« ワインと読書と温泉と | Main | ヒューゴの不思議な発明と3Dメガネ »

ヴェネツィア島巡り/サン・ジョルジョ・マッジョーレ

201203192002.jpg 201203192001.jpg
ヴェネツィアは思ったよりも小さな島だったから、行きたい場所のほとんどには歩いて行けた。ただ本島周りや離れたところにある島には船でないと辿り着けない。
水上バスのチケットは時間内乗り放題で、1時間からはじまり、半日、1日、1週間、という感じで区切られている。この日は一日島巡りをしようと思い、半日券を買った。まずはヴェネツィア本島からも良く見える場所にあるサン・ジョルジョ・マッジョーレへ向かう。この島のほとんどはパッラーディオ設計の教会で占められている小さな島、海に浮かぶ教会の写真で見た時からここには必ず行きたいと思っていたんだ。
サンザッカーリアの停留所から水上バスに乗った。
201203192005.jpg 201203192006.jpg
近いからあっという間に島に着いた、というよりも対岸に渡ったという感じ。
船着き場から本島を見る。サンマルコの鐘楼もよく見える。
サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会にも鐘楼があり登ることができる。サンマルコの鐘楼は混んでるし料金も少し高かったので、ここの鐘楼に登るつもりでもいるのだ。

201203192004.jpg 201203192003.jpg
サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会。
教会前の広場はそれほど広くなく引きが取れないながらギリギリまで下がってみる。それでも全体を視野に入れることは難しく、写真で見ていた鳥瞰図や遠景と頭の中で合成。山登りもそうだけど、全体的な美しさは離れた場所からのほうが見やすいものだ。

201203192007.jpg
礼拝堂の中に入る。
教会正面の印象と変わらず、重厚でいて白く美しい。暫し呆然。

201203192008.jpg 201203192009.jpg
祭壇両脇にはティントレットの絵、最後の晩餐とマナの収拾があった。
祭壇奥の半円形のスペースも床のモザイクと併せて美しいと思った。

201203192010.jpg 201203192011.jpg
この白い天井も美しいと思った。
外から見えたドーム屋根の内部もモザイクやフレスコではなく白い。
もっともヴェネツィアは海の影響で湿度が高くフレスコには向かない。だからヴェネツィアの教会で見た絵画の多くは油絵だった。

ちなみに、この次に行ったジューデッカ島にもあるパラーディオのレデントーレ教会の天井も白く、そっちの方が美しいと思った。

201203192012.jpg 201203192013.jpg
5ユーロ払って鐘楼に登る。階段はなくエレベーターのみ。
木造の内部をステンレスのエレベーターが上って行く。

201203193001.jpg
少し曇ってはいるけど寒くなくて良かった。

201203193002.jpg
潟に打たれた杭が海の道路なんだなー。

201203193003.jpg
すぐ隣りにあるのがジューデッカ島。
右のほうに見えるドーム屋根の教会がレデントーレ教会かな。と、思ったらレデントーレはもうチョッと先でした。

201203193004.jpg
さっき中から見たドーム屋根と、教会のファザードの先、カナル・グランデとの分岐点にあるプンタ・デッラ・ドガーナとその奥にサルーテ教会のドーム屋根。

201203193005.jpg
サンマルコ広場

201203193007.jpg 201203193009.jpg

San Giorgio Maggiore
http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=San_Giorgio_Maggiore&oldid=438738692

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/953

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2012年03月21日 12:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ワインと読書と温泉と」です。

次の投稿は「ヒューゴの不思議な発明と3Dメガネ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34