« 浄化システムのアレンジ工事 | Main | 日除け植物 »

テートブリテン

201104040001.jpg
最近、圧倒される美術館や絵画を見てないなー、ということで、現実逃避的にロンドンの美術館の回想。
テートブリテンは、テートギャラリー(テート美術館)と呼ばれ、近代・現代美術の美術館でしたが、2000年にテートモダンが出来てから名前がテートブリテンに変わったそうです。国立美術館ネットワーク「テート」の1つで、ロンドンにはこのブリテンとモダンの2つ、他にはリバプールとセントアイヴスにあるみたい。
元々はナショナルギャラリーの別館として建てられたのだそうだ。

20110613001.jpg20110613002.jpg
ヴィクトリア調の外観とは違って内部はモダーン。

20110613007.jpg20110613005.jpg
20110613003.jpg20110613004.jpg
さすがにイングリッシュアートのコレクションが多い。
なので、少ーし地味な印象が.......(^_^;
ロンドンにある美術館でベーコンとターナーの所蔵率はかなーり高い。リン・チャドウィックの小さい立体とモビールが可愛かったな。
フロイトとかグウェン・ジョン見たの久しぶり。日本で何年か前にあったルシアン・フロイト展に来てた絵がいっぱいありました。

20110613006.jpg20110613008.jpg
海外の美術館ではよく見る子供達が描かされてる風景。

20110613009.jpg
↑click!

コレクションの目玉の1つであるミレーのオフィーリアの展示ってこんななんだ。
思ってたよりも、さらっと絵の具うす塗り。

20110613011.jpg20110613300.jpg
もちろん、海外のコレクションも。

20110613012.jpg20110613014.jpg
フロイトやターナーの部屋。

20110613015.jpg20110613016.jpg
自分たちが行った時の企画展時はロマン派でした。
最上階ではターナーの作品の模写をする部屋があって誰でも参加できます。

20110613017.jpg20110613018.jpg
けっこう幅広いジャンルの展示が楽しめました。

20110613019.jpg20110613020.jpg
ダミアンハーストはじめ、YBAの作品も。
ニューヨークのメトロポリタン美術館ではダミアンハーストの作品だけ撮影禁止だったけど、ここではOK。ダミアンハーストの若い頃の作品もあったけど......やっぱ、悪趣味ね。

20110613022.jpg
テムズ川沿いのあるこのテートブリテンからテートモダンまで水上バスも出ているんだそうだ。モダンは違う日に行ったからボートには乗らなかったけど、移動時間の短縮にもなるし乗ってみても楽しそう。

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://karakara.pepper.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/870

コメントを投稿

faccebook.jpeg
karakarafactory

About

2011年06月14日 14:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「浄化システムのアレンジ工事」です。

次の投稿は「日除け植物」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34