« 100円ショップで自転車修理セット | Main | 那須マウントジーンズとゴヨウツツジ »

ヴェネツィアでアペリティーボのある店

2012012660003.jpg

先日、日本でも飲めるイタリアのポピュラーなリキュール「アペロール」の飲食店向けの販売促進キャンペーン情報が目についた。イタリアにはアペリティーボという文化がある。大雑把に言ってしまえばちょっとつまみながら飲む食前酒のことだけど、それを日本でも広めてアペロールを売ろう、というものだ。
キャンペーンチラシには簡単な説明とオススメカクテルレシピが載っていた。
ミラノでは多くの店でアペリティーボと呼ばれるハッピーアワーの時間帯(夕方からの何時間か)があって、その時間内はドリンクを1杯注文するとカウンターに置いてあるおつまみが食べ放題になるのだ。といっても、一杯が少し高いのだけれどね。
アペリティーボと聞くとこのフリーフードのこともセットで思い出すのだけど、チラシではその習慣には触れてなかった。

ミラノでは多かったアペリティーボだけど、ヴェネツィアではあまり見ないながらも一軒だけ寄ることができた。
狭いトンネルのようなソトポルテゴを潜り抜けると、小さな船着き場のような広場にでる。振り返るととても雰囲気が良く、人気のある店があった。

2012012660001.jpg 2012012660002.jpg
店内の壁はレンガ積みで暖かく落ち着いた感じだけど、カジュアルでもあり若者が多かった。パイントサイズのビールを見たのもヴェネツィアでは初めて。
自分たちは奥のテーブルに座ったけど、カウンター周りでは沢山の人がアペリティーボを楽しんでいた。立ち飲みしながら、休みなく大皿に手を伸ばす人もいれば、テーブルに運びゆっくり楽しむ人もいた。そして多くの人達はスプリッツというアペロールとプロセッコとソーダで作るカクテルを飲んでいた。
店によってアペリティーボのフードは変わるけど、この店ではオリーブやショートパスタ、数種類のクロスティーニと、お腹に貯まるものが多く、特別これが美味しいというものでもないけど、充分食事に値する量でもある。取り過ぎちゃったかな(^_^;
本来の意味からすれば、注文した料理が出て来るまでの間に合わせや、レストランに行く前の一軒目といったものなのだと思うけど、ボリュームあるねー。

2012012660004.jpg

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/946

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2012年06月07日 09:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「100円ショップで自転車修理セット」です。

次の投稿は「那須マウントジーンズとゴヨウツツジ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34