« ホテル前の週末マルシェ Zaterdagmarkt | Main | MAS美術館 »

ルーベンスハウスRubenshuis

20170114026.jpg

ルーベンスが1616年から亡くなる1640年まで住んだ邸宅で、自分でデザインしたものなのだそうだ。
そしてこの中にある工房から残した作品が2000〜3000点とのこと。
王室の外交官として諸外国の王室間を飛び回っていたルーベンスのことだから、ここに篭ってというよりも、ヴァンダイクなどの弟子たちと仕上げたもので、当時の分業制の成せる技なんだろうなぁ、と思うのです。

これは中庭から見上げた眺め。
イタリアな感じですよね。
さすが、イタリアから帰ったばかり頃のデザインです。

20170114001.jpg

内部も絵画、彫刻、家具、など見応えあります。

20170114002.jpg

セルフビルダーとしては、この暖炉が気になりました。
(写真をクリックで拡大します)

扉を開けて煙道をつくり、手前の窪みが火床になるんでしょうか。
ヤカンなどが吊るされた自在鉤のようなものの高さ調整が洋風ですね。
日本の自在鉤は竹の内部を鉤棒が上下して高さを調整させると思うんですけど、これはノコギリのようになって一段ずつロックされるようになっている。
また鍛造による硬質な雰囲気も日本のものとの違いが明確ですね。
どっちが良いとかいうものでは無く、この違いがいいです。

20170114003.jpg

ルーベンスの自画像が見えます。

20170114004.jpg

各部屋に暖炉があってすごいな。


20170114005.jpg

ここにも画廊画がありました。
ベルギー回ってから画廊画が面白くなってきました。
作者はWillem van Haechtウィレム・ファン・ハヒトって読むのかな?
(写真をクリックで拡大します)

この部屋はルーベンスの友人でもあるコルネリス・ファン・デル・ゲストの部屋なのでしょうか。コルネリスはキャンバスの左下にいて、彼のコレクションでもあるクエンティン・マサイスのキスする聖母子像について力説しています。
作品の前にはスペイン領ネーデルランドの君主のアルブレヒト大公と妻イザベラがいます。
彼らはロンドン条約締結後の情勢の安定した中で芸術家の支援者として著名になったのだそうです。
そして、アルブレヒトの右にいるのがルーベンス、ブリュッセルにあるアルブレヒトの宮廷専属画家でもありました。
ルーベンスよりも右、コルネリスのすぐ後ろにいるのがアンソニー・ヴァン・ダイクです。

アポロンなどのギリシャ彫刻の並ぶ壁の奥にあるのはヤン・ファン・エイクのトイレの女(入浴の女?)に見えます。やっぱりコルネリスのコレクションの部屋なんでしょう。

アポロンの伸ばした腕の先の開口部、階段の途中から顔を覗かしているのが作者のウィレム・ファン・ハヒトのようです。
なんだかとっても気が弱そう。笑
この部屋の作品を全て解説してくれる資料があるとより楽しめそう。

20170114006.jpg

半円ドーム屋根もあり、美術館のような空間です。
ルーベンスは熱心な彫刻作品のコレクターでもあったようです。

20170114007.jpg

20170114008.jpg

20170114010.jpg

20170114011.jpg

昔はここに火を入れてたの?

20170114014.jpg

バルコニーからの中庭の眺め。
季節がよければ美しいんでしょうね。

20170114015.jpg

期間限定の展示「A New Van Dyck」です。

20170114017.jpg

イギリスのお宝発見的なテレビ番組によって、屋根裏部屋にあった作品が専門家よりヴァンダイクによるものと判明。400ポンドで買ったらしいこの作品は修復されここに展示されているそうです。
このあとニューヨークのフリックコレクションでのアンソニーヴァンダイク展に展示されるとのこと。

20170114018.jpg

ヴァンダイク、甘いマスクだよね。

20170114019.jpg

ルーベンスのアトリエです。

20170114020.jpg

素晴らしいアトリエです。
右にルーベンスによる受胎告知、下にアダムとイヴが見えます。
他にもヨルダンス。
ここは必見だと思います。

20170114021.jpg

ルーベンスによるセバスチャン。

20170114022.jpg

ここでヴァンダイクも描いてたんですね。

20170114023.jpg

暖かい季節なら見所らしいです。ガーデン。

20170114025.jpg

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1776

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2016年12月29日 20:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ホテル前の週末マルシェ Zaterdagmarkt 」です。

次の投稿は「MAS美術館」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34