« シリアの花嫁 | Main | 3月17日はセントパトリックスデー! »

インパクトドライバーがまた....

20100313001.jpg20100313002.jpg
安物インパクトドライバーだからなのか、使い方が悪いのか、左の3代目インパクトドライバーがまた逝ってしまった(^_^; 
以前のブログのエントリーを見ると買ったのは2年前。ちょっと早かったな。
とりあえず、次のが買えるまで右の安物振動ドリルにビットをつけて使うことにしよう。
使えなくなったのは本体ではなくて充電池と充電器。これって何だか勿体ない。
電化製品や電動工具にコードレスなるものが出てくるまでは、当然だけど電話もアイロンも、テレビに映る演歌歌手が握るマイクにだってコードがついているものだった。いろんなものがコードレスになって、電源まで充電式になって........はじめコードレスは高価だったから充電式のインパクトドライバーが安く買えるようになったことがとても嬉しかった。
確かにコードの煩わしさがないのは作業し易いけれど、電池が減ればパワーが落ちるし、電池の交換と充電はしなくちゃいけないし、充電池は消耗品で買おうものなら本体価格くらいに高かったりする。今、家には使えなくなったインパクトが3セット。これはエコじゃない。
次に買うインパクトは連続使用できるコード式にしようと思う。
と、いうことで、今日もコードを引きずって屋根に登ろう。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/644

Comment(8)

fuRu:

わが家のインパクトドライバーもバッテリーがへたってしまって、5分くらいしか使えない状態。ところが、バッテリー、売っていない。少し古い機種だから仕方ないのか、それとも、って、感じです。

fuRuさん、どうもです。
充電池って放電するとダメになっちゃうから滅多に使わないとしれはそれで、でもいっぱい使うとそれもそれで........しかし、充電が重宝する場合もあるのは確かなんですよね。
全機種対応の充電器セットがあるといいですよね。
確かに、機種によってはディスポーザブルと考えるのが現状なのかも。

arrow:

僕も幾多のホームセンター使用のインパクトをだめにして、二年ぐらい前に手に入れました。←(ヤフオクですが)インパクトの最高峰!?マキタTD131DRFXW、バッテリーの持ち時間、トルク、使い勝手の良さ、あまりの違いにびっくり。ちょっと大げさかな。でもいいです。今ではさらに最新型が・・・

arrowさん、いいなーーーーー。
バッテリ寿命までの総作業量の増と、自己放電の減、これは魅力ですよね。
そうですが、トルクも.......予算的にかなーりオーバーだけと、取り敢えず悩んでみるのも幸せですね(^_^;

kawa:

デッキの具合、気にしてます。腐って結構取り替えたってところでしょうか。同じ防腐剤注入でも昔のCCA処理のやつはほとんど腐りません。同じ米栂、同じ緑色でも今のやつはすぐ腐ります。サザンパインは全体に注入が可能で腐りにくいというので使ってみました。まだ結論には至りません。南洋材は高くておまけに施工性が悪い、どんな物をお使いでしょうか。

kawaさん、どうもです。
そういえば、最初に作ったデッキはもう5年以上経つような気がしますね。
材料はSPFの注入材や、普通のSPF、杉板、米栂などあれこれですが、まだ腐ってる様子はないので張り替えの必要は無いみたいです。保護塗料によってもそれなりに違いがあるので、合間を見て、施工した日と場所、材料、塗料、画像をサンプリングしてレポートしてみますね。

kawa:

新しい木と古い木が並ぶ写真を見て、部分的な交換があったのかと思いました。ここ5年でまるで腐ってない。それは素晴らしい。
2004年に竣工した家のデッキが2〜3年前には一部腐ってしまいました。鉢を置き放しにした部分です。
そんな事もあって、前から気にしてます。具合の良さそうな材料があったら教えて下さい。急ぎません、お暇な時で結構です。

あ、そういえば、鉢を置き放しにするとうちでもすぐ苔が生えます。
こりゃいかんと思って防腐塗料で苔の成長を止めてしまった事があります。

新しい木の部は緑化屋根のアプローチで、昨年の春に作り掛けのまま放っておいた続きを今やっているという.....(^_^;

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2010年03月14日 10:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「シリアの花嫁」です。

次の投稿は「3月17日はセントパトリックスデー!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34