« 11年経ったパーゴラが寿命につき、次はここに素泊り小屋を作ってみよう。 | Main | 初雪のお知らせ »

改装を終えたパリのピカソ美術館

20180114001.JPG

初めてパリに行った時からずっと改装中で、オープンしたら行こうと思っていました。
パリにある国立美術館ですしね。

ちょうど企画展が終わったところで残念でしたが、そのおかげかとても空いてました。

最初の展示スペースでは1993年のアヴィニョン演劇祭におけるアヴィニョン教皇庁で再演されたパラードParadeの記録映像が見られました。
衣装、舞台美術がピカソ、音楽がサティ、脚本がコクトー。
再演はアンジュランプレルジョカージュによる振付、黒田アキによる舞台美術だそうです。

絵画、立体などなど.......その作品数はそりゃもういっぱいで、流石見応え十分です。

屋根裏のようなスペースにピカソが個人的なコレクションした作品の展示がありました。
バルテュスやマチス、ルノアール、セザンヌ、ミロなどなど、
ピカソは好んで作品を交換していたそうです。
このスペースが面白かったな。

とてもキレイにリニューアルされた美術館でした。

20180114002.JPG

20180114004.JPG

20180114005.JPG

20180114006.jpg

20180114008.JPG

20180114009.JPG

20180114010.JPG

20180114011.JPG

20180114012.JPG

20180114020.JPG

20180114013.JPG

20180114014.JPG

20180114019.JPG

Musée National Picasso
http://www.museepicassoparis.fr

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1877

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2017年12月09日 00:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「11年経ったパーゴラが寿命につき、次はここに素泊り小屋を作ってみよう。」です。

次の投稿は「初雪のお知らせ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34