass:

構造はなかなかハイテクとお見受け。格好いいですね。
探せばあるんだなぁ…

kassさん、なかなかいいですよね、コレ。ありがとうございます。
お得な買い物したなぁ、って思う時って嬉しいもんですよね〜。

AKi:

全体の姿形で、その素性が分かる……という感じですね。
大きなフラップ……、それが雨よけとなる、実にトレンチコートと同じですね。勉強になります。

AKiさん、中古市場ですが軍用リュックを国別に見ても特徴が違うのを知りました。
革を使う重量級はスウェーデン、スイス、ノルウェー....フランス軍の紐なし...シンプルなロシアの背嚢....環境、目的、機能が形になっていて面白いんですね。

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2010年05月21日 08:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「デッキの階段を考え中」です。

次の投稿は「自家用駐車場を作ろう」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34