« 薪ストーブの煙が逆流するので煙突延長しました。 | Main | 「コシモシ、殻々工房です。」 »

レンガを敷いて目地に砂詰め

20040913001.jpg

ドイツレンガを敷き始めました。
ココまで、という計画も特に無く、只管に1個づつ。
たまに近所の人や、通りがかりの人と話をしながら何となく。

20040913002.jpg

一日では終わらずに翌日も同じ作業をしました。
夕暮れ時に敷き終わり、お客さんも来ないのでそのまま目地詰めへ。
前回はセメントを使いましたが、今回は砂だけを箒で掃きながら詰めていきます。

那須は雪が融けると平らに敷いたレンガや石が、霜柱によって凸凹になってしまう事があるらしく、そんな時、目地が砂だけであれば簡単に直すことが出来るのだそうです。
また、目地を入れないでピッタリ敷き詰めてしまうと、一個だけ取り出して直すという事がむずかしくなってしまうらしい。
目地に草の種を入れてしまうのも良いかも・・・春になったらやってみます。

20040913003.jpg

ナイターに突入。何とか目地詰めも終わりました!

20040913004.jpg

散水ホースの先をジョウロにして水を撒き、砂をしめて完成です。
太陽の下で見てみないと良く分かりませんが、なかなかの出来・・・かな?

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1283

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2004年09月13日 15:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「薪ストーブの煙が逆流するので煙突延長しました。」です。

次の投稿は「「コシモシ、殻々工房です。」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34