« グッゲンハイム ビルバオ美術館 Museo Guggenheim Bilbao | Main

まつい由美子 展「絵の中の海辺」/ 殻々工房

20180706001.jpg

現在、殻々工房で開催中の まつい由美子 展「絵の中の海辺」です。

まつい由美子さんは東京を中心に制作、展覧会活動をされている美術作家です。

展覧会も折り返し点を過ぎ、残りあとひと月足らずとなりました。

すっかり夏、絵の中の海辺に立ち、記憶のなかにある海の匂いを、那須高原に居ながらにして感じるような展示となっております。

20180706002.jpg

栃木県には海がありませんが、僕らの住む日本という小さな島は海に囲まれています。
車に乗って1日も走らないうちに、きっとどこかの海辺に着くでしょう。
この島に住んでいる多くの人が、一度は見たことがある海。
まつい由美子さんの今回の個展は「海」をテーマにした作品の展示となっております。

まついさんの絵は風景を描いているようで、その多くは人間を描いています。
自然と人間という大きさの対比を感じつつ気がつくのは、絵の中からこちらを見る女性、波際の家族、砂煙の中を歩く人、ガードレール横に止められた2台の車や、砂で作られたケーキなど。
車に乗って海に来た人たちは何をしに来たのか、どこから来たのか、
砂浜に残った砂のケーキは誰が作ったのか、その近くには誰がいたのか、今は何をしているのでしょう。

まついさんの絵は想像ではなく実際に見た「景色」を基に描かれています。
海辺で切り取った「景色」の瞬間を、アトリエで時間を掛けて作品にします。
作家にとっては海辺で過ごした時間よりも絵筆を持っている時間の方が長く、絵の中の海辺に佇む長い時間が作品となり残ります。
結果、絵は時間を切り取ったスナップショットとなり、時間は絵の中に収められた物語となります。
その絵は物語のはじまりかもしれないし、終わりかもしれない、今も過ぎてゆく時間の中にある1場面です。

20180706003.jpg

人の表情など細部が描かれないことで、人の存在だけが感じられます。
作家の作品に共通していることの1つに、極端な色や形による強調がないことがあります。
鑑賞者には自然なスナップショットのように目に入ってくるでしょう。少し引いた立ち位置から、鑑賞者と同じように客観的に切り取ったスナップショットのように。
その場面が、鑑賞者の記憶や発想とつながった時、鑑賞者の中にもストーリーが生まれ、絵の中に時間が生まれます。

20180706004.jpg

お酒の力も利用して、どうぞごゆっくりお楽しみください。笑


今回展示している「海」のシリーズは、キャンバスにアクリル絵具を中心とした作品9点です。


20180706005.jpg

今回の個展では透明水彩絵具による作品も4点展示されています。
何年か前から日常的に描かれているそうで、その中からの展示。
水彩の作品の展示は、今回が初めてだそうです。

写真の白いばらは1年前に殻々工房に来てくださった時に咲いていたバラだそうです。
そういえばこのバラ、今年は咲かなかったな。涙 ←ウソ泣キデス


20180706006.jpg

こちらは半透明な丸く平たい貝殻を使った小作品。
裏からアクリル絵具にて着彩、表にカリグラフィーが描かれています。
表面の文字以外の絵具の乗っていない部分は、光の加減でキラキラと貝殻らしい凹凸が見えます。こちらの作品をご購入の方はお持ち帰り可です。


20180706008.jpg

日曜の昼13時〜16時のサンデーギャラリーの時間中のみ、「海」シリーズ以外の「桜」や「白鳥」シリーズの作品も少しだけご覧頂けます。


会期は8月1日まで、残りあと3週間ちょいとなりました。
まだの方は、ぜひ一度ご高覧ください。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1940

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2018年07月10日 12:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「グッゲンハイム ビルバオ美術館 Museo Guggenheim Bilbao」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34