« ベルギービール研修という名の飲み歩き10/À la Bécasseア・ラ・ベカス | Main | 小便小僧はやっぱり小さかった。 »

ベルギービール研修という名の飲み歩き11/部屋飲み05

201605093001.jpg

ホテルに帰るときは必ずスーパーでビールを仕入れてから。

左からレフブロンド。
定番のアビィです。
日本でもお馴染みで、今はアサヒビールがインポーターですね。
フランスではレストランのオンタップで良く見掛けます。

真ん中がセント・ベルナルデュス アブト12。
こちらもアビィ。しっかりとしたトースト香と、苦味とレーズンのような甘み。
度数が高めなのでグッと飲むと喉が少し温かくなりました。

右がヘレケート。「地獄の釜」という意味だそうです。予想外にフルーティで甘い香りと後味。
もっとどろっとした凄い味を勝手に想像してました。
やっぱり見た目で判断しちゃダメね。

ブリュッセル最終日、次はゲントを経由したブルージュへ向かいます。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1689

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2016年06月13日 03:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ベルギービール研修という名の飲み歩き10/À la Bécasseア・ラ・ベカス」です。

次の投稿は「小便小僧はやっぱり小さかった。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34