« ルーベンスハウスRubenshuis | Main | ベルギービール研修という名の飲み歩き20/MAS美術館のカフェ »

MAS美術館

20170115001.jpg

旧アントワープ港があった再開発地区に2012年にできたMuseum aan de Stroom(通称MAS)です。川の近くの美術館って意味のようです。

近くのバス停から美術館まで歩いたんですが、
女性下着店のショーウインドウの中のマネキンが動いたと思ったら、本物でビックリ。
しかもその店が軒を連ねてまして、看板にはセックスショップとか書いてあって、徐々にその通りが飾り窓地帯だと分かりました。
港のすぐ近くに飾り窓。
写真を撮る勇気はありませんでしたので、この記事を書くにあたりGoogleのストリートビューでも、と思ったら、そのエリアだけ対象外。そりゃそうだ。
興味のある方や、逆に通りたくない方は、アントワープのフィンガーリングストリートvingerlingstraat周辺とだけ書いておきます。
Googleの画像検索するなり、何なりどうぞ。笑
ちなみに僕はうちの奥さんから、なんて場所を通るんだ、と、怒られました。
ご家族の方はお気をつけて。


20170115002.jpg

港は眺めが楽しいですね。

20170115003.jpg

かわいいし、色がいいね。


20170115004.jpg

いざ、MASへ。
さすが港、波窓の箱ですね。

20170115005.jpg

中に入り、アントワープシティーカードを受付で提示してチケットをもらってから、まずはエスカレーターで最上階まで。

20170115007.jpg

波窓おもしろーい。

20170115008.jpg

屋上もありました。

20170115009.jpg

おー、なかなか良い眺め。

20170115010.jpg

あの白いビルの向こうが飾り窓地帯かな。笑

20170115020.jpg

子供達の落書きスペース、なのかな?
落書きでいっぱいになったら何かに使うの、かな?

20170115021.jpg

たくさんの展示室があって、それぞれ異なる展示が見られました。

20170115022.jpg

美術館というより博物館という感じかな。

20170115023.jpg

船舶好きな方にはたまらない感じでしょうか。

20170115024.jpg

タンカーはちょっとグッとくるな。

20170115025.jpg

幅広く紹介されております。

20170115028.jpg

見たことあるぞ。
日本の紹介ブースでした。

この日は美術的な企画展がなく、ぶらぶらしていい気分転換になりました。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1777

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2016年12月30日 22:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ルーベンスハウスRubenshuis」です。

次の投稿は「ベルギービール研修という名の飲み歩き20/MAS美術館のカフェ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34