« ソーラーウォールの取り付け | Main | 外壁にガルバリウム鋼板 »

オスモ・スカンジナビアレッド

20030924001.jpg


Be-h@usの窓、[Be-window]には自然塗料のオスモカラーが塗られています。
木製の窓なのでメンテナンスとして定期的にオスモを塗ったほうが長持ちします。現場で木枠を大工さんが作って、ガラス屋さんがFIXを入れるところが何箇所かあるんですが、そこもスカンジナビアレッドに統一する事として、早くもオスモカラーを購入しました。

注文してから1週間もしないうちに届きました。
普通の塗料と比べると値段がチョット高いですよね・・・・・オスモ刷毛は購入しませんでした。
ところが箱に入っていた説明書をみると、かなりオスモ刷毛を推奨していらっしゃる御様子。説明書をよく読んでみると、オスモは塗るというよりも刷り込む様にして伸ばしていくようであり、よくある失敗の原因は厚塗りなんだそうです。
ということは・・・こんな感じでもOK?

20030924002.jpg

普通の刷毛を短く切って刷り込み刷毛みたいにしてみました。
これで一応問題なくきれいに塗れましたが・・・どなたかオスモ刷毛を持っておられる方いらしたらどんなものか教えてチョ。興味あり。
オスモは値段が高いですが、薄塗りで伸びが良いので、一缶買うとかなり持ちそうです。ちなみにウチはワンコートオンリーの2.5L缶。

...............................
20051122追記
今では専ら、布切れにオスモを付けて拭くようにして塗ってます(ウエス拭き)。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1188

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2003年09月24日 23:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ソーラーウォールの取り付け」です。

次の投稿は「外壁にガルバリウム鋼板」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34