« 「KARAKARA No.7 pastis」というハーブティを作ってみたのだ。 | Main | 朝食の鮭はテラスで焼くのだ。 »

「那須温泉アートアパートメント 」× 「押入れ改造計画」コンペティション

20160620001.jpg

建築家・秋山東一氏の「aki's STOCKTAKING」にて紹介された「押入れ改造計画」。
Facebookの中に【押入れ改造計画】として非公開グループが立ち上げられ、押入れをお父さんの秘密基地にしたり、シェルターだったら、など、それぞれに妄想を重ね、押入れ改造に役立ちそうな情報交換の場にもなっております。

私も事務局として参加して準備を進めている那須八幡の温泉旅館・絶景 一望閣での「那須温泉アートアパートメント」には、一人の作家が部屋全体を作品にする客室が8つと、複数の作家がルームシェアして作品を展示するラボラトリー客室が2つ。
その他の客室や、廊下、階段など、宿泊棟全体がギャラリーのように現代の作家の作品が展示される予定です。

そこで、ラボラトリーのうちの1つの押入れを「那須温泉アートアパートメント × 押入れ改造計画・コンペティション」でグランプリを決めて実際に押入れを改造してみよう!という企画が立ち上がりました。

まずは広く改造プランを募集します。

集まったプランの中から秋山東一氏を中心に審査しグランプリを決めさせていただきます。

そして、グランプリとなった方には自腹で客室の押入れを改造していただきます。
(このアートアパートメントの展示と制作に掛かる全ての費用は作家持ちなのです。)

改造が終わり、客室に宿泊があった場合、宿泊料金の一部が作家に支払われます。
一部とは予約方法により異なりますがマックス20%です。
ラボは複数の作家がルームシェアしているので基本的には展示作家全員で均等にシェアとなりますが、宿泊予約時にどの作家の紹介か提示があった場合は、その作家にのみ支払われます。
基本的な展示期間は3年間です。
押入れの前には、秋山東一氏の「SUPER POD 3.8」......の予定です。

建築、設計のプロは勿論、セルフビルダー、DIY系、美術系、インスタレーション、プロアマも問いません。ただ、自作外注問わず実現可能であること、そして「那須温泉アートアパートメント」を面白そうと思ってくださり、楽しんでいただけることが条件です。
コンペ応募の期限は8月末日とさせていただきます。

まずは、押入れ改造計画のFacebookグループにご参加ください。

【押入れ改造計画】
https://www.facebook.com/groups/197795223701027/?fref=ts

もしくは那須温泉アートアパートメント事務局・担当 野澤までメールでご応募ください。
email: nasuonsenartapartment@gmail.com

以下、【押入れ改造計画】より転記

.......................................................

【押入れ改造計画】とは
秋山設計道場の門人である、COSMOHOME の森井栄年さんが、プチリフォーム「お父さんの秘密基地計画2013」なる計画をお作りになった。
既存の押入(幅一間、奥行半間)をお父さんの自由スペースに改造、秘密基地計画とタイトルをつけた社長の鈴木岳紀氏のアイデアを絵にしてみたものだそうだ。
なるほど……、世の中には意味のない押入れ、そんな所にそんな物を入れとかなくてもいいのに……という押入れがあるものだ。そこを改造……、お父さんのスペースに変身させるのは大いに役立つ考えだ。このようなアイデアは一人でやるんじゃなくて、多くの人達が参加して皆でやれば面白くなるんじゃなかろうか、設計者もユーザーも誰でも……。
それに、そのアイデアの対象はどこにでもある「押入れ」だ。木造の住宅ならばどこにでもあるし、その規格は一定、幅一間に奥行半間、襖二本立て……、あるいは、 幅一間半に奥行半間、襖二本あるいは三本立て…… なのだ。
誰でもその空間、幅・奥行・高さがリアルにイメージできるのが、このプロジェクトの利点なのだ。
というわけで Facebook の中に、このグループ【押入れ改造計画】を作ってみた。このように共同して、何かを考えよう作ろうなんていう時、Facebook の仕掛けはなかなか有効なのだ。
さて、どのように進展していくのか大いに楽しみである。
その最初の条件が単純だから、容易に細部にまで設計レベルを上げ……、そして共有し発展させていくことができるのだ。
リノベーションのユーザーへの提案として、セルフビルド、DIYの為のデザイン、そしてキット化して販売……とか、そんな大いなる可能性を参加者皆で共有したいと考えているのだ。

posted by 秋山東一 at 20130512
.......................................................

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1694

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2016年06月20日 13:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「KARAKARA No.7 pastis」というハーブティを作ってみたのだ。」です。

次の投稿は「朝食の鮭はテラスで焼くのだ。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34