« ittala-Kivi Seville Orange | Main | トラックパッドの不調でひさびさマウス »

テレビの壁掛け金具

201408190001.jpg

テレビを見る習慣がなくなって10年以上、たまにテレビを見ようと思うとアナログ放送が終わるときに購入した地上デジタルチューナーに不具合があり、とある国営放送が見られなかったりするのです。普段でしたら全く不都合ないのですが、今年はブラジルでのワールドカップがありましたのでテレビを購入したのでございます。
今までのテレビはパソコンのモニターよりも小さかったのですが、価格とサイズを比較すると32インチくらいでも大した値段の違いがなくお得感を感じましたものでインターネット上でポチッとして取り寄せましたところ、最近のテレビの重心の高さと心許ない足による不安定さがとても気になるのでした。
えーい、我慢ならん、壁付けしてやるー!
と、テレビの壁掛け金物を探しましたところ、純正はとても高いのでサードパーティーのものにいたしました。ちなみにここで購入。サイトのカラムからテレビのメーカー、サイズ、型番などを選択し、上下角度調整可能なもので一番安いの、といっても3980円也。
幾つかのメーカーに対応できるように設計されたデザインを見るのはそれなりに楽しいものです。蝶々のような形のをテレビの背面に、四角いほうを壁に固定して、合体、上部より木ネジで固定するだけ、と、至って簡単。そして、同梱されていたものは、

201408180002.jpg

木ネジ類まで各メーカー対応のサイズが同梱されているという、売れやすさ重視のパッケージ。木ネジはサイズ表をご覧になりご自分でご用意下さい、とは言わない至れり尽くせり不要品もあり。ちなみに、Wはウォールの頭文字なのか壁用のネジでW-Bは石膏ボードの場合のみ使うアンカー。Mはモニターなのかな、A〜Dの中から合うものを1種類、それに合わせEかFのどちらかを選び、Gはうちの場合必要ないスペーサー、小さな水平器もついてますが精度に問題ありでございます。いやあ、工具箱の肥やしが増えますな。

ちょうど、店で映像作品の展示があるので、まずは店の壁に取付けてみましょう。

201408180003.jpg

殆どの液晶テレビの背面には4つのネジ穴が空いているらしいです。
ちなみに、うちのテレビはpanasonic32型TH-32A300というものです。

201408180004.jpg

壁側。側面のナットを緩めて上下の角度調整が可能。
自前のレベラーで水平を取りました。付属のレベラーは可愛いのですがこのように当てになりません。

201408180005.jpg

設置完了でございます。
プレーヤーとHDMIケーブルで接続、電源ケーブルと2本が丸見えでございます。他にもUSBやLANなど接続するとクラゲみたいになっちゃうので、自宅スペースに設置するときはケーブル隠しも作ることにいたしましょう。それはまた今度。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1458

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2014年08月31日 18:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ittala-Kivi Seville Orange」です。

次の投稿は「トラックパッドの不調でひさびさマウス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34