« 那須温泉アートアパートメント | Main | ヴァルラフ・リヒャルツ美術館 »

ルートヴィヒ美術館

20160407001.jpg

ケルンの目的の1つ、ルートヴィヒ美術館です。
駅から直ぐ。カテドラルのリヒターのステンドグラスが昼休み中だったので先にこちらへ。

20160407033.jpg

そして何ともラッキーなことに、この時の企画展がジョアンミシェル展です。
以前、このブログにも書いたのですが、日本でコレクションを持っている美術館は殆どないので是非どこかで見てみたいと思っていた作家なのでした。

20160407002.jpg

しかも結構な点数で初期から晩年まで見応えあり。

20160407003.jpg

やはり勢いのある筆致と美しい色の作家ですね。
大作はパリのポンピドューと、ジョアンミッチェル財団の所蔵作品のようです。

20160407004.jpg

子供達の授業中。
絵の前に立って、絵の中にある色と同じ色をしたリボンを振る、という。
ちょっと恥ずかしそうに。

20160407005.jpg

それでは常設も見ていきましょう!
お、ロスコの黒いシリーズじゃないですか。

美術館の名前でもあるルートヴィヒとはペーター&イレーネ・ルートヴィヒ夫妻の名であり、彼らがこの近くになる古典絵画を中心に所蔵しているケルンヴァルラフ=リヒャルツ美術館に継続的に寄付をし続け、1976年に近代部門が独立したのが、このルートヴィヒ美術館なのだそうです。
すごいですよ、美術作品の収集と寄贈が趣味だなんて。
そうしてできたルートヴィヒの美術館はドイツの複数の街、ウィーン、ブダペスト、北京、キューバなど、ヨーロッパを中心として、たくさんあるのだそうです。

20160407006.jpg

近代と現代のコレクションが大盛りです。

20160407007.jpg

昨年、日本でも人気があったサイトンボリですね。
っていうかね、近現代の美術家博物館みたいな感じで誰のでもありそうなくらいのコレクションです。

20160407008.jpg

ジョアンミシェル見てからの常設としてはこのフロアを見ただけでも満足でした。

20160407009.jpg

やっぱりドイツに来たらご当地作家ですね、きっとリヒターあると期待してました。
このあとステンドグラスも見ることだし。

20160407010.jpg

うまいね、リヒター。

20160407011.jpg

この美術館は1986年にリニューアルオープンしたと書いてありましたけど、30年経ってるようには思えない綺麗で大きな美術館です。
壁もキレイだったから改装入ってるように思うんですけど未確認。

20160407013.jpg

実はもう見終わったかと思ったらアメリカのポップのコレクションがありました(笑

20160407012.jpg

うわっ!ガードマンによく怒られないな、と思ったら作品で2度ビックリ。
ドュアンハンソンのハイパーリアリズム、やっぱりうまい。

20160407014.jpg

ジョージシーガルのこの作品、主題が誰にでも分かりやすし綺麗でいいですね。
僕なら手放したくなくて寄贈できない(笑

20160407015.jpg

外さないし、いいものありますね。

20160407016.jpg

この辺りの現代の展示は1点ずついろんな作家の作品が見られるから、懐かしいというか、懐メロダイジェストを見ているようなエンターテイメントな感じもしてきて楽しい。

20160407017.jpg

初めて見た作家も多く、キャプションを見るとケルン出身とかケルン在住とか。
さすが、ルートヴィヒ。

20160407018.jpg

外に出てみたら大聖堂が!

20160407019.jpg

この屋根の円弧のシルバーといレンガの連続した構造が印象的ですね。

20160407020.jpg

中に戻り、いやぁ、見た見た。

..........ん? あっちにも展示あるの?

20160407021.jpg

ええ、まだありました(笑

20160407022.jpg

ノルデとかドイツ表現主義、退廃芸術もさすがに充実してます。

20160407024.jpg

マレーヴィチとか未来派はもちろん、ロシアンアヴァンギャルドなんてロシアよりもコレクション持ってるらしいですよ。

20160407023.jpg

窓からライン川に架かるホーエンツォレルン橋が見えます。
この橋、すごくカッコイイ。
ドイツに来たのはここケルンが初めてだけど、建造物のスケールとか形とか仕上げとか魅かれるな。

20160407025.jpg

未来派や象徴主義などもジャンル別になって展示されていて美術の教科書みたいでもありますね。

20160407026.jpg

さすがに疲れてきちゃったかも。

20160407027.jpg

ダリのミレーの晩鐘のLa estacion de Perpignan。
やっぱり見入っちゃうね。

20160407028.jpg

このあとヴァルラフリヒャルツ美術館にも行こうかと思ってたけど、ここだけでかなりの満足度です。
しかも40歳過ぎてても大学の学生証持っていれば学生料金なんですよ。
フランスやベルギーでは鼻で笑われて26歳までだよ、って言われて終わりだったんですけど。ドイツって素晴らしい。

20160407029.jpg

エルンスト、グッときますね。

20160407030.jpg

...........え、ここからのピカソですか!

ピカソは別腹ですか?

ここルードヴィヒ美術館のピカソコレクションの量は世界3位、個人の収集としては世界1位だそうです。

でも展示作品はそれほど多くなかったので放心状態にならずに済みまました。

20160407031.jpg

こういう展示の仕方はいいですね。

ということで、全部見せていただきました。

20160407032.jpg

階段下にまだちょっとあったので、ここまで来たら、と寄ってきました(笑

20160407034.jpg

カテドラルとここだけでも来た甲斐があるけど........やっぱり頭使った後はドイツビール飲みに行こうっと♡

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1668

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2016年04月12日 20:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「那須温泉アートアパートメント」です。

次の投稿は「ヴァルラフ・リヒャルツ美術館」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34