« サント トメ教会 Iglesia de Santo Tomé | Main | 連休の仕事の疲れを植物観察でごまかすのだ。 »

エルグレコ美術館 Museo del Greco

201804085001.jpg

トレドで2箇所ある国立美術館カードが使える施設の1つ、エルグレコ美術館です。
といっても入場料3ユーロだけどね。

ここはエルグレコが住んでいた家なのかと思いきや、1906年にベガ インクラン伯爵がエル・グレコが住んでいたとされる住居付近(ユダヤ人地区)の14世紀の中世家屋の廃墟を数件買い取り修復し、当時の家屋とグレコが暮らしていた生活を再現させ美術館としてオープンさせたそうです。
現在は国営の美術館です。
散々になったグレコの作品を集める目的もあったそうで、晩年の「十二使徒」「トレドの景観と地図」「聖ペテロの涙」のほか、スルバラン、ムリーリョの絵もあります。

気合入れて絵画を見に来るというよりは、建物を見学しながらのんびり回る美術館という感じかな。

201804085002.jpg

201804085003.jpg

201804085004.jpg

201804085005.jpg

201804085006.jpg

201804085007.jpg

201804085008.jpg

201804085009.jpg


エルグレコの住んでいたこのエリアはユダヤ人居住区でもあります。
中世のトレドでは、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教が共存し、影響し合いながらキリスト教建築とイスラム教建築の融合したムデハル様式が生まれました。
トレド駅の駅舎がムデハル様式で、とても美しい建物でした。
エルグレコ美術館の隣にはセファルディ博物館があり、ユダヤの人達の生活と歴史を見ることができます。
それはまたこの次に。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1898

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2018年04月29日 15:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「サント トメ教会 Iglesia de Santo Tomé」です。

次の投稿は「連休の仕事の疲れを植物観察でごまかすのだ。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34