« Milnes Bar / エディンバラ | Main | またまたスマートくん、smart fortwo coupe mhd »

スコットランド国立美術館 National Gallery of Scotland

201702232001.jpg

いい感じに烟り小雨もいいものです。
ちょっと寒いけど。

天気予報では滞在中ずっと雨の予報だったのですが、
この日を除いては毎日晴れててラッキー、だったエディンバラ。

こんな日は美術館でしょう!
.....いや、降ってないくても来るけど。笑

201702232002.jpg

新古典主義な建物です。

国立の美術館が無料なのはイギリスの素晴らしいところです。
駅からも近いスコットランド国立美術館、滞在中のホテルから旧市街に飲みにいくとき毎回横を通りました。
立派な建物なのですが、
個人的には、どっしりとはしていない印象があるんです。
この場所、鉄道の線路のある谷の上に作られた人工的な丘というか、橋のようなところの上に建っているので、地図上は線路の上の位置します。

201702232003.jpg

じっくりゆっくり見て半日。
休日の午後などを過ごすには、質、量、共にとても丁度良いサイズだと思いました。

201702232004.jpg

土曜日ですが、人も多すぎずいい感じです。

201702232006.jpg

フランツハルスの、顎の骨を持つ男の肖像です。

ロンドンをはじめ、イギリスにはフランドルの作家の作品がたくさんあります。
ルーベンスの外交の功績かもしれません。
彼の弟子のヴァンダイクはルーベンスの紹介によりイギリスの王室御用達の肖像作家となり、代表作でもある、英国王チャールズ1世の肖像(ルーブル美術館蔵)をはじめ、たくさんの肖像画を残しました。

当時のイギリスは肖像画や風景画、静物画を得意とするフランドルの作家にとって、需要のある貴重なマーケットでもあったのだと思います。

ちなみに、ルーベンス自身の代表作のなかの、パリスの裁判、戦争と平和、サムソンとデリアはロンドンナショナルギャラリーにあります。

201702232007.jpg

お、ベルニーニ。

201702232008.jpg

展示はそれぞれの地域や時代にカテゴライズされて展示されています。
イタリア、ルネサンスなどの展示スペースです。

20170226001.JPG

フェルメールがありました。
知らなかったので、びっくり。

201702232009.jpg

ルーベンス、その奥にフランドル絵画のスペースです。

201702232010.jpg

もちろんヴァンダイクの作品もあります。
彼の代表作のひとつ、ロメリーニ家の肖像です。

201702232011.jpg

美術を学ぶと出てくる話ですが、
当時は絵画ヒエラルキーあり、上位から、歴史画→肖像画→風俗画→風景画→動物画→静物画、となっていました。
歴史画というのは宗教や神話などのエピソードを描いたものです。
16世紀後半になると宗教改革が起こり、ヨーロッパ各地にカトリックからプロテスタントへの分離が広がるのと同時に偶像破壊運動が起こります。
プロテスタントの地においては歴史画のオーダーがなくなります。
そこで肖像画や動物画、静物画の需要が高まります。
これは注文主が、教会から個人へ移行したことにも由ります。

画家によってはヒエラルキーの上位にある歴史が描けないということに歯痒さを感じることもあったかもしれないですよね。
植えつけられた認識はなかなか抜けませんからね。
そうなると、飲み屋でクダ巻くわけですよ、
俺だって、マグダラ描きてえよぉ!、とかね。


...激しく脱線。

201702232012.jpg

期間限定の展示、ターナーの旅の水彩画は大人気でした。

室内の人数が多くなると入室制限が掛かり、
ある程度人数が減るまで入口で入室待ちになります。

201702232013.jpg

ターナーのスケッチがたっぷり。
上手いなぁ。

201702232014.jpg

ロココ。
このトマスゲインズバラや、ウィリアムホガースの登場はそれまでのヴァンダイクのような外国人画家が宮廷画家を勤めていたイギリス人画家不在の時代を終わらせた、ある意味、イギリス人画家が誕生した時代でもあるのかもしれませんね。

201702232015.jpg

からの、コンスタブル。
イギリス美術の歴史を学ぶ教科書のような美術館ですね。

201702232016.jpg

近代絵画まで見ることができます。

エジンバラ郊外に国立現代美術館があるので、現代美術はそちらで。
便利な巡回バスがありました。
それはまた後ほど。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1808

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2017年02月28日 21:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Milnes Bar / エディンバラ」です。

次の投稿は「またまたスマートくん、smart fortwo coupe mhd」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34