« MONDAINEの羊革バンド修理にセメダインスーパーX | Main | プロジェクターを活かしたオトナのパーティ、そして反省。 »

メディチ・リッカルディ宮でゴッツォーリの東方三賢者の礼拝を見る

201510050001.jpg

サン・ロレンツォ教会から通り渡りメディチ・リッカルディ宮へ。
フィレンツェはほんとに見所が密集してるから回るのが楽ですねー。
通りからは無愛想な堅物なイメージの屋敷でしたが、中に入ればコリント式の柱廊の中庭のあるお屋敷でした。

201510050002.jpg

その中はもっと凄いものがあり、あのドアの向こうの階段を上るとゴッツォーリのフレスコ画のある礼拝堂があります。
入室数制限があり、階段下で少し待ちしました。

201510050003.jpg

階段を上るとすぐに絵画が.......そして......

201510050008.jpg

このドアの向こうがゴッツォーリのフレスコ、東方三賢者の礼拝のある礼拝堂です。
撮影オッケーでした。

201510050004.jpg

いやすごいですわ、これは。

201510050005.jpg

部屋の壁にびっしりと描かれた東方三賢者(マギ)の礼拝です。
ここの礼拝堂の名前もマギの礼拝堂です。

201510050006.jpg

隅々までびっちり描き込んでいて、全体のバランス感覚とか絵画技法というものとは違った意味での凄さですね。

201510050007.jpg

メディチ家も列に加えてきちんとスポンサーを喜ばせてますし、群衆のなかに自分も描いてます。

201510050009.jpg

メディチ家という強大なパトロンがあったからフィレンツェで新しい美術が興り、今はその遺産で観光業が成り立っているという........経済力の凄さですね。
それにしても、これだけの贅沢ができるお金持ちが、お金かけて作った自分たちだけの礼拝堂で一体何を祈ったんでしょう。

201510050010.jpg

最後に鏡の間でそんなことを考えるのでした。
天井画はナポリ出身のルカ・ジョルダーノでした。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1604

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2015年10月11日 18:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「MONDAINEの羊革バンド修理にセメダインスーパーX」です。

次の投稿は「プロジェクターを活かしたオトナのパーティ、そして反省。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34